« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »

2006.12.23

【天皇杯準々決勝 磐田戦】

オフィシャルより

■06.12.23 [ 第86回天皇杯・準々決勝vsジュビロ磐田 ]
2006年12月23日(土・祝)13:00キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ3-3(PK10-9)ジュビロ磐田
得点者:31分前田(磐田)、46分福西、54分永井、63・80分小野、81分犬塚(磐田)
PKキッカー
レッズ:小野、山田、ポンテ、酒井、長谷部、都築、内舘、鈴木、坪井、細貝
磐田:前田、太田、金、上田、ファブリシオ、船谷、カレン、菊池、大井、犬塚(×)

観衆数:27,242人
レッズPK戦を制し準決勝進出決定!!


「“拳”に込められた想い・・・」

3時間余りに及ぶ長い長い激闘。2年ぶりとなるPK戦に心中穏やかではなかったが、無事勝利を呼び込み3年連続の準決勝へ駒を進めた。

ワシントン、三都主、闘莉王ら主力が抜け、この日もネネが体調不良で離脱。細貝を急遽ストッパーで起用する布陣で試合は始まった。

前半と後半開始早々に点を奪われ、スタジアムは不穏な空気に包まれたが、伸二が入ってからその空気は一変した。山田を右サイドに変えることで、彼と伸二との“ポジショニングの被り”がなくなり、活き活きとしたプレーが戻ってきていた。

逆転した直後に同点に追いつかれた場面はいただけなかったものの、延長、PK戦へもつれこみながらも運にも助けられた。

年間何十試合もこなす中で、実力差では計り知れないぐらいの「運」で勝ち取った試合は何試合かあるはずだ。その1つがこの試合であったと言っても過言ではない。

頂点まであと2試合。決して簡単な試合はない。この試合では「0-2」のビハインドから一度逆転した。それだけレッズは地力がついてきたということか・・・。とにかくあきらめないキモチというのは大切だ。

試合終了後にゴール裏から天高く挙がった強い「拳」の群れ。決して下げることなく、元日までその想いを繋げていきたい。そう最後のホイッスルが鳴るまでは・・・。

Imgp6928Imgp6939Imgp6942

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.22

天皇杯準々決勝 磐田戦プレビュー

【今季対戦】
〔Jリーグ第2節(2006.3.11)(JリーグHP)(浦和HP)(磐田HP)〕
〔Jリーグ第29節(2006.10.28)(JリーグHP)(浦和HP)(磐田HP)〕

明日は天皇杯準々決勝。埼玉スタジアムでジュビロ磐田と対戦する。

磐田はリーグ戦は17勝7分10敗の勝点58で第5位。序盤はつまづき中位に低迷し、シーズン途中に前監督の山本氏からアジウソン監督に交代した。それが功を奏したのか終盤10試合を8勝2敗という好成績でリーグ戦を終えた。

また先々週の天皇杯大宮戦では、相手の猛攻に耐えて唯一のシュートが決勝点になり、辛くも逃げ切り駒を進めた。明日はアジア大会で離脱していたカレンロバートや前田、また10月の対戦でやられてしまった太田の動きに気をつけたい。

一方のレッズは先週福岡と対戦。スコアは3-0こそ内容は延長までもつれるという一発勝負独特の雰囲気に縺れ込まれてしまった。決めるべきところで決まられないのと、一瞬のミスが取り返しのつかない事になるということを改めて思い知らされた。

アレックスがザルツブルグへ移籍。闘莉王とワシントンが治療のため帰国とここに来て主力が相次いで離脱した。こういう状況こそレッズの選手層の厚さが問われる。

おそらく永井のFW起用が予想されるが、やはりポイントとなるのが、中盤の押上げと前線へのフォローが重要となる。レッズは「個」の力が注目されるが、戦力が落ちる今こそ「チーム」としての結集する力が大切だろう。


負けたら終わりのトーナメント戦。負けるということはギドとの即お別れを意味する。今年決して負けることがなかった「要塞」埼スタでの最後の試合。だからこそ負けたくないキモチは強い。

