« 2006年7月16日 - 2006年7月22日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »

2006.07.29

【第16節 甲府戦】

オフィシャルより

■06.07.29 [ Jリーグ第16節vsヴァンフォーレ甲府戦 ]
2006年7月29日(土)18:34キックオフ・小瀬スポーツ公園陸上競技場
試合終了
ヴァンフォーレ甲府1-1浦和レッズ
得点者:62分藤田(甲府)、75分アレックス
観衆数:17000人


「失いつつあるモノ」

引き分けとはいえ内容は完敗。相手のペースに引き込まれ、自分達のサッカーができなかった。

特に中盤の動きが冴えない。1トップの達也が勝負を仕掛けるも、それをカバーする動きが頓挫してしまい攻撃の迫力が半減してしまった。

守備も中盤でチェックしなければならないところが、ズルズルとラインを下げてしまい中盤を面白いように支配されてしまっていた。

これほどまでアウェーに限ってとはいえ相手に合わせてしまうとは・・・。アレックスの同点ゴールが最悪の事態から脱した事にただただ胸を撫で下ろすばかりだ。

2週間で4試合。疲れているのは相手も同じ。しかし疲れた選手を無理して使うのなら、先発メンバーの入れ替えさえも考えない指揮官にいささか疑問に感じる。

これからまた2週間の小休止に入る。おそらく中断後は怪我で戦線を離脱したワシントンやポンテも帰ってくるだろう。そうなると指揮官はどう動いてくるのか・・・。

前レッズ社長で現Jリーグ専務理事の犬飼氏は「レッズのサッカーは楽しくて面白くなければならない」というような話をしたことがあった。

もちろんFWが得点しDFがしっかり守って勝利する試合はもちろん楽しい。しかし今はレッズからはリアリティー溢れ、どきどきわくわくするようなサッカーが見えてこない・・・。

FWが相手DFと勝負する。そしてその選手中盤の選手がをフォローするため後ろから追い越さんばかりに前に飛び出す。中盤でしつこいぐらいに相手を追い込んでボールを奪う。DFが体を張ってシュートを阻止する。GKがわずかな差のシュートを手の平で跳ね返す・・・。そのようなキモチがレッズのサッカーから失いつつあるように思える。

そんな想いをスタジアム全体が沸き返る小瀬のスタジアムで感じた・・・。

怪我人が戻ってくることでレッズのサッカーは変わるのか・・・。まずはその行く先を見守って行きたい。

Imgp5000Imgp5004Imgp5009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.28

第16節 甲府戦プレビュー

明日は小瀬スポーツ公園陸上競技場にのりこみ、ヴァンフォーレ甲府と対戦する。小瀬での対戦はJ2時代以来ということで6年ぶりとなる。

甲府は現在5勝2分8敗の勝点17で第13位。決して大崩れをしているわけではなく、エースFWバレーを中心に攻撃的なサッカーを展開し、J1初参戦にしてはまずまずの成績である。再開後も2勝1敗と好スタートを切った。

一方のレッズは前節大分に辛勝。試合は終始大分に押されて苦しい展開だったが、達也のゴールで何とか試合をモノにした。

レッズのシステムは達也の1トップ。やはり周りのフォローがないと苦しい。彼だけでも打開できる力はあるが、そうそう頼ってばかりもいられない。しかもフォローがあればこそ達也の突破力は生きると思う。

前節出場停止だった山田はシャドーでの起用が予想される。まずは先制点が大切だと思う。

リーグ戦再開後は新潟に痛い星を落としたものの、その後連勝し2勝1敗。それだけに連戦最後となる甲府戦はとても重要だ。特に今季3敗はすべてアウェーという事を考えると油断はできない。アウェーだとどうしても試合への入り方が難しくなるだろうが、恐れることなく前へ前へ進んでほしいところだ。

甲府盆地での暑い闘い。いくらナイトゲームとはいえどその暑さは予想し得ない。選手達も自分達もいろんな意味で苦しい試合が予想される。


4連戦の最後のゲーム。キモチをさらに上げて、勝点3奪取へ彼等共に貪欲に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.27

女子代表-アジアカップ

う~ん、残念でした。やはりオーストラリアは同じアジアに入ると、レベルが上がりますね。

なでしこ、豪州に敗れる 3位決定戦でW杯目指す(スポーツナビ)

でも次勝てばW杯出場が決まる試合。気持ちを切り替えて頑張って欲しいですね。

3位決定戦の相手は北朝鮮。そういえば・・・

北朝鮮GKが退場処分 サッカーの女子アジア杯(スポーツナビ)

いやはや恐ろしいものです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.26

【第15節 大分戦】

オフィシャルより

■06.07.26 [ Jリーグ第15節vs大分トリニータ戦 ]
2006年7月26日(水)19:04キックオフ・駒場スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-0大分トリニータ
得点者:78分田中
観客数:16,040人


「厳しい闘いを征する事」

苦しい試合だった。

シャムスカマジックというより、自らの選手間のサポートのなさから生じた数々のピンチ。GK山岸が水際で防いだものの、中盤でボールが奪えずこのまま終わってしまうのか・・・という思いが頭をよぎった。

そんな中、我らがエースである達也は仕事をこなしてくれた。サポートの少ない状況で一瞬のチャンスをモノにする・・・。まだ復帰直後であるのに恐れずに前を向いてプレーできるのは頼もしい。

力関係や順位ほど楽に勝てる試合なんかはない。相手は勝ちにいこうと必死に挑んでくる。それだけ今後はこういう難しい試合が多くなるだろう。

選手達もそうだが自分達もまずキモチで負けちゃいけない。厳しい闘いを征するほど、勝利の充実感はより高くなる。

そんなタイトな闘いもとりあえずあと1試合。キモチ落とさずに闘っていこう。

Imgp4934Imgp4950Imgp4956

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.25

第15節 大分戦プレビュー

明日はホーム駒場スタジアムに大分トリニータをむかえる。

大分は前節ホームで新潟に4-0と圧勝。これでリーグ戦4連勝を飾り、順位を6位に上げてきた。

昨年途中、降格の危機にあった頃、大分はシャムスカ氏を監督に迎え、あっという間に危機的状況を脱した。そうシャムスカ体制の初戦は他でもないレッズだった。そこから彼のマジックがはじまった・・・。

そして今シーズン。エースのマグノアウベスを手放すものの、高松や外国人のエジミウソンを中心に基礎からチームを作り上げてきた。今はその途上であり、レッズ戦はその試金石となるであろう。

特に注意したいのは、エジミウソンとトゥーリオの両ボランチの飛び出し。中盤を捕まえることによって前線へのパスの供給が止まるだけにその心臓部はなんとしても止めたいところだ。

一方のレッズは前節川崎に勝利し、首位から引きずりおろした。しかしその代償は重く、キャプテン山田が退場により今節は出場停止。前線へのタメとなる選手の欠場だけにやや不安だ。

けれど10人での選手達の集中力はとてつもなく大きかった。前線は達也がかき回していたが、中盤をしっかり固めることによって相手との間合いをしっかりと取ることができ、相手によりプレッシャーを掛けることができた。

再開後の新潟戦では、集中力に欠いたところがあったせいか中盤のボールコントロールがいまひとつだった。しかし前節のようにしっかり選手達が走り、分厚く中盤を制圧すれば問題ない。何よりもボールをキープしている選手へのケアは怠ってはならない。そして走らなければ何も始まらない。

再開後の試合もこれで3試合目。2週連続でミッドウィークの試合が続くせいか、選手達の疲労は大きいと思う。

しかし川崎戦の快勝がフロックで終らないためにも、まずはしっかりと選手間でお互いをサポートし合い、試合を進めていかなければならない。個々が動いてもチーム全体が動かなければ意味はない。

そして自分達も、常に“目の前の敵を倒す”という強いキモチで、彼等と共に闘っていかなければならない。

昨年は大分相手に2戦2敗という厳しい結果だった。その悔しい思いもある。何よりも勝ちたいキモチを高く持って、気負いなく試合に臨んでいきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駒場前日朝7時

おはようございます。

どんよりとした空で雨上がりのなか、かなりの湿気を感じる朝です。

200607250648000_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.24

ナビスコカップ準決勝ドローイング

もう関係ないんですが、何だかやっていたようで・・・(笑)。

現時点での地力からいくと川崎と鹿島が有利ですが、H&Aの勝負ですからどうなるかわかりませんね~。

アウェーゴールルールもありますしね。

ナビスコカップ準決勝組み合わせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.23

下位からの逆襲

今宵はJ1リーグ第14節の残り2試合(横浜-福岡京都-清水)が行なわれました。ちなみに福岡と京都はともに16位、17位と下位に甘んじています。

結果は、福岡はアウェーで横浜相手にスコアレスドローでしたが、貴重な勝点1を獲得。

一方の京都はホームで清水相手に先制し同点に追いつかれるものの、ロスタイムに勝ち越しを決め、久々の勝点3を獲得しました。

まだ早い話ですが、これでJ1残留争いもやや底上げされ、下位は団子状態になってきました。

J1順位表(第14節終了時)

まだまだ先は長いですが、下位のクラブは何とかして勝点を積み重ねていきたいところ。そう考えると下位との対戦は決して甘く見てはいけません。レッズも何度となく足下をすくわれたことか・・・。

200607232051000200607232051001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月16日 - 2006年7月22日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »