« 2006年8月13日 - 2006年8月19日 | トップページ | 2006年8月27日 - 2006年9月2日 »

2006.08.26

【第20節 C大阪戦】

オフィシャルより

■06.08.26 [ Jリーグ第20節vsセレッソ大阪戦 ]
2006年8月26日(土)19:05キックオフ・大阪長居スタジアム
試合結果
セレッソ大阪1-2浦和レッズ
得点者:16分堀之内、68分永井、86分藤本(C大阪)
観客数:23,386人


「勝って兜の緒を締めよ」

先制点を奪っても、相手が1人退場になっても、そして追加点を奪っても、レッズはなかなか試合の流れが掴めなかった。

達也が前線でボールをキープしてもなかなかフォローできない。フォローできても不用意なパスミスから一気にピンチに襲われるなど、まるで一人相撲をしているかのような展開だった。

2点目を奪ってからは終始セレッソペース。相手がパワープレーと仕掛けてきたのかもしれないが、レッズはクリアするのが精一杯だった。失点シーンもしっかりケアできればどうなっていたかわからない。

勝負事に“たられば”は禁物。しかし今日は結果として勝点3を獲った試合ではあったが内容は諸手をあげて・・・とはいかないだろう。同じ勝ち点でも新潟戦のような「難しい試合」と今日のような「自ら動きを止めてしまった試合」とでは感触が全く違う。勝ったからすべてOKでは済まされない事もある。

もう次節は4日後、しかも再びアウェーでの試合となる。「勝って兜の緒を締めよ」という言葉もあるが、勝った試合の中にも反省点は生まれる。そこをしっかり修正して次への闘いに臨んでほしい。

もちろん自分達もキモチ切り替えてまた闘っていきたい。


Imgp5424Imgp5427Imgp5440

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.25

第20節 C大阪戦プレビュー

【前回対戦 第4節(2006.3.21)】
JリーグHP)(浦和HP)(C大阪HP

明日はアウェー長居スタジアムにのりこみ、セレッソ大阪と対戦する。

現在、セレッソは2勝4分13敗で勝点10の第18位。特に前半戦はなかなか勝ち星に恵まれず、昨年最後の優勝争いまでチームを引き上げた小林前監督を開幕8試合目で早々に解任した。しかしなかなか状況は打開せず迷走したままであった。

しかしW杯中断期にセレッソから海外へ旅立った大久保が復帰。さらに記憶に新しい所で、セレッソのウィークポイントであったタメができてパスが出せるベテラン名波を磐田から獲得。さっそく前節の京都戦でその片鱗を魅せた。まだ先発出場はないものの、ここ一番の力は侮れないだけに気を付けたいところだ。

一方のレッズは、前節ホームで新潟と対戦。立ち上がりに失点し難しい試合だったが、何とか勝点3を獲って40に伸ばした。

しかし選手達の疲労はピークに近い。前節はエースワシントンがハットトリックを達成したが、明日は出場停止。攻の看板を1枚欠くだけにここは正念場だろう。

点を獲られなければ負けないのだから、まず守備に集中する事はもちろんであるが、やはり勝つためには点を獲らなくてはならない。エースが不在だけに、中盤からチーム全体を押し上げて攻撃に厚みを加えたい。まずは点を獲る姿勢をみたいところだ。


長居スタジアムといえば「鬼門」といっても過言ではない。それだけここでは今まで辛酸をなめてきた。

決して相手を舐めているわけではないが、どこかにスキというか油断があったのかもしれない。それは選手達も自分達も分かっていることだろう。相手が最下位のチームであろうと全力で闘わなければいい結果がついてこない。

これからアウェー3連戦。特に今季はアウェーで痛い星を落としているだけに、内弁慶では終わりたくない。だからこそ「鬼門」といわれる長居で勝って弾みをつけたいところだ。

明日も苦しい試合が予想される。選手達が足りないであろうあと1歩の力を、自分達が後押ししていかなければ勝点3は奪えない。90分間前向きにそしてキモチ上げて明日は闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.24

さらば岡ちゃん

本当かな?と思ったら本当でしたね。

岡田監督辞任、及び水沼貴史コーチ、監督昇格のお知らせ(横浜オフィシャル)

やはり監督として4年は長かったんですかね・・・。横浜の監督に就任して早々に完全優勝しちゃいましたから、そう簡単にハードルを下げられなかったのもプレッシャーになっていたんでしょうか。

一連の流れをみると、最後の最後まで監督とフロントの考えが合わなかったのかなぁ・・・と思います。

自分は人間的には好きな方ですね~。今後もサッカーに携われるよう頑張ってほしいです。

【(追記)25日の記事】
岡田監督辞任 勝負への執着心薄れ(スポーツニッポン)
横浜M・岡田監督辞任「勝負に対する執着心薄れた」(スポーツ報知)
横浜M厳命「2戦で結果出せ」…水沼新監督就任(スポーツ報知)
横浜M・岡田監督が成績不振で辞任…水沼コーチが監督昇格へ(サンケイスポーツ)
岡ちゃん辞任…岡田色一掃で再出発(デイリースポーツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.23

【第19節 新潟戦】

オフィシャルより

■06.08.23 [ Jリーグ第19節vsアルビレックス新潟戦 ]
2006年8月23日(水)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ3-1アルビレックス新潟
得点者:6分エジミウソン(新潟)、23・35・89分ワシントン
観客数:34,417人


「悪いなりにも・・・」

新潟のスタミナある動きに、レッズは翻弄されっぱなしだった。サイドは鈴木慎吾らに蓋をされてしまい、敵陣深くまで攻め入る機会は少なかった。

しかし悪いなりにも勝点3を奪えたのは、少なからずとも地力がついてきたのか。

夏場の連戦。試合をこなすごとに選手達の疲労はピークに達する。特に代表選手はそれ以上の疲労を感じているだろう。それゆえボールの動き出しがおそくなり、時折ボールをさらわれピンチに陥る場面も多々あった。

そういう中、前線の選手達の動きには頭が下がる思いだ。特にワシントンはハットトリック達成。懐が広いだけではなく決定力が高いFWがいるだけで、チームの流れが変わる。


前節鹿島戦はロスタイムに追いつき勝点1を分け合った。善戦したあとの次戦は不甲斐ない試合が多かっただけに、ホームで新潟に勝った事は大きい。

しかしこれからアウェー2連戦が待っている。特に次節セレッソ戦はワシントンが出場停止だけに正念場だ。

内容が悪いなりにも、こういう試合を獲っていくのは大きい事だ。まずは目の前の敵を倒し、勝点3を獲る事に集中して、次も選手達と共に闘っていきたい。

Imgp5373Imgp5380Imgp5386

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.22

第19節 新潟戦プレビュー

【前回対戦 第13節(2006.7.19)】
JリーグHP)(浦和HP)(新潟HP

明日はホーム埼玉スタジアムに、アルビレックス新潟をむかえ対戦する。新潟とはW杯再開直後にアウェーで敗れてからわずか1ヶ月後の対戦となる。

新潟は現在第9位。中断後はレッズに勝つもその後4連敗。前節ようやくホームで川崎に勝ち連敗を止めた。

しかし今節はDFの三田が出場停止、中盤のシルビーニョが怪我と戦力が整わない。しかし前回の対戦でゴールを決められたエジミウソンや急成長中の矢野が控えているだけに油断はできない。

一方のレッズは、前節アウェーで鹿島相手に2点のビハインドからようやく追いついて引き分けに持ち込んだ。

FWワシントンが復帰し攻撃のオプションが増えたが、“連携”という点を考えるとまだまだ発展途上だ。しかし彼の決定力は高いので、達也や他の中盤の選手との絡みがうまくいけばもっと期待してもいいだろう。

特に伸二が2試合連続ゴール中で調子を上げている。中盤からの飛び出しやフォローも重要なので、彼の動きにも注目したい。


前回、新潟との対戦はスタジアムの雰囲気に飲み込まれた感じだった。決して相手も動きが格段にいいとはいえないのだが、ホームの後押しがそれを呼び起こしたのだと思う。

あれからわずか1ヵ月後の再戦。当然その借りを返す想いは選手達と同様に高い。前節鹿島の貴重な勝点1を生かすためにも、この試合は重要だ。

ホームに戻って自分達もキモチ切り替えて、想い高くして闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今宵は国立にて

ということで、J2第35節の東京V-柏の元J1同士の試合を観に行ってきました~。

スタジアムの中は外に比べて、ほどよく風が吹いて過ごしやすかったです。

試合はヴェルディの完勝。柏はパスミスが多くまったくいい所がなかったですね。

さあ明日はレッズの試合。キモチ上げていきますよ!!

Imgp5331Imgp5353Imgp5355

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼スタ前日朝7時

おはようございます。

時折、涼しい風がふきますが、蝉が鳴きわたり蒸し暑さは変わりません。

200608220701000_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.21

なでしこオールスターゲーム

オフィシャルより

■06.08.21 [ モックなでしこリーグ オールスター 2006に5選手が選出! ]
8月27日(日)に国立競技場で開催されます「モックなでしこリーグオールスター2006」のなでしこEASTチームに、浦和レッズレディースから、山郷のぞみ、田代久美子、安藤梢、柳田美幸、北本綾子の5選手が選出されました。

各選手のコメントです。
◆山郷のぞみ(No.1)「皆さんの投票で選ばれたことを、とてもうれしく思います」
◆田代久美子(No.2)「10年ぶりの大会ということで、出場できる喜びをピッチの上で精一杯表現したいと思います」
◆安藤梢(No.7)「観に来て下さった方に楽しんでもらえるようなプレーをしたいと思います」
◆柳田美幸(No.8)「いつも応援ありがとうございます。年に一度のオールスターを存分に楽しんで下さい」
◆北本綾子(No,11)「出前迅速、シュート確実。FWのご用命は北本まで。応援よろしくお願いします」

モックなでしこリーグ オールスター2006
◆日時:2006年8月27日(日)19:00キックオフ
◆場所:国立競技場
◆対戦カード:なでしこEASTvsなでしこWEST
◆チケット:全席自由席 一般800円(当日1000円)/小・中・高300円(当日500円)ファミリーマート、チケットぴあ各店舗、ローソンチケット、イープラスにて発売中!
※日本サッカー後援会会員は会員証提示の場合無料です。
※JFA登録選手・監督・審判員・指導者は登録証提示の場合無料です。
※JFAフットサル登録選手は、フットサル登録証提示の場合無料です。

モックなでしこリーグ


ということで、レッズレディースから5人が選ばれました。久々に行なわれるオールスター戦。しかも国立での試合。選手の皆さんには無理せず頑張って欲しいですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.20

鹿島遠征あれこれ

今回は、初めて列車で鹿スタへ遠征。

2日前に買った18きっぷに、東川口駅でスタンプを押してもらいます。これで出国手続完了(笑)。まずは東川口6:58発の武蔵野線で西船橋へ向かいます。
Imgp5216Imgp5215





まだ早い時間帯、空いてる車内で寝入っているうちに7:34に西船橋着。ここで総武線に乗換え千葉駅へ。
Imgp5219Imgp5220





8:02千葉駅着。ここからローカル線の始まりです。8:19発の鹿島神宮行きで一気に目的地まで向かいます。
Imgp5224Imgp5227





途中成田までは特急の待ち合わせなどがあり、長時間停車もざらです。ちなみの上の2枚左は佐倉で7分停車、下の2枚は成田で我孫子からの成田線の接続待ちで8分停車でした。
Imgp5232_1Imgp5233





Imgp5237Imgp5239





成田から先は単線。景色ものどかで、やっぱり夏ですねぇ~。
Imgp5244Imgp5246Imgp5247





香取から鹿島線に突入。さっそく利根川を渡ります。
Imgp5248Imgp5249Imgp5250





北浦も渡り、9:58に無事鹿島神宮駅に到着。東川口から丸3時間かかりました。
Imgp5253Imgp5254





気になるこの日の臨時列車は、駅構内の時刻表にペタッと貼ってました・・・。何かの拍子に剥がれたらどーすんでしょう(笑)。
Imgp5256Imgp5257_1Imgp5259





さぁ~てと、ここからどうするか・・・。駅から歩くこともちらっと考えたけど、暑さで即却下(笑)。いくじなしのオイラはタクシーでカシマスタジアムへ移動。

そして10分もかからずスタジアムに到着。鹿スタといえばお約束でこの御方をパシャリ。
Imgp5261Imgp5262





並び列に荷物を置くものの、あまりの暑さに日陰へ避難。そして別のグループの仲間と合流し、スタジアムそばの屋台へ買出し。鹿島は食材の宝庫ですなぁ~。
Imgp5264_1Imgp5265





16:00開場。今回は2階席へ。以前は1階で見てましたが、ここからの視界もなかなか悪くないですね。すでにピッチでは両クラブのジュニアユース(U-13)の子達同士の試合が始まっていました。
Imgp5266





スタジアムから遠くに鹿島灘を望みます。そして選手達を乗せたレッズバスが到着。
Imgp5268Imgp5275





カシマスタジアムと言えば「弾幕ショー」。今年も魅せてくれました・・・というかそのタイミングでやってる意味がわからない・・・。
Imgp5286Imgp5287Imgp5289





そして試合終了。選手達の挨拶を見守ったあと、スタジアムをあとにし目の前に見える鹿島サッカースタジアム駅へ向かいます。
Imgp5301_1





18きっぷを持っていたせいか、スムーズに改札を抜けてホームへ。そして21:22発鹿島神宮行きに無事乗車。
Imgp5303Imgp5304





21:26鹿島神宮駅着。隣のホームに停車していた列車は、話題になった時刻表に載らない21:30発の幻の臨時列車。ということでさっそく乗り換えて佐原へ向かいます。車内は結構混んでました。
Imgp5307





21:59佐原着。ここから22:08発千葉行に乗り換え。この辺りですでに車内は空いてました。
Imgp5308Imgp5309





22:47成田駅で途中下車。ここから22:59発の我孫子行き最終電車に乗り換えます。ここまでくるともうガラガラです。
Imgp5316Imgp5318Imgp5313





23:38我孫子駅着。ここから23:56発常磐線各駅停車北千住行きに乗り換え。これで帰路4回目の乗り換え・・・。
Imgp5321Imgp5322Imgp5319





眠気に誘われないように踏ん張りつつ、日付が変わった0:09新松戸着。ここから最後になる0:18発武蔵野線に乗り換え・・・と思いきや、この夜発生した総武緩行線・中央線の人身事故の影響を受け、列車到着が10分遅れになるとのこと・・・。
Imgp5323





しかし5分遅れで列車が到着。週末の最終電車だけあってそこそこの乗車率でした。そして0:42無事東川口駅着。往路3時間&復路3時間の計6時間の鈍行列車の旅もようやく終了。ちなみに3時間あったら新幹線で大阪まで行けます(笑)。

その後家に着いて、ネットやらダラダラしてたら就寝が2時半になってました・・・(笑)。


というわけで俺お疲れ!!そして遠征組の皆さんお疲れさまでした!!


☆今回の遠征の途中、昼食用と夕食用に千葉駅で駅弁を購入。上が「とんかつ弁当」(460円)で下が「菜の花弁当」(520円)です。なかなかおいしかったです~。
Imgp5234Imgp5270





Imgp5235Imgp5328

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年8月13日 - 2006年8月19日 | トップページ | 2006年8月27日 - 2006年9月2日 »