今日来年のACLの日程が決まったが、自分達の気持ちはそっちに行ってないか?まだ優勝ボケは抜けていないか?今はそれが心配でならない。天皇杯を獲るという事は名誉もそうだが、その先のアジアへの道が繋がるという大会でもある。いくら戦力が落ちようとも“勝つキモチ、勝たせたいキモチ”を常に前へ向けて試合に臨まないと勝つことはできない。ちょっとの油断と甘えが敗戦を生む。

頂点まであと3試合。キモチ昂らせて選手達と共に最後まで闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジアチャンピオンズリーグ2007 ドロー&日程

オフィシャルより

■06.12.22 [ AFCチャンピオンズリーグ、グループリーグの抽選結果について ]
本日、マレーシア・クアラルンプールのAFC本部で、2007AFCチャンピオンズリーグの組み合わせ抽選会が行なわれ、浦和レッズはグループEに入り、下記の通りの組み合わせとなりました。

◆浦和レッズ
◆シドニーFC(Sydney FC)オーストラリア
◆上海申花(Shanghai Shenhua)(上海市 中国)、
◆プルシック・クディリ(Persik Kediri)(クディリ、東ジャワ州、インドネシア)

※グループリーグの試合日程は、下記の通りです。
・第1節ホーム:3月7日(水)vsプルシック・クディリ
・第2節アウェイ:3月21日(水)vsシドニーFC
・第3節ホーム:4月11日(水)vs上海申花
・第4節アウェイ:4月25日(水)vs上海申花
・第5節アウェイ:5月9日(水)vsプルシック・クディリ
・第6節ホーム:5月23日(水)vsシドニーFC

※浦和レッズのホームゲームは、すべて埼玉スタジアムでナイター開催の予定です。
※アウェイゲームにつきましては、レッドダイヤモンズ後援会、オフィシャルパートナー等で応援ツアーを企画予定です。詳細が決まりましたら、改めてお知らせ致します。

◇抽選会に出席した中村修三GMコメント
「どこのグループも強いクラブばかりですが、特に強いクラブが集まるグループに入ったと思います。でもその分やりがいがあります。
この1年間、ACLに向けて準備を進めてきたので、まずは予選突破を目標にしっかりと勝ち点を積み上げていきたい。」

【アジアチャンピオンズリーグ2007 ドロー】
Group A
A1 AL ARABI SC(アル・アラビ/クウェート)
A2 AL - WAHDA(アル・ワーダ/UAE)
A3 AL - RAYYAN SC(アル・ラッヤン/カタール)
A4 AL - ZAWRA'A SC(アル・ザウラ/イラク)

Group B
B1 PAKHTAKOR FC(パクタコール/ウズベキスタン)
B2 KUWAIT SC(クウェートSC/クウェート)
B3 AL - HILAL(アル・ヒラル/サウジアラビア)
B4 ESTEGHLAL TEHRAN(エステグラル・テヘラン/イラン)

Group C
C1 AL KARAME SC(アル・カラメー/シリア)
C2 NEFTCHI FERGANA(ネフチ・フェルガナ/ウズベキスタン)
C3 AL - NAJAF SC(アル・ナジャフ/イラク)
C4 AL - SADD SC(アル・サッド/カタール)

Group D
D1 AL - AIN(アル・アイン/UAE)
D2 Al - ITTIHAD(アル・イティハド/シリア)
D3 FOOLAD MOBARAKE SEPAHAN(セバハン/イラン)
D4 AL - SHABAB(アル・シャバブ/サウジアラビア)

Group E
E1 URAWA RED DIAMONDS(浦和レッドダイヤモンズ/日本)
E2 SYDNEY FC(シドニーFC/オーストラリア)
E3 SHANGHAI SHENHUA(上海申花/中国)
E4 PERSIK KEDIRI(ペルシク・ケディリ/インドネシア)

Group F
F1 BANGKOK UNIVERSITY FC(バンコクユニバーシティ/タイ)
F2 KAWASAKI FRONTALE(川崎フロンターレ/日本)
F3 PS.AREMA MALANG(アレマ・マラン/インドネシア)
F4 CHUNNAM DRAGONS FC(全南ドラゴンズ/韓国)

