« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »

2006.09.30

【第25節 京都戦】

オフィシャルより

■06.09.30 [ Jリーグ第25節vs京都パープルサンガ ]
2006年9月30日(土)17:04キックオフ・京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
試合結果
京都パープルサンガ1-5(前半1-3)浦和レッズ
得点者:13分闘莉王、16分中山(京都)、22分平川、40分田中、46分山田、83分相馬
入場者数:16,492人


「積み重ねるチカラ」

同点に追いつかれた時、悪い予感が頭をよぎったが、6分後に平川の見事なミドルシュートが突き刺さった瞬間、そんな思いは吹っ切れた。

首位ガンバとは勝点3差で直接対決は最終節になる。仮に勝点が並んでも得失点差で上回らないと順位はひっくり返らない。そのためにはこの試合はとにかく点を取りに行くことが大事だった。

その結果が5得点であり、目的は十分に果たせたと思う。まだまだ立ち上がりの内容には不満が残るが、ここ数試合の得点力不足を考えれば、今だけは納得していいだろう。

やっと向いてきた“いい流れ”。得点を積み重ねることで選手達もいいイメージを植えつけられたと思う。坪井や闘莉王の怪我が気になるが、決してこの流れを止めてはならない。サポートする自分達もその想いは同じだ。

Imgp5970Imgp5979Imgp5982

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.29

第25節 京都戦プレビュー

【前回対戦 第8節(2006.4.15)】
JリーグHP)(浦和HP)(京都HP

明日は西京極陸上競技場にのりこみ、京都パープルサンガと対戦する。

京都は現在、4勝6分14敗の勝点18で第16位。下位2チームとの勝点差が「2」に迫っており、最低でも自動降格だけは避けたいところ。23節にホームでFC東京には勝ったものの、過去5試合では1得点8失点と得点力不足と失点の多さが目立つ。

昨年のJ2得点王であるパウリーニョや田原を中心としたFW陣は飛び出しがうまいだけに、中盤からのパスの出どころをしっかりと抑えることが重要だ。また以前レッズに在籍していた石井や三上もスタメンの可能性がある。過去レッズ在籍していた選手にやられる事があるので、そのあたりも注意したいところだ。

また残留争いにいるチームは、残り試合が少なくなってくると見えない力が発揮するときがある。彼らのホームだけに、まずは『油断』だけには気をつけたい。

一方のレッズは前節は清水に辛勝。前半のワシントンが決めた得点を守りきった。守備はいいのだが攻撃力がまだ本調子になっていないようだ。特に達也の得点が見られないのが淋しい限りだ。しかし相方のワシントンを上手く生かしているだけに貴重な存在といっても過言ではない。

今節はワシントンの欠場が濃厚だ。となると達也や永井、そして怪我から復帰したポンテや小野に期待がかかる。「ワシントンがいないから点が入らない」というのは理由にならない。しかも首位ガンバを捕まえるためには、より得点が必要だけに、まずは「点を獲る」という意識を高く持って試合に臨んで欲しい。


残り10試合。いよいよラストが見えてきた。しかしここ数試合のレッズは、どこか不完全燃焼のような気がしてならない。勝つには勝つのだが、なかなかキモチがスカっとしない・・・。

それはなぜか・・・。おそらく勝つ事だけに集中してしまって、点を獲ることよりも獲られてしまうことにキモチがいってしまっているのではないか・・・。もちろん勝つ事、勝点3を獲る事は何よりもかえ難い。でもとんどん点を獲らないと最後にガンバとの直接対決を残しているだけに勝点以上に大きな差となってしまう。

まずは勝つ事。そしてより多く点を獲って勝つ事。それが明日の試合のポイントではないかと思う。

そんな彼らを後押しするために、明日も精一杯キモチ上げて共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.28

さて週末は・・・

京都へ行ってきます。

2003年8月以来なので、約3年ぶりですね。

あの時の試合は、京都が前半に退場者が出ましたが、結局0-0のスコアレスドロー。

京都特有の気候で、残暑も響いてつらい試合だったのを覚えています。

今回はいろんな深い意味を持って訪れる西京極競技場。

プレビューは後ほど書きますが、まずは勝つ事。ただそれだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.27

ミッドウィークJ2 第42節

今宵はJ2の第42節。オイラは仕事終わりに国立の横浜FC-仙台戦を観に行こうかと思いましたが、ちょっと体の調子がイマイチなのと当日券があまりにも高いので、家へ帰って後半からスカパーのザッピング観戦でした。

ザッピングとはいいつつも、やはり3位横浜FCと4位仙台の直接対決を観てました。でも結局は仙台のいいところが全く出ないまま試合終了。昇格レースから一歩後退といった感じでしょうか・・・。

というわけで今節の結果はこちら。順位表はこちらですが、あらためて上位4チームの順位を確認しましょう。

1位 柏   勝点75 得失差+21 得点64
2位 神戸 勝点74 得失差+26 得点61
3位 横浜 勝点73 得失差+21 得点45
4位 仙台 勝点61 得失差+26 得点59

J2リーグ戦は残り10試合。こちらもまだまだ目が離せませんね。

Imgp5905Imgp5906Imgp5907





Imgp5908Imgp5909Imgp5910

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.26

試合開始変更と放映権

今日はこの話題から・・・。

アジア杯インド戦の開始時間変更(日刊スポーツ)

 日本サッカー協会は26日、10月11日のアジア杯予選、日本-インド戦(バンガロール)の試合開始時間変更を発表した。ホームのインド協会がアジア連盟(AFC)に申し入れ、このほど認められたもの。

 当初、午後4時15分(日本時間同7時45分)だったキックオフは、1時間25分遅れの午後5時40分(同9時10分)になった。


ふ~ん、インド協会が申し入れたのね・・・。でもこれって中継放映権絡みでしょう(笑)。

もし日本で生中継すること考えると、19:45からだとゴールデンタイムの番組を中途半端につぶしちゃうから、それよりは21:10だったら21:00までのレギュラー番組をつぶす心配がないですからね~。

たぶん中継するのはあのヒルズのお膝元の局でしょうから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.25

やりきれないつらい思い・・・

今日はサッカーの話題ではありませんが・・・


<埼玉園児事故>17人死傷 「カセット裏返そうと脇見」(毎日新聞)

実はこの事故現場は、我が家からわずか150mも離れていない場所で起きました。

事故自体は午前中に知っていましたが、ニュースなどで場所を確認すると愕然としました・・・。

普段、通勤で駅や埼スタなどへ自転車で向かう途中に通る所で起こった痛ましい事故。

今宵、仕事帰りに事故現場近くで手を合わせてきました。

今はただ亡くなった2名の園児の冥福と、今なお苦しんでいるであろう重篤の園児、そして怪我をした園児や保育士の1日も早い回復を心から祈るばかりですし、またこのような事故が今後起こらないよう、あわせて祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.24

久々のデーゲーム

昨日は5月以来の久々のデーゲーム。空はすっかり秋の空でしたね~。

というわけで、試合後はスタジアムのアフターバーではなく、地元東川口で仲間達と祝杯でした。

おいしいお酒と、おいしいご飯と、レッズの話で楽しい時間はあっという間でした。

やっぱり勝つのはいいですね~♪

Imgp5877_1Imgp5897_1Imgp5900_1





Imgp5901_1Imgp5902_1Imgp5903_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »