« 2006年7月9日 - 2006年7月15日 | トップページ | 2006年7月23日 - 2006年7月29日 »

2006.07.22

【第14節 川崎戦】

オフィシャルより

■06.07.22 [ Jリーグ第14節vs川崎フロンターレ戦 ]
2006年7月22日(土)19:04キックオフ・等々力陸上競技場
試合結果
川崎フロンターレ0-2浦和レッズ
得点者:30分田中、76分永井
観衆数:23,005人


「みんなの“勝ちたいキモチ”」

試合終了後、川崎の関塚監督は会見でこう語った・・・。

「1試合を通して浦和さんの方が勝ちたいという気持ちが出ていた試合だったんじゃないかと思います。」

・・・これがこの試合のすべてだったと思う。

もちろん達也のゴールも素晴らしかったし、山田の退場後の選手全員の気迫溢れるプレスも素晴らしかった。

でもそれはそういう事以前に“勝つキモチ”が出ていたからこそ、10人であっても無失点で凌ぎ、首位相手に勝ち点3をもぎ取った結果である。

新潟戦以上に選手達は走り、相手のスペースを埋め、体を張ってシュートコースを消した。それだけでも相手の心理は大きく左右される。1人少なかろうが対面でプレッシャーを掛ければ相手は慌てる。

この試合は技術うんぬんよりもメンタル面での闘いだったように思える。新潟戦ではあのスタジアムの雰囲気に巻き込まれて敗れた・・・。ゆえにこの勝利は大きい事だろう。

勝ちたいキモチ・・・それは選手達もそうだが、自分達も決して忘れてはいけない。川崎戦の結果だけに満足することなくキモチを持続させて、水曜日の駒場に臨みたい。

Imgp4901Imgp4913Imgp4914

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.07.21

第14節 川崎戦プレビュー

明日はアウェー等々力陸上競技場にのりこんで、川崎フロンターレと対戦する。

川崎は現在9勝3分1敗の勝点30で首位。特に前節は苦手鹿島相手にアウェーで4-2と完勝した。

中断中は中盤の要だったマルクスが移籍し、その穴に不安視されていたが、新外国人選手のマギヌンをはじめ他の選手達がその穴をカバーするようになり決して大きなマイナスにはならなかった。

FWの選手達も脅威だが、やはり川崎の強みは攻撃的なボランチに起因するだろう。特に谷口と中村の両ボランチはその守備位置にありながら、どんどん前線に飛び出してきている。結果的にそれが結果に表れているだけに選手達は自信を持って攻撃を組み立てる事ができる。

一方のレッズは再開初戦のアウェー新潟戦を1-2で落とした。要因は試合の入り方のマズさ。結果的にスキを生んでしまいつまらないミスから失点を許した。攻撃もチャンスメイクまで行くも最後が決まらず山田のミドルシュートのみの得点だった。終始選手達の勢いを感じられず、前線や中盤からのプレスも効かなかったのは、あまりにも辛い。

今節は長谷部が復帰。ポイントは長谷部と前節から復帰した達也の起用方法であろう。

前節、永井との2トップだろうと予想していたが、ふたを開けてみたら達也の1トップ。永井は山田との2シャドーだった。しかし永井は終始中盤を上下するだけで決して前線に顔を出すという感じではなかった。達也も最後は彼らしい動きをしていたが、相手DFの枚数をかけた守備にてこずり、決して彼をフォローする動きは見られなかった。

長谷部はおそらく従来のボランチ起用が予想される。あとは達也のフォローが重要だ。彼はワシントンとは違う。それにまだ怪我上がりを考えるとどうしてもフォローが必要だ。川崎のように2列目3列目からの飛び出しがないとただ潰されるだけだ。


レッズにとって等々力は因縁の場所。そして川崎は因縁の相手。最近ではナビスコカップ準々決勝で夢破れたのは記憶に新しい。相手が強敵なのは重々承知だ。それにうちは決して強くない。リーグ戦の3敗全てがアウェーだという事を考えるとそれもうなずける。

明日は今後を考えると決して落とせない試合。上にいるチームにこれ以上離されてはいけない。

6月に等々力で落としてしまった「忘れ物」は取り返さなければならない。それは選手達も自分達もわかっている事。だからこそ自分達は何をすべきか・・・。

勝つために勝たせるために・・・明日もキモチ上げて闘っていくしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.20

新潟遠征あれこれ

実は今回の遠征、本当は列車で行こうと計画を立てていました。

しかし、翌日はどうしても仕事に行かなければならない。列車(ムーンライトえちご)だと帰りは夜が明けてからになる・・・などいろいろ不都合な面もあったので、いくら到着が遅くても家で寝られれば・・・ということでバスツアーを色々と探してみました。

でその結果、今回は「浦和レッズのアウェーゲームにいこう!!」で紹介のあった「ビックベル」のバスツアーに参加しました。というわけで事前に買っておいた「ムーンライトえちご」の指定席券はキャンセルしました。

出発当日のこの日、関東地方は土砂降りの雨。集合は朝8時に南浦和駅ということで、ラッシュの中武蔵野線に乗り南浦和へ向かいます。

集合場所の南浦和駅西口は、自分が参加するバスツアーのほかに、有志の応援ツアーのバスが何台も止まってました。

みんな揃っていざ新潟へ出発!!
Imgp4849





国道463号を抜け、所沢ICから関越道へ。途中三芳PA、谷川岳PAと休憩していきます。雨はまだまだ降り続いていました~。
Imgp4851Imgp4853Imgp4855





関越トンネルを抜けると、雨は止んで所々から青空が見えてきました。そうこうしているうちにバスは越後川口SAへ。ここで昼食休憩です。
Imgp4856Imgp4857





ここで食べたのは「もち豚丼(?)」(名前忘れました~)とやらの丼物。塩ダレが効いてておいしかったですね~。食後はサービスエリアの高台から信濃川を望みます。雨上がりのせいか水量は多かったです。
Imgp4858Imgp4859Imgp4860





ところでここで面白いお土産を発見。「サドガシマン」とはなんぞや?と思っていたら、ここにありました。う~んいわゆるローカルヒーローなんですね~。
Imgp4862_1





その後バスは順調に関越道から北陸道へ進み、14:00に新潟駅に到着。ここで30分ばかり買い出しの時間がありました。スタジアムの食事情を考えて少し買い込みました。
Imgp4865





実はこの時、新潟駅でこの日運行予定の「ムーンライトえちご」が大雨の影響で運休した事を知りました。キャンセルしてよかった・・・。

買出しを終え、新潟スタジアムに14:40に到着。すでに天気はピーカン!!蒸し暑いです。・・・となるとさっそく新潟駅で買い込んだエチゴビールと鮭の押寿司でひとまず腹ごしらえ!!
Imgp4866_1Imgp4867_1Imgp4870





16:30開場。昨年最終節ほどではありませんでしたが、平日でしかもアウェーにも関わらずたくさんのレッズサポでアウェー側スタンドは埋まりました。
Imgp4874Imgp4875_1





試合終了後は、そそくさとバスに戻って21:30にはスタジアムを出発。途中関越道の越後川口SA、上里SAで休憩をしたのち、川越ICから大宮駅、浦和駅と順々にサポーターを降ろしていきます。
Imgp4883_1Imgp4887Imgp4888





自分は最後の南浦和駅で下車。時間はすでに午前3時を回っていました。

そこからタクシーに乗り換え、わずか10分少々で自宅に到着。寝たのは4時頃でしたかね・・・。

まあ翌日はそんなに体に影響はありませんでしたが、負けた事によるストレスは多少あったかな・・・(笑)。

というわけで俺お疲れ&ツアー参加者の皆さんお疲れでした!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.19

【第13節 新潟戦】

オフィシャルより

■06.07.19 [ Jリーグ第13節vsアルビレックス新潟戦 ]
2006年7月19日(水)19:00キックオフ・新潟スタジアム
試合結果
アルビレックス新潟2-1浦和レッズ
得点者
12分エジミウソン(新潟)、70分シルビーニョ(新潟)、85分山田
観客数:38,592人


「流れを掴むこと」

今季レッズがここまでのリーグ戦で敗戦を喫した2敗はいずれもアウェーでの試合。今日の1敗も今までの敗戦と同様、試合への入り方がよくなかった。

とかく終始ホーム新潟にペースを握られてしまってはどうしようもない。チャンスメイクはあったとしても、二の矢三の矢が続かない。

こういう流れになってしまうとなかなか厳しいもの。後半も出だしは良かったが、流れに乗れないまま2失点目を喫した。

ゴールをがっちり守られた相手にはミドルシュートが有効だかそれも効いたのは山田の一発のみ・・・。最後まで流れはレッズに傾かなかった。

ただし明るいきざしもある。久々に復帰した達也はフルタイム出場したが決して動きは悪くなかった。あとは時間の問題だろう。

とにかくもう3日後には次の試合がやってくる。下を向いている余裕はない。キモチ切り替えてまた闘うしかない・・・。

Imgp4875Imgp4877Imgp4883

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.18

第13節 新潟戦プレビュー

いよいよ約2ヶ月半ぶりのリーグ戦の再開。明日は新潟スタジアムビックスワンにのりこみ、アルビレックス新潟と対戦する。

新潟は現在6勝2分4敗の勝ち点20で第6位。開幕戦こそ川崎相手に6失点と守備の不安が露呈した形になってしまったが、それ以降の11試合を13失点とまずまずの成績で乗り切った。

中断明けからは、怪我で戦列を離れていたFWエジミウソンが復帰と明るい材料が揃うが、戦術的には大きな変化はなく、序盤戦からのレベルアップが中断期間中の課題だったようだ。それゆえベースがしっかりしているだけに気をつけたい。

一方のレッズは現在勝ち点26の第2位。中断期間中はドイツで合宿を行った。しかし仕上げの練習試合でFWワシントンが怪我、またMFポンテもキャンプ中に古傷を再発し、今月4試合の欠場が決まった。

しかし明るい材料もある。昨年試合中に大怪我を負った田中達也の復帰である。それにより前線が1トップから2トップに変わる模様だ。

過度な期待をするのは禁物だというのはよくわかっている。それに彼にとっては出場する事は通過点に過ぎない。ゴールを奪う事そして勝ちに貢献する事が何よりも復活への足がかりなはずである。


明日からまた長い長い闘いが始まる。特に今月は週2回の試合が続き、計4試合と再開早々ハードな日程が続く。

中断直前はナビスコカップで川崎に敗れ、モヤモヤとした気持ちのまま中断に入った。それだけに赤い奴らに懸ける期待はとてつもなく大きいし、また奴らと共に闘えるのがとてつもなく楽しみである。

まずは1戦1戦目の前の敵を倒すだけ・・・その事に集中して選手達と共にキモチ上げて闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.17

J再開へ向けて

待ちに待ったJリーグ再開。

年がら年中、世界のどこかでサッカーをやっていたとしても、自分のサポートするクラブの試合ほど楽しみにしているものはない。

スタジアムに流れる音楽、そしてサポーターが歌い上げるチャント・・・その1つ1つが耳の奥に未だにこだまする。

また試合に声をあげ、手を叩く日々が帰ってくる・・・。

自分の好きなクラブを酒の肴に愚痴を走る日々が帰ってくる・・・。

そしてチャンピオンの証である「シャーレ」を選手達と共に手に入れるまで、また溺れた堕落な日々が帰ってくる・・・。

Cup1_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.07.16

ヒートアップJ2 第28節

J2リーグも折り返しを過ぎ、後半戦に入りました。

日曜の夜は5試合。なかなか勝ちが続かない柏は4位の神戸と対戦しましたが、相手の退場もあって3-0と圧勝。まだまだその強さは衰えていないようです。

2位の横浜FCは試合がありませんでしたが、仙台も勝利しまだまだ順位も混沌としているようです。

第28節試合結果】 【第28節終了時順位

Imgp4844Imgp4845Imgp4846





Imgp4847Imgp4848

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月9日 - 2006年7月15日 | トップページ | 2006年7月23日 - 2006年7月29日 »