Group G
G1 ADELAIDE UNITED FC(アデレードユナイテッド/オーストラリア)
G2 GACH DONG TAM LONG AN(ドン・タム・ロン・アン/ベトナム)
G3 SEONGNAM ILHWA FC(城南一和/韓国)
G4 SHANDONG LUNENG TAISHAN FC(山東ルーネン/中国)

Masthead_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.21

アレックスの言葉

オフィシャルより

■06.12.21 [ 三都主アレサンドロ、レッドブル・ザルツブルク(オーストリア)に期限付き移籍のお知らせ ]
三都主アレサンドロが、オーストリア1部リーグ、レッドブル・ザルツブルクに期限付き移籍することとなりましたのでお知らせ致します。 
なお、契約期間は、2007年1月30日から1年間です。


いよいよ正式に決まりましたね。おそらく1月のレッズフェスタで何か挨拶があるかもしれませんね~。

そしてアレックスからの言葉にグッと来ました。

アレックスコメント
「今年、浦和で日本一になれた事はうれしかったし、本当に感動しました。今回オファーを頂いて、自分の目標としてヨーロッパに行きたいという気持ちがあって、自分はプロサッカー選手としてはまだ日本でしかプレーした事がなくて、ヨーロッパで挑戦してみたいという気持ちが強くなって、期限付き移籍する事になりました。
浦和を出たいから行くという事ではなく、浦和での3年間は自分の人生の中で一番嬉しい3年間だったし、本当に楽しく過ごしました。
浦和のサポーターには、これでさよならではなくて、海外で活躍して更にいい選手になって戻ってこられるように努力したいと思います。
3年間、お世話になった監督、チームスタッフ、仲間である選手たち、クラブスタッフ、そして多くのサポーターのみなさん、本当にありがとうございました。
これからもがんばりますので、サポートをお願いします。」



何だかんだいいつつも、アレに助けてもらった試合は結構ありましたね~。まあ“戻ってくる”なんて下手なことは考えずに、日本代表の左サイドとして真っ向勝負で頑張って欲しいです。

彼が去った左サイドは“相馬”に期待しましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.20

アレックス移籍決定か?

オフィシャルより

■06.12.19 [ アレックスが渡欧 ]
本日、アレックスが、移籍のオファーを受けているオ-ストリア1部リーグ、レッドブル・ザルツブルグの視察のため、オーストリアに出発致しました。


いよいよ決定ですかね~。昨年から海外移籍の噂が立っていましたが、何度も立ち消えてもう難しいのかなぁ・・・と思っていましたがどうなるんでしょうか。

そういえば「ザルツブルグ」と言えば、ガンバの宮本も決定しましたね。同時に同じクラブへの移籍は珍しいんじゃないでしょうかね。またアレックスはレンタル移籍といわれているようですが、いち早く向こうのサポーターに認められるように頑張って欲しいですね。

となると、彼らとは2月に対戦することになるんでしょうかね・・・。


■06.12.20 [ オーストリア「Bull’s cup」参加のお知らせ ]
浦和レッズは2007年2月13日(火)にオーストリアで開催される「Bull’s cup」に招待されましたので、開催概要について下記の通りお知らせ致します。
この大会の参加については、浦和レッズとFCバイエルンミュンヘン(以下FCB)とのパートナーシップに基づき、FCBからレッドブルザルツブルグへの働きかけによって、レッズの招待が実現したものです。

1.開催日:2007年2月13日(火)
2.会場:Bullen‐Arena ザルツブルグ(18,250人収容)
3.出場チーム  
◆レッドブル・ザルツブルク(オーストリア)
◆FCバイエルンミュンヘン(ドイツ)
◆浦和レッドダイヤモンズ(日本)
4.試合形式:全3試合
5.試合時間:1試合:45分 ※同点の場合は、PKで先に得点したチームを勝利とする
6.試合開始時間:
◆19:00 レッドブルザルツブルクvs浦和レッドダイヤモンズ
◆20:00 浦和レッドダイヤモンズvsFCバイエルンミュンヘン
◆21:00 FCバイエルンミュンヘンvsレッドブルザルツブルク
7.登録選手数:22~23名の予定
8.チケット価格(税込)   
◆立ち見- 15ユーロ/5ユーロ (大人/子供)
◆予約席-20ユーロ/10ユーロ (大人/子供)
◆VIP席-180ユーロ/90ユーロ (大人/10歳未満の子供)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.19

オジェック新監督誕生

オフィシャルより

■06.12.19 [ 新監督にホルガー・オジェック氏 ]
浦和レッズは来シーズンの監督として、ホルガー・オジェック氏と仮契約を致しましたのでお知らせ致します。
契約期間は2007年2月1日より1年間です。                

ホルガー・オジェック
Holger Osieck
1948年8月31日生まれ(58歳)ドイツ、デュイスブルグ市生まれ

◆ホルガー・オジェック氏コメント
サポーターの皆さんが長い間待ち望んだ優勝おめでとうございます。私は1997年に浦和を去ってからもレッズの動向を気にかけ調べてきました。おめでとうございます。
このたび、監督就任を引き受けることになりました。アジアや世界で活躍をするチームにするという同じ目標をクラブと持てたと感じています。私自身は、国内では絶対にトップクラスを走り続けるという位置を維持し、それをかなえたうえで、世界的なクラブに発展することを目標として掲げます。
世界のビッグクラブは、優勝に満足することなく、常に次の目標に向かっています。レッズのJリーグ優勝という偉業はだれもが知っています。今の位置に留まるのではなく、常に前進していきたいと思っています。浦和の皆さんと再会できる日を楽しみにしています。

◆藤口光紀代表コメント
オジェック氏に監督就任をお願いしたのは次の要素があったからです。まず、レッズがアジアや世界ではばたくには、世界的な見聞のある監督が必要でした。オジェック氏はカナダ代表監督やFIFA等で国際的経験を積んでいます。第二に、浦和の雰囲気、浦和の香りを知っていることです。オジェック氏は10年前のレッズでの監督経験があり、浦和のことも気に入ってもらっています。そして最後に、エンゲルスコーチをはじめ、今のコーチングスタッフをうまく活かしてもらえるということで、オジェック氏と考えを共有できました。
来年はJリーグ連覇はもちろんのこと、アジアでの飛躍を狙います。私たちはまだ天皇杯で闘っている最中ですが、これからもファン・サポーターの皆さんと共に闘い、共に前進していきたいと思います。




というわけで、ついに発表になりました。昔からのサポーターにとっては懐かしい方であるし、最近からのサポーターにとっては、楽しみな方でもあります。

ドイツ路線を継承できたのはいいことですし、アジアへ目先を変えるためには内情を知っている人物にアプローチできたのはよかったことだと思います。

オジェック監督が浦和を離れてもう10年。あっという間でした。

あの頃、自分達も選手達も常に勝利に飢えていました。1つ勝つことの喜びがあんなにうれしい事だとは知りませんでした。そしてオジェック監督もギド同様に常に喜怒哀楽が激しい人でした。

レッズの新たな挑戦が彼の元でまた始まります。しかしその前にギドに最後の有終の美を飾らせるためにも、元日まで頑張っていきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.18

Jリーグアウォーズ2006

【2006Jリーグアウォーズ受賞】 [ J's GOAL ]
●最優秀選手賞
田中 マルクス闘莉王(浦和)

●ベストイレブン
GK 川口 能活(磐田)
DF 田中 マルクス闘莉王(浦和)
DF 山口 智(G大阪)
DF 加地 亮(G大阪)
MF 鈴木 啓太(浦和)
MF 阿部 勇樹(千葉)
MF 中村 憲剛(川崎F)
MF 谷口 博之(川崎F)
MF 遠藤 保仁(G大阪)
FW ワシントン(浦和)
FW マグノ アウベス(G大阪)

●最優秀監督賞
ブッフバルト(浦和)

●得点王
ワシントン(浦和)
マグノ アウベス(G大阪)

●新人王
藤本 淳吾(清水)

●優秀新人賞
内田 篤人(鹿島)
藤本 淳吾(清水)
中村 北斗(福岡)

●優秀主審賞
上川 徹

●優秀副審賞
廣嶋 禎数

●フェアプレイ個人賞
山岸 智(千葉)
根本 裕一(大分)

●フェアプレイ賞 高円宮杯
本年度は該当なし

●功労選手賞
小島 伸幸
相馬 直樹
澤登 正朗

●Jリーグベストピッチ賞
平塚競技場

●年間優勝チーム表彰
J.LEAGUE Division1:浦和レッズ



というわけで、今日は横浜アリーナで「Jリーグアウォーズ2006」が行なわれました。

とにかく闘莉王おめでとう!!そして啓太、ワシントンもおめでとう!!

MVPは大方の予想通りでしたね。やはりリーグ随一の守備力の要として評価されたのでしょう。

まあ、ベストイレブンについては、レッズの選手以外の選考では、微妙なところもありますが、まぁ選ばれた皆さんおめでとうございました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.17

濃ゆい週末3日間を振り返り・・・

金曜日から日曜日まで濃ゆい週末でした。そんな日々を振り返り・・・。

12月15日(金)
この日の夜は職場の忘年会。銀座のとあるお店でのニューハーフショーでした。お姉さま(!?)さま方のパワーにただただ圧倒・・・。でも楽しかったです~。幹事さんお疲れでした。
200612152029000





1次会が終了後、まだ時間があったので、数寄屋橋交差点の「不二家」でなぜかホットケーキを食して、クリスマスツリーを見て帰ることに・・・。
200612152147000_1200612152235000







12月16日(土)
当日抽選のために7時に埼スタへ。陽がささないと寒いですね~。
Imgp6666





試合は延長までもつれ込むも、なんとか勝利。準々決勝へ駒を進めました。でもプラス30分はツライ・・・。試合後は家でそのままバッタリ爆睡・・・。
Imgp6677Imgp6678







12月17日(日)
この日はレッズの優勝パレードの日。朝8時前に家を出発。8:30頃にはスタート地点となる埼玉県庁へ。この頃はそんなに人は少なかったでしたが、時間が経つに連れ二重三重に人垣が増えてきました。
Imgp6691Imgp6693Imgp6699





10時にパレード出発。最初はレディア&フレンディア、上田知事&相川市長、そして藤口社長&中村GMが続きます。皆さんカメラ目線ありがとうございます(笑)。
Imgp6713Imgp6716Imgp6721





そして白馬が引いた馬車に乗ったギド&エンゲルス登場。
Imgp6723





最後は選手達が2台のバスに分乗して登場。
こちら1台目。
Imgp6730Imgp6731





こちら2台目。
Imgp6734Imgp6736





選手達を見送った後、パレードのゴール地点と優勝報告会のあるさいたま市役所へ移動。

市役所庁舎には2年前のステージ優勝の時と同様に、大きなフラッグが掲げられていました。選手達の到着と同時に見事な紙ふぶきが舞いました。
Imgp6751Imgp6757





選手達の挨拶が終って、約1時間半にわたるパレード&報告会も終了。
Imgp6827Imgp6831





その後は、横浜へ移動。クラブW杯の3位決定戦&決勝を観に行ってきました。
Imgp6845Imgp6848Imgp6853





感想としては、試合は2試合ともいい試合で面白かったです。

ただ・・・寒かったのと、椅子が中途半端で腰イタい・・・っていうのが実感ですな(笑)。
Imgp6894Imgp6895Imgp6907





帰りは、市営地下鉄から横浜&王子経由で23:32東川口着。というわけで俺お疲れでした~。
Imgp6912






☆『勝手にベストショット』(笑)。
優勝報告会での1枚。大きな旗の先には青い空。俺達は来年、アジアでの闘いに望むんだ!!という感じで撮ってみました。
Imgp6743

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »