« 2006年2月12日 - 2006年2月18日 | トップページ | 2006年2月26日 - 2006年3月4日 »

2006.02.25

【ゼロックススーパーカップ G大阪戦】

オフィシャルより

■06.02.24 [ 2006XEROX SUPER CUP ]
2006年2月25日(土)13:35キックオフ・国立競技場
試合結果
ガンバ大阪1-3浦和レッズ
得点者
9分堀之内、17分ワシントン、51分ポンテ
観客数:35,674人


「勝負はこれから・・・」

まずは1冠。勝つには勝ったが、お互いの手の内は見え隠れつつの戦い・・・。

選手達の調子のピークは来週のリーグ開幕に照準をあわせている。となると今はおよそ7割から8割のできと考えると、上々というところだろうか。

しかし試合を通じて、ガンバがボールを支配していた時間が多かったのは事実。キャンプから指摘されていた中盤の底からフリーで持たされてしまうと、ズルズルとゴールエリアまでラインが下がってしまい、そのままシュートを打たれてしまう場面が何度か見られた。

また後半ガンバが2枚同時に選手を入れ替え、4バックというか2バックになったときは、ほぼサイドが制圧されてしまっていた。直接失点には結びつくことはなかったが、サイドを基点にガンバが得意とする早いパスを展開されてしまうと、レッズは疲れもあってか対応が後手後手に回ってしまっていた。

そんな状況での細貝の左サイド起用には驚いた。相馬という左のスペシャリストがいるのもかかわらずである。でもギドのコメントを聞く限り、守備に専念させる意図をはっきりさせての起用ならば仕方のないことであろう。

攻撃については、あとはワシントンを始めとしたFW陣の出来だけだと思う。この試合FWのワシントンは4本のシュートを放ち1得点。きっちりピッチで結果を出した。1トップでの起用ということで難しいところもあるだろうが、攻撃の起点になるなど計算できる選手だけに、あとは連携がもっと深まれば、2トップになったとしても大いに期待できるところだろう。

「あくまで今日の勝利は今日の勝利。本当の勝負はこれから・・・」。そんな声がゴール裏から聞こえた。来週は昨年叩きのめされた“万博”で今季リーグ戦のスタートを切る。

あの悔しい思いは忘れることはない。その雪辱のためにも・・・そして頂点を目指すためにも、絶対勝ちたいし勝たせたい・・・。

IMGP3682IMGP3699IMGP3703

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.02.24

ゼロックススーパーカップG大阪戦 プレビュー

明日は、Jリーグ開幕前に行なわれる公式戦。今年で13回目を迎えるゼロックススーパーカップが行なわれる。

昨年のJリーグチャンピオンのガンバ大阪と、今年の元日に決まった天皇杯優勝の浦和レッズが対戦する。

ガンバは昨年、圧倒的な得点力でリーグを制覇した。しかし今年はその要であった、アラウージョ、大黒が退団。その代わりに大分からマグノアウベスと神戸から播戸を獲得した。その他FC東京から加地、そして柏から明神と強力な補強を推し進め、リーグ連覇そしてアジア制覇に向け着々と力をつけてきた。

しかし攻撃の中心的な役割を果たすのは遠藤、橋本、フェルナンジーニョらの中盤であると思う。昨年と変わらないということは、今以上に力を伸ばしてくることが予想される。


一方のレッズもガンバに負けず劣らず、強力な補強を敢行した。FWには昨年アラウージョに続き得点をマークしたワシントンとセレッソから黒部を獲得。また左サイドにはドリブルが強い相馬。そして最大の補強は帰ってきた司令塔小野伸二であろう。

しかしここまで代表合宿などに拘束され、なかなかチームに溶け込めることができなかった。でも代表の合間合間を縫って、数日間とはいえチーム練習に合流できたのは大きかったのではないかと思う。

監督は、明日は調子のいい選手を使うと明言している。となると代表組は疲労具合をみて・・・ということになるのだろうか。まったくスタメンの予想がつかないところであるが、そこがまた今年の楽しさといってもいいのかもしれない。もちろん起用された選手達には、しっかりとピッチで結果を出して欲しいと思う。


明日からいよいよ06年のシーズンが開幕する。12月まで・・・いや来年の元日まで長い長いシーズンの始まりだ。ガンバとは2週連続で対戦するので、なかなか難しいところがあるのかもしれないが、それは相手にしてみても同じ条件である。

もちろんサポートする自分達も明日が“開幕”。当たり前のようだが、今シーズンもゴール裏から声を上げて、選手達と共に闘っていきたい。

目指すものはただ1つ。そしてその想いはみんなと同じ・・・。

さあ“キモチ”上げていこう!!

2006header

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.23

ボスニア・ヘルツェゴビナ戦メンバー

長谷部はだめだったようで・・・。

日本代表海外遠征(2/25~3/1、ドイツ)メンバー(日本サッカー協会)

少しながら、淡い期待はしていたんですが、まあしょうがないですねぇ。

あとはレッズに戻って、これからまたアピールしていくしかないですね。
またキモチ切り替えて、頑張ってほしいです。

明後日のゼロックス杯は、体調が戻るか心配ですが、もし出られるのなら期待したいですね。

hasebe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.22

レプリカとMDPと代表と

今日の浦和の街は、レッズのレプリカユニが発売ということで、ボルテの周りは開店時には400人近い人達が列をなしたとか・・・。

・・・っていうか、そんなに並ぶのって、すごすぎないか?今日は浦和は休みかよ・・・
_| ̄|○

でも在庫は十分にあったようで、混乱にはならなかったようですね。


で、明後日はMDP増刊号の配布ということで、今日のような騒動で早くなくなってしまうのでは・・・と危惧される皆さんがいるようですが、どうなんでしょうか・・・。

まあスポーツオーソリティ与野フードでも配布されるとのこと。天皇杯の時にもすぐになくなることはなかったようですし、問題ないとは思いますがね・・・。

でも今シーズンは、こういう「無用な心配」に振り回されるのかなァ・・・と思ってみたりしています。

開幕戦のチケ騒動もそうですが、今年は例年になくチケットの売れ行きがいいとのこと。ホームのチケットが、26日の日曜日から一般発売されますが、その売れ具合が気になるところです。


で、話が変わって今日は代表はインド戦。伸二&長谷部の活躍に今後がすごい楽しみになって来ましたね~






レッズが。

そりゃそうですよ!代表なんてなんぼのもんで、アレックス、伸二、長谷部の流れるようなパス交換は、さすがにしびれました。

それにロビーがからむようになると・・・悶絶ですわ(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.02.21

選手名鑑

いつもこの時期、サッカー2大週刊誌の「サッカーマガジン」と「サッカーダイジェスト」は、本誌に“選手名鑑”をセットにして、販売していましたが、今年からどちらも「増刊号」として別途に売り出してきました。

あの値段にそぐわない、中途半端なボリュームが好きだったんだけど・・・。

両方買えばいいんだけど、いつもシーズン最初はJリーグ発行のファンズガイドイヤーブックの2冊を買うので、結局迷いに迷った挙句、ダイジェストの名鑑を購入。決め手はJ2の取り扱いが多かったからでしょうか・・・。

選手名鑑が各社から発売されると、いよいよシーズン開幕が近づいてきた!!というのを実感しますね~。

IMGP3646

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.20

“そろそろ”・・・でも“じっくりと”・・・

リーグ戦開幕まであと12日。しかし今週末のゼロックススーパーカップはJリーグの公式戦なので、事実上の開幕まであと5日となった。

ちなみに選手達はまだオーストラリアにいる。だからなのか、自分のキモチのエンジンのかかりが遅い・・・。でも明日の火曜日には帰国し、直後に大原で練習が再開される。

ガンバと2週連続での対戦。かたや一発勝負のタイトル戦でかたや「34分の1」の試合・・・。

今年はW杯の影響で、続けざまに試合はやってくる。根を上げるなんて言えない。

そんな思いからここでキモチをグッと一気に上げたいところだけど、まだ日はある。慌てることはない。

「そろそろ・・・」という焦りもあるけど、“目標”をしっかり定めて、「じっくり・・・」キモチを上げていきたい。

“まだ5日”も、俺達にはキモチの余裕があるのだから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.19

SAMURAI BLUE 2006

いつのまに、代表サポは「SAMURAI(サムライ)サポーター」いう名称に変わってたんですね・・・。

そんな代表をとりまく環境についていけていないとろさーもんです。

日本サッカー協会が、サポータ向けの応援サイトを立ち上げたそうですが、これみてるとテンション高すぎですなぁ・・・。

ドイツで頑張って欲しい気持ちは同じですが、なんだか方向性が違っているような・・・そんな感じしませんかね~。

banner2006


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月12日 - 2006年2月18日 | トップページ | 2006年2月26日 - 2006年3月4日 »