« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月17日 - 2006年9月23日 »

2006.09.16

【第23節 広島戦】

オフィシャルより

■06.09.16 [ Jリーグ第23節vsサンフレッチェ広島 ]
2006年9月16日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-1サンフレッチェ広島
得点者:35分闘莉王、39分ウェズレイ(広島)、86分山田
入場者数:39,123人


「力尽くのサッカー」

前半闘莉王のミドルシュートで先制しても、あっという間に同点。そして後半達也を下げてポンテを投入しても、流れは劇的に変化しなかった。

それだけ広島に苦しめられたし、どこはかとなくはっきりしない攻撃に、はっきりしない守備が今のレッズのサッカーを象徴していたと思う・・・。

しかし彼らは力尽くで勝点3を奪った。残りわずかな時間、アレックスの絶妙なパスからファーへ走りこんだ山田のシュートが試合を決めた。

正直苦しい闘いが続く。でもそんな中、勝点3を奪えるのは地力がついてきた証拠か。

でもこのままじゃ、まだどこかで足元をすくわれるかもしれない。まさに薄氷を踏んでいる感じだ。

ベストメンバーが揃わないのは致し方のない事。あとはその穴を埋められるかだ。

まだまだ続くリーグ戦。穴を埋めるためには、微力だが自分達は選手達をピッチの外からしかサポートすることしか出来ない。

90分が終るまで、そしてシーズンが終るまで、その声をそしてその手拍子を止めることはない。

Imgp5840Imgp5848Imgp5853

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.15

第23節 広島戦プレビュー

【前回対戦 第3節(2006.3.18)】
JリーグHP)(浦和HP)(広島HP

明日は久々のホーム埼玉スタジアムに、サンフレッチェ広島をむかえ対戦する。

広島は現在6勝5分11敗の勝点23で第15位。前節はホームで名古屋と対戦し、スコアレスドローに終わった。
順位は低迷しているものの、ここ3試合では2勝1分でわずか1失点と守備が安定してきた。戸田を中心とし3バックは少しずつながら試合をこなすごとに改善を図っている。

また攻撃陣もボランチの青山をはじめ、代表の右サイド駒野、FW佐藤の調子がいい。また前回の対戦で失点を許したウェズレイや控えに若い前田もおり油断は禁物だ。前回の対戦では前半早々に相手が退場し、試合運びが有利になった。それゆえに広島の本当の力は見ていない。


一方のレッズは、前節はアウェーながら埼スタで大宮との埼玉ダービーだった。伸二・啓太を欠く布陣でもそれなりに試合のペースをつかんではいたが、得点できず苦しい時間帯が続いた。結果は2-0で勝つものの、ここ数試合は決していい内容とは全くいえない。

サテライトで調整していたポンテやネネが復調の気配を見せている、しかも前節出場停止だった伸二や啓太も帰ってくる。メンバー構成にギドは苦慮するだろうが、これからが重要な勝負どころでもあるので、どのように選手を構成していくか見守っていきたい。


明日はおよそ3週間ぶりのホームでの試合となる。先週は立場が違っていただけに、場所が同じだっただけに大きな違和感を憶えたが、もうそんな事はない。

相手がどこであろうと目の前の敵を倒すことに集中するのは当たり前のこと。それゆえ順位が下位に甘んじているクラブとの対戦だとなおさらのことである。『勝てるだろう・・・』なんていう甘い考えは禁物だ。

今まで『油断してた』と言われても仕方がない内容で、勝点を落としてきたゲームはいくつもあった。それだけに最後の1プレーまで何が起こるかわからない。だからこそ勝ちたいキモチを持続させることが大切だ。

ホームスタジアムで選手達をサポートできる幸せ。その想いを勝ちたいキモチ、勝たせたいキモチに変えて、明日は彼等を後押ししていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼スタ前日朝7時

おはようございます。

昨日まで降っていた雨はあがりましたが、どんよりと曇っています。

気候はもう秋ですね。

200609150700000_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.14

ペトロの近況

先日、自分が利用しているサッカーの携帯サイトに、元レッズのペトロビッチの近況の記事が掲載されていました。

『元浦和のペトロ、多忙な今季』

浦和レッズで活躍したペトロビッチを覚えている人も多いだろう。ペトロはその後、オランダのRKCで引退し、指導者の道を進んでいる。

フェイエノールトではフリット監督の下でアシスタントコーチを務めた。しかし成績が芳しくなく、フリットとペトロビッチは1シーズンでフェイエノールトを去った。

ペトロビッチはオランダサッカー協会の指導者S級ライセンスを取っていなかったので、今季はその勉強に大きく時間を割く予定だった。ところがこの夏、ポルトガルからの電話が突然ペトロにかかってきて、予定は変わってしまった。

電話の主はボアビスタの会長、ピント氏。ポルトのアドリアーセン監督が辞任すると、ボアビスタはフェレイラ監督を引き抜かれてしまった。ピントはアムステルダムに文字通り飛んでやってきて、ペトロを口説きにかかった。

今、ペトロはポルト市で2番目に大きいサッカークラブ、ボアビスタの監督だ。しかもペトロ率いるボアビスタは、開幕試合で名門ベンフィカを3-0と快勝してしまったのだ。

オランダのサッカートークショーでもこの話題は、オランダ人たちの明るい笑いを誘っていた。日刊紙アルヘメーン・ダッハブラットは、ペトロの試合後ロングインタビューを載せている。

「試合前、俺は選手に英語とスペイン語を使って、『ボールを持っている時は自由にやれ。ボールを失ったら相手選手に距離を短くマークしろ。まるでタイガーにように』と言った。マルティン・ヨル(トッテナム・ホットスパー監督でペトロの師匠格)は、選手にアイ・オブ・ザ・タイガーの目を持つことを求めていた」

問題はオランダサッカー協会のS級ライセンス取得をどうするかだ。「それは問題ない。オランダとポルトガルを往復して、監督業とライセンス取得を両立することができる」

こうしてペトロは月に1回オランダに戻り、毎回3日の講習をザイスト(オランダサッカー協会の所在地)で受けることになった。さらにペトロはポルトガル語の習得もしなければならない。

ペトロの各国語言語能力は努力の賜物だ。一度彼が小脇にスペイン語辞書を抱えてRKCのクラブ内を歩いている場面を見たことがあるが、辞書は手垢でものすごく汚れていた。

多忙かつ充実したペトロの新シーズンはすでに始まっている。(オーレ!ニッポンより)


レッズを去ってもう6年。早いものですが彼は監督業として頑張っているようです。いつかレッズの監督として戻ってきたいといったペトロ・・・。

その日がいつになるかわからないけど、そう言ってくれるだけでも嬉しい限りです。ポルトガルでも頑張ってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.13

ミッドウィークJ2 第39節

今夜はJ2の第3クール最終戦となる、第39節の6試合が行なわれました。

自分は家で後半からテレビ観戦。特に注目したのは、首位柏と3位横浜FCとの対戦。その試合を中心にザッピングしてました。

注目カードの結果は、前半にセットプレーで先制した横浜FCがそのまま逃げ切って勝利。点を許さない横浜FCと、早く点を決めたい柏とのせめぎあいが面白かったですね。
Imgp5821Imgp5825





今節の結果はこちら
で、今節終了時、つまり第3クール終了時の順位はこちら

というわけで、いよいよJ2は次節からは最後の12試合となる第4クールに突入します。
ちなみに順位を確認すると・・・

1位 神戸 勝点68 得失差+21 得点55
2位 柏   勝点68 得失差+17 得点59
3位 横浜 勝点67 得失差+20 得点40
4位 仙台 勝点60 得失差+29 得点58

どうやらこの4チームに絞られた感じがしますね。

しかし直接対決もありますしまだまだわかりません。毎年ドラマが起きる最終クール。最後の最後まで目が離せません。

Imgp5811Imgp5814Imgp5815





Imgp5816Imgp5817Imgp5819

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.12

『審判再教育』を考える

今日はこんな話題から・・・。

家本主審に研修1カ月=Jリーグ(時事通信)

 Jリーグ1部(J1)は12日、東京都内で実行委員会を開き、判定基準が問題視されている家本政明主審(33)に対し、日本サッカー協会審判委員会が1カ月の研修を課したことが報告された。
 家本主審は6人いるプロ審判のスペシャルレフェリー(SR)の一人。今季のJ1で14試合を担当したが、8月30日の鹿島-名古屋戦での判定に一貫性がなかったため、事実上の休養処分を受けた。松崎康弘審判委員長は「研修は積極的に立ち直らせるためで、1カ月後に適性を判断する」と語った。
 実行委ではまた、来年のJ1、J2日程について、テレビ放映の形態が変わるため、今季までの土曜日7試合、日曜日2試合の割り振りを変更する方針が示された。


やはり・・・というか、とうとう審判問題にメスが入りました。確かにずっと前からいろいろ言われてきた家本氏のレフェリングでしたが、ようやく審判委員会も重い腰を上げたというところでしょうか。

SR(スペシャルレフェリー)だけに選手もプロなら審判もプロ。サッカーボールで飯を食っているといっても過言ではありません。それに「toto」などお金が絡んでくると、わずかなワンプレーのレフェリングでも結果が大きく左右されますからね・・・。

1ヶ月の研修でどう変わるのか。そして彼以外にも「再教育」を受けるレフェリーが出てくるのか。今後の行方に注目したいですね。

☆SR(スペシャルレフェリー)についてはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.11

マンデーナイトは赤坂から

今宵は、赤坂で飲み会。行ったのは赤坂見附駅そばの海千

19時スタートで終ったのが23時・・・(笑)。楽しい時間が過ぎるのはあっという間です。

飲んでヨレヨレになりながらも、帰りの電車内でDSの「数独」にトライ。でも数分で睡魔に負けてしまった・・・。

月曜からの飲み会はハードだったけど、話も盛り上がって楽しかった!!

☆幹事のKさんお疲れ!!&Iさん新天地でも頑張ってね!!&参加された皆さんお疲れでした!!

200609112254000200609112309000200609112311000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.10

【第22節 大宮戦】

オフィシャルより

■06.09.10 [ Jリーグ第22節vs大宮アルディージャ ]
2006年9月10日(日)19:00キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
大宮アルディージャ0-2浦和レッズ
得点者:44分ワシントン、89分永井
観客数:35,059人


「埼スタのアドバンテージ」

夕方になっても、湿気を伴った暑さがスタジアムから抜けない。それだけ昼間の暑さは厳しかった。

そんな中、レッズは代表メンバーから出場停止の啓太を除いて達也以外の5人を先発で起用した。

前半はうまくボールをつなぐもののラストパスの精度がままならなかったが、酒井の左足から放たれた強烈なシュートが相手GKのファンブルを誘い、ワシントンが決めた。

後半は相手のサイドからの揺さぶりにラインを下げてしまい、クリアするのが精一杯であったが、途中から起用されたポンテのパスから、疲労困憊だったであろう永井が鮮やかにシュートを決め試合を決定付けた。

今日の試合はもちろんワシントンや代表選手達の力もさることながら、やはり普段控えにいる選手達が活躍したのは何よりの収穫だと思う。そしてしばらく戦列を離れていたポンテの復帰もうれしい限りだ。

いつまでも代表選手達に依存する訳にはいかない。彼らの疲労をうまく考慮して選手起用を考える場面もこれから多々あるだろう。そんな中、リザーブの選手達に懸ける期待は大きい。


“アウェーゲーム”といえど埼スタでの勝利。やはり『ホームスタジアム』は居心地がいいし、そこでも勝利は何よりも格別だ。とかく相手が大宮だろうとどこであろうと、ホームでは不甲斐ない試合は観たくない。

今後2試合も埼スタでの試合。相手は難敵だがその逆境を『ホームアドバンテージ』に変える力も必要だ。

スタジアムを“強烈な赤”に染め上げるのは、選手達の頑張りでもあり、自分達の頑張りでもある。まだまだこれからも上を向いてキモチ上げて彼らと共に闘っていきたい。

Imgp5787Imgp5799Imgp5801

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月17日 - 2006年9月23日 »