« 準加盟からJへの道 | トップページ | 【ゼロックススーパーカップ G大阪戦】 »

2007.02.23

ゼロックススーパーカップ G大阪戦プレビュー

明日は、シーズン開幕を告げる「ゼロックススーパーカップ」が国立競技場で行われ、ガンバ大阪と対戦する。

ガンバは昨シーズン終了後、DF宮本がオーストリアのザルツブルグへ移籍。その穴を埋めるべく柏から中澤聡太を獲得。しかし現状のメンバーを考慮してか、山口をDFへ下げ3バックから4バックへ移行した。またFWには甲府からバレーを獲得し、得点力のアップにさらに磨きをかけ、昨年1度も勝てなかった浦和打倒へ意欲を燃やす。

一方のレッズは、監督にホルガー・オジェック氏が復帰。新戦力として千葉から阿部勇樹を獲得した。1月末からチームは始動したものの、途中にオーストリア遠征(ブルズ杯)があり、ここにきてどうしても調整不足と言われても仕方のないところである。そしてここにきて怪我人が増えており、リーグ戦開幕を控えさっそくメンバー構成に悩むところだ。

明日は相馬が離脱した左サイドは伸二が入り、注目の阿部は啓太とボランチを組むことが予想される。指宿合宿での練習試合ではいい結果が出ているということなので、注目したいところだ。


今年初めてのJリーグ公式戦。この「スーパーカップ」がシーズン開幕を告げる大会となる。翌週からのリーグ戦を控えプレシーズンマッチのような感もあるが、これも立派なタイトルである。しかし選手達もサポーターもまだまだ“試運転”という感じだろうか。

“闘う”にはまだ早い。明日はその“試運転”がうまくいくように、選手達を見守っていきたい。

|

« 準加盟からJへの道 | トップページ | 【ゼロックススーパーカップ G大阪戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/14024643

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロックススーパーカップ G大阪戦プレビュー:

« 準加盟からJへの道 | トップページ | 【ゼロックススーパーカップ G大阪戦】 »