« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »

2006.02.11

チケット争奪戦と代表戦

みなさま、ガンバ戦チケ争奪はいかがでしたでしょうか?

アウェーの開幕戦ということもあり、どのくらいの枚数が一般発売で売られたのかはわかりませんが、チケット各社ともほぼ瞬殺だったようですね~。

今シーズンは、キャパの少ないアウェースタジアムでの試合はこういう状況になるんでしょうか・・・。今からいらん心配をしてしまう次第です・・・。



ところで今日は代表戦。アメリカ戦でしたがオイラは所用で観られませんでした。

試合は“2-3”と1点差だったものの、色々話を聞くと「観るに耐えない内容」だったとか・・・。

でも我らが長谷部の初キャップがこの目で観られなかったのが、残念でなりません・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.10

チケット騒動

さて、明日は開幕戦となるガンバ大阪戦のチケット発売日。

チケットぴあでは、先行抽選発売(プレリザーブ)でも、なかなかもって苦戦だった模様・・・。

明日はガンバ戦以外にも店頭発売のチケットが多数あるようです。

さて、自分はネットで挑戦するか店頭に行くか、どうしようかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.08

「最強」とはこれいかに・・・

いろいろな方がコメントしているようで、今日はこの話題から。

今年の“ナイキ”のレッズ向けのキャッチコピーが、


「最強の浦和についてこれるか」

とのこと。


わざわざスポンサー様自ら「最強」という言葉が出てくるとは思わなかった(笑)。

自分だけかもしれないが、決してレッズは「最強」とは思わない。カップ戦では2つタイトルは獲ったが、肝心のリーグタイトルは獲っていない。それが現実・・・。

今年も・・・というか常に上を狙う“挑戦者”のつもりなんだけど、いつから“チャンピオン気分”になったんだろう。

そんな言葉に踊らされる必要はない。開幕まであと1ヶ月、俺達は頂点を目指して闘うだけだ・・・。


☆明日は管理人の都合で更新ができません。申し訳ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.07

Jリーグ短信

オフシーズンとはいえ、ちょぼちょぼとニュースが出てくるJリーグ。

今日はこんな話題から。

スカパーがJ2全試合生中継=Jリーグ(時事通信)

Jリーグは7日、「スカイパーフェクTV!」が今季のJ2(2部)リーグ戦を開幕(3月4日)から最終節(12月2日)まで全52節312試合を生中継すると発表した。同局は昨年、全264試合のうち99試合を生中継していた。
 J1(1部)リーグ戦に関しては、従来通り毎節3試合以上の生中継を含む全34節306試合を放送する。

今まではJ1から降格したクラブ絡みの試合だけ生中継していましたが、今季から全試合生中継とは驚きました。

何よりサポートするクラブの試合がリアルタイムで全試合が見られるというのはとても大きい事だと思います。

あとはJ1ですが、NHKとTBSの契約の絡みのあると思うので、あと数年すれば、地上波・BS・CSも含めて、全試合生中継という時代になっていくものだろうと思います。


続いてこちらの話題。

<J2>鳥栖のスポンサーにブリヂストン(毎日新聞)

サッカー・J2鳥栖のユニホームスポンサーにブリヂストン(本社・東京)が決まった。今季のJ2全試合と天皇杯で、ユニホームの背中に同社のロゴが入る。鳥栖のホームタウン・佐賀県鳥栖市には、同社の工場があり、創業地の福岡県久留米市にも隣接していることから、支援を決めた。

ブリヂストンといえば、業界最大手の会社ですよね~。鳥栖は一時期スポンサー不足に悩まされ、クラブ解散の危機もありました。今では経営者が変わり徐々に地域密着が図られ、昨年今年と大きな補強を敢行しているようです。

松本育夫監督の下、今シーズンの鳥栖のクラブとしての躍進とチームとしての躍進にそれぞれ注目したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.06

ネーミングライツ

今日はこの話題から。

大分スタジアム命名権に応募=年7000万円で3年間-九州石油(時事通信)

大分県の広瀬勝貞知事は6日の記者会見で、Jリーグ1部大分の本拠地、大分スポーツ公園総合競技場(ビッグアイ=大分市)のネーミングライツ(命名権)スポンサーとして、九州石油(本社東京)1社の応募があったと発表した。同社の希望期間と金額は3月1日から3年間、年7000万円で、県は近日中に有識者でつくる選定委員会を開いて決定し、正式契約する考え。
 県は2004年11月にビッグアイの命名権の公募を実施。年1億円程度を希望していたが応募がなく、その後も随時応募を受け付けていた。会見で広瀬知事は「大変好ましい応募で大歓迎。ネーミングライツにようやくけりが付いた」と述べた。

ビックアイもネーミングライツを募集していたんですね~。そういえば仙台スタジアムも・・・

J2仙台、ユアテックと命名権契約=仙台スタジアム(時事通信)

J2の仙台は31日、ホームスタジアムとして使用している仙台スタジアムの命名権(ネーミングライツ)を東北電力グループの設備工事会社ユアテック(本社仙台市)が取得したと発表した。新名称は「ユアテックスタジアム仙台」(略称ユアスタ仙台)で、契約期間は3月1日から3年間。契約金額は3年間で2億1000万円。

サッカーにとっての「ネーミングライツ」は、2002年に当時の“東京スタジアム”が「味の素」と翌年の2003年から5年間の契約を結び、“味の素スタジアム”と命名されたのが有名な話。その後、日産スタジアムフクダ電子アリーナなど、徐々に浸透して来ました。今では野球場もネーミングライツが多くなってきています。

このシステムの特徴は、命名権を売る事で、長期間にわたり多大な資金が入ってくるのが魅力的ではありますが、それも大概は維持費だけで消えていくもの。特に2002年W杯招致のために作られたスタジアムは、都市部を除いては「負の遺産」・「ハコモノ」になりつつあるようです。

巨大スタジアムをどう有効活用していくか・・・。ネーミングライツの広がりと共に、今後のスタジアムの使われ方に注目していきたいですね。

ところでビックアイは、どんなスタジアム名になるんでしょうか。そこにも注目ですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.05

日曜だけど土曜の話

土曜日は東京競馬場へ。なかなか行く機会がなかったし、普段はIPATで投票しているので・・・。

普段は東川口から武蔵野線で一本ですが、武蔵浦和から埼京線で新宿へ。
IMGP3551IMGP3552





新宿から京王線で東府中を経由して府中競馬正門前駅へ。
IMGP3555IMGP3558IMGP3559





現在東京競馬場は改装工事中。前に来たときより雰囲気が変わっていました。
IMGP3563IMGP3564IMGP3565





着いた時はすでに8レース直前。今回は9レースから挑戦です。
IMGP3568IMGP3569





この日は風がものすごい強く、他の観客はパドックとレースのとき以外は建物の中に籠もっていたようです。

競馬場グルメの定番である「串かつ」を食べながらさっそく予想。
IMGP3574





9Rの買い目はこちら。
IMGP3572





で結果はこちら

続く10Rの買い目はこちら。
IMGP3573





で結果はこちら






ま・・・まぁこんなもんです(笑)。ちなみに買い方は最近は3連複が多いですね。

ということで、あとは競馬場の風景を数枚撮って、今回はこれにて退散・・・。
IMGP3566IMGP3579IMGP3575






IMGP3585IMGP3577IMGP3586





帰りは府中本町駅から武蔵野線で東川口へ。
IMGP3589





今度は1日じっくりとチャレンジしてみたいですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »