« 2006年9月24日 - 2006年9月30日 | トップページ | 2006年10月8日 - 2006年10月14日 »

2006.10.07

【第26節 千葉戦】

オフィシャルより

■06.10.07 [ Jリーグ第26節vsジェフユナイテッド市原・千葉 ]
2006年10月7日(土)15:04キックオフ・埼玉スタジアム
本日の試合結果
浦和レッズ2-0ジェフユナイテッド千葉
得点者:17分ワシントン(PK)、58分闘莉王
観客数:48,952人


「勝点3にこだわる意味」

前半早々に千葉の結城がPA内でワシントンを倒して一発退場。そのプレーで得たPKをワシントンが確実に決め先制点を奪った。

しかし1人少ないとはいえ、ジェフの組織力は衰えず、何度となくピンチに陥ったものの、坪井の代わりに入ったネネと堀之内、闘莉王の3バックがうまく凌ぎきってくれた。

ネネの久々に出場に心配の声もあった。しかし左利きだけあってアレックスとの“遅攻”は、なかなかうまくいっていたように思えた。誰が入ってもレッズの守備意識の強さは変わらない。それを彼が証明してくれた。

昨年は1勝もできなかったジェフにようやく勝った。そして2位ガンバもジュビロに敗れその差は広がった。ただここで胸を撫で下ろす時ではない。

残り8試合。まだまだ試合内容には満足していないし、だからこそもっともっと勝点3にこだわりたい。まずは勝つこと勝たせること・・・。それに集中して、前を向いて選手達と闘っていきたい。

Imgp6002Imgp6007Imgp6014

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.10.06

第26節 千葉戦プレビュー

【前回対戦 第11節(2006.5.3)】
JリーグHP)(浦和HP)(千葉HP

明日は、ホーム埼玉スタジアムにジェフユナイテッド千葉をむかえて対戦する。

千葉は、現在11勝5分9敗で勝点38の第7位。W杯明けからオシム前監督の日本代表監督就任に伴い、息子であるアマル氏が後を引き継いだが、6勝7敗と負けが先行し順位を落としてしまった。

また日本代表に多く選手を送り込むも、それがなかなかクラブの力に結びつくには遠かった。

しかしここ2試合はホームで京都、大分に連勝。ナビスコカップでも、2年連続で決勝進出を果たし、少しずつながら波に乗ってきた。特に前回の対戦でも決められた巻や阿部、右サイドの坂本らの早い攻撃に気をつけたい。

一方のレッズは、前節京都とアウェーで対戦し、5-1と圧勝。得失点差で首位に返り咲いた。しかし立ち上がり早々から相手の猛攻を受け、なかなかリズムが掴めなかった。しかし徐々に自分達に流れを呼び寄せ、あっという間に勝ち越し、得点を積み重ねていった。

失点しても慌てず、中盤で相手をしっかり囲んでボールを奪ってから、速攻で相手ゴールへ向かっていく姿勢はここ数試合なかった動きである。特に最近は攻撃の動きが乏しいだけに、京都戦での大量得点のイメージを持ってどんどん前へ攻め込み、シュートを打って欲しいところだ。

逆に心配なのはここまで盤石だった守備陣。屋台骨を支えてきた坪井や闘莉王の離脱はとても痛い。しかし堀之内を中心に起用が予想されるネネや内舘も決して侮ってはいけない。あとは他の選手達がしっかりとDF陣をカバーできれば心配はしない。


DF陣の相次ぐ離脱で正念場を迎えた。ただどの試合においても「正念場」・「修羅場」だが、特に明日は前半戦で敗戦を喫した千葉との対戦。このままでは終るわけにはいかない。また昨年は1勝も出来なかっただけに、彼らに勝ちたい想いは、自分達もそして選手達も強いだろうと思う。

まずは目の前の敵を倒すことに集中すること。そのキモチ、その想いを高く持って、明日も選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼スタ前日朝7時

おはようございます。

大雨、どしゃぶりの朝です。傘が役に立ちません・・・。

明日は雨が上がるといいですね~。

200610060703000_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.05

秋の夜長に・・・

ゾクゾクっと・・・って風邪を引いたわけではないけど、急にヒンヤリとしてきましたね~。周りも風邪をこじらせた方も多いようです。

明日は関東地方は傘も役に立たないぐらいの大雨になるとか・・・。

こういう秋の夜長はゆっくり本でも読んで・・・といきたいところですが、オイラは『眠気』が先ですね(笑)。

明日の朝も早いので、もう寝ることにしますかね~。

東京アメッシュ(東京都下水道局)
レーダー・降水ナウキャスト(気象庁)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.04

キリンチャレンジカップ ガーナ戦

残念ながら負けてしまったようですね~。

日本、強豪ガーナ相手に0-1の敗戦=サッカー日本代表(スポーツナビ)

