« 2006年5月28日 - 2006年6月3日 | トップページ | 2006年6月11日 - 2006年6月17日 »

2006.06.10

ワールドカップの影響

今宵はW杯2日目。さっそく“寝不足”の影響が・・・。

昨日は開幕戦を観ましたが、結局寝たのは朝4:00(笑)。もうヤバイです。リズムが狂い始めました。

今大会の試合開始は22:00、1:00、4:00と規則正しく試合が並んでいますが、22:00からの第1試合を観るのが限界かもしれないですね~。

7時間の時差を埋めるのは大変だけど、できるだけ多くの試合を観てみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.09

ワールドカップ開幕

いよいよ開幕ですね。

さきほど開会式の中継を観てましたが、近年の大会に比べてコンパクトで時間もそんなにダラダラしてなくて良かったと思います~。

あと歴代の優勝各国の選手達の入場にギドやウーべの姿がありましたね。そういう光景をみるとやはり偉大な人が浦和にきたんだぁとしみじみ思います。

このあとは眠気に負けなかったら、開幕戦まで頑張る予定。やはり今回は時差がネックですね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.08

悔しいキモチかみ締めた翌日&サッカー雑件

今宵は有志で今話題の“名古屋飯”の王道!?でもある「世界の山ちゃん」へ。

え~え~、ひたすら手羽にかぶりつきましたさ(笑)。

今回の参加メンバーはみんな浦和関係ではありませんでしたが、自分自身悔しい思いをした後は、こうして飲んで食べないとやってられませんね~。

いろいろと手配してくれたKさんTHANKS!!

Nec_0001





店が地下だったせいか、この日のナビスコの結果は店を出てから知った訳ですよ。

横浜FM、