日本0-1ガーナ

 サッカー日本代表は4日、横浜・日産スタジアムで国際親善試合「KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ 2006」のガーナ戦を行い、0-1で敗れた。

 日本は、2トップのガーナに合わせ、ストッパーに初代表の水本と本来ボランチの今野を起用し、阿部を余らせる3バックの布陣。中盤には初代表の山岸智が入り、FWには巻と佐藤寿が入った。
 前半序盤は互角の展開だったが、徐々に身体能力に勝るガーナが押し込む展開に。しかし、日本も高い位置からのプレッシングからの素早い攻撃で応戦。37分には駒野がドリブル突破からシュートを放つなど、惜しいチャンスも作ったが、得点には至らず0-0で前半を終えた。
 後半も序盤は互角の展開だったが、次第に日本の運動量が落ちて劣勢に立たされる。オシム監督は羽生、播戸、我那覇を投入して状況の打開を図るが、逆に後半28分にハミヌにゴール決められてしまう。その後は、初代表の中村憲、長谷部、二川と攻撃的MFを入れて攻めに出たが得点できず、強豪ガーナに0-1と敗れた。

 日本代表は一度解散した後、AFCアジアカップ2007予選のインド戦のために7日に再集合し、8日にインドのバンガロールに向けて出発する。


今宵はテレビ観戦もできず、内容はよくわかりませんが、一瞬のスキをつかれて失点したようですね。まだまだ試行錯誤の段階。周りがうるさく結果や内容を求めてきても、今はひたすら我慢の時なのかもしれませんね。

来週は代表勢はインド遠征。アウェーでの試合はとても学ぶものがあると思いますので、とにかく経験を積んできてほしいですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.03

トドメを刺してしまった結果・・・

先週末、京都と試合をしましたが・・・、

京都サンガ、柱谷監督を解任 後任は美濃部ヘッドコーチ(京都新聞)

 サッカーJリーグ1部(J1)の京都パープルサンガは3日、成績不振のため柱谷幸一監督(45)を解任、後任監督に美濃部直彦ヘッドコーチ(41)を昇格させた。今季、3年ぶりにJ1に復帰したサンガは現在、16位と不振で降格の危機にさらされている。クラブ経営陣が不振の責任を問うとともに、残り9試合での巻き返しを狙い監督交代に踏み切った。柱谷監督の在任期間はJ2時代から2年3カ月だった。

 京都市出身でJ2山形の監督などの経験を持つ柱谷監督は2004年6月、シーズン途中から就任。昨季、J2で優勝しJ1復帰を果たした。今季は、J1に残留できる「15位以内」を目標に掲げていたが、チームは開幕から不振が続き、現在、4勝6分け15敗で16位と低迷している。ワールドカップ(W杯)中断後の再開にあわせて外国人選手などを補強したものの、不振から抜け出せなかった。

 18チームで戦うJ1では、17、18位が自動的にJ2に降格、16位はJ2の3位と入れ替え戦を戦う。だが現在、サンガは17位のセレッソ大阪に勝ち点1差、18位のアビスパ福岡に同2差に追い上げられている一方、15位のサンフレッチェ広島とは勝ち点差が9に広がっている。残留に向けて極めて厳しい状態に置かれ、残り9試合が正念場になっている。

 クラブ側は同日午前10時から城陽市のクラブ事務所で選手に監督交代を説明。午前の練習から美濃部新監督が指揮を執った。また上野展裕育成部ディレクターが後任のヘッドコーチに就任した。

 美濃部新監督は守山市出身。守山高から松下電器(現在のガンバ大阪)を経て1994年、サンガへ移籍。サンガの初代主将を務めた。95年に現役引退後、サンガのユース監督を務め昨年、ヘッドコーチに就任した。

【関連記事】結果残さないと サンガ・柱谷監督解任(京都新聞)


というわけで、京都の柱谷監督が解任されました。結果的にうちに大敗したのが引き金になったようです。

降格争いにいるチームは結果が出ないと、クラブ幹部としてはそれなりに流れを変える必要があります。セレッソや福岡は早々と監督を交代しましたが、昨年の大分にシャムスカが就任したような『劇的な流れの変化』はないようです。

この解任劇の結果がどうなるかは、リーグ戦が終ってみないとわかりませんね。


☆『京都遠征あれこれ』アップしました。お待たせしました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.02

ディープインパクト

いやはや、残念でしたね~。

ディープインパクト号出走 凱旋門賞(G1)~競走成績~(JRA)

 現地時間10月1日(日)にフランスのロンシャン競馬場で行われました「凱旋門賞(G1)」の競走成績が確定しましたので、お知らせいたします。

 なお、日本から参戦しましたディープインパクト号は3着でした。


2ヶ月前からフランスに滞在して、体調を整えてきて万全だったようですが、現地での前評判の高さもありマークが厳しかったようですね~。やはり海外での勝利は人一倍難しいようです。

でもディープインパクトに怪我がなくて何より。あとは無事に帰国してほしいですね。

最近競馬を楽しむ時間がなかなかないので、久々に競馬場へ馬を見に行って来ようかな~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.01

京都遠征あれこれ

3年ぶりの京都遠征、今回はJR東海の「日帰り1day京都」プランを使って行ってきました~。【日帰り1day京都プラン詳細

このプランは日帰りだけあって、往路の新幹線は、東京駅発朝6時台の新幹線をチョイスしなければいけません。

今回は友人が6:50発の「のぞみ5号」を用意してくれたので、それに間に合うように向かいます。

東川口駅を5:37発の埼玉高速鉄道でいざ出発!!
Imgp5915





6:05に駒込駅着。山手線内回りに乗り換えて一路東京駅へ。ここから今回のプランの切符を使います。
Imgp5917Imgp5916





6:28東京駅着。そのまま新幹線ホームへ。週末だけあって人の出足も早いですが、どこかしら赤い人が多いのか・・・?
Imgp5918Imgp5919





14番線ホームに上がると、すでにホームはレッズサポ多し・・・。っていうか、この列車が6時台最後だしやっぱり希望する人が多かったのね。
Imgp5920Imgp5921





朝早い新幹線の車内は静かですね。そういうオイラも寝てましたが・・・。
Imgp5922Imgp5923





9:11京都駅着。写真はピンボケでよくわかりませんが、ホームから降りてくる大半は我々と目的は一緒でした(笑)・・・。
Imgp5924





今回は4人グループでの行動だったので、京都駅からはタクシーに乗ってスタジアムまで直接向かいました。
Imgp5925Imgp5926





9:35スタジアム着。京都駅から約20分ぐらいで料金は1,680円。まあこんなもんでしょうかね。
Imgp5927_1Imgp5928





シートを貼った後、時間があるので昼食をかねて嵐山へ行くことに。最寄の阪急西京極駅から隣の桂駅へ1駅乗ります。
Imgp5929Imgp5930





桂駅から阪急嵐山線に乗り換えて、10:15には阪急嵐山駅に着きました。JRの嵐山とは川を挟んで反対側になります。
Imgp5931Imgp5932Imgp5933





5分ほど歩くと、目の前に渡月橋が。天気もよかったせいか、いい景色です。
Imgp5934_1Imgp5937





昼食は、今回の「1dayプラン」のセレクトクーポンの中から、嵐山の「京都嵯峨料理 良弥」へ。このプラン特製の豆腐料理をいただきました。
Imgp5942Imgp5943Imgp5940





昼食後は買出しをかねて、ちょっと散策。お昼を過ぎると観光客で人通りが多くなってきました。
Imgp5947





嵐山からは京福電鉄で移動します。電車を待つあいだ、コンビニで買った京都の羽田酒造が造った地ビール「周山街道」で乾杯!!
Imgp5939Imgp5949_1Imgp5950





20分ほど乗って、西院(さい)駅で下車。阪急の西院(さいいん)駅へ移動します。ところで“さい”と“さいいん”ってなんで読み方が違うんでしょうかね~。
Imgp5951Imgp5952





13:30過ぎにはスタジアムへ戻ってきました。そして15:00開門。スタジアムはあっという間に半分を赤く染めてしまいました。
Imgp5954Imgp5958





試合後は、阪急西京極駅から烏丸駅&四条駅経由で地下鉄に乗り換え、19:40過ぎには京都駅に到着しました。

帰りの新幹線は20:46発の「のぞみ48号」。まだまだ時間があるので、八条口にある「祇園辻利」でホットグリーンティー(150円)をいただきました~。
Imgp5986Imgp5987





ホームの上がるとフラッシュの嵐が・・・。どうやら選手達と同じ新幹線のようでした。
Imgp5988Imgp5990Imgp5991





車内でさっそくみんなで乾杯~♪
Imgp5992





で、その後は爆睡・・・(笑)。

23:06東京駅着。京浜東北線のホームに向かって歩いていると、なぜかフクアリ帰りのジェフサポと遭遇しました。
Imgp5993





その後は京浜東北線で王子、そこから南北線→埼玉高速鉄道と乗り継ぎ、日付の変わった0:15に東川口駅に着きました。

というわけで、俺お疲れ。そして同行した皆さん&京都へ行った皆さんお疲れでした~。

Imgp5994Imgp5995

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月24日 - 2006年9月30日 | トップページ | 2006年10月8日 - 2006年10月14日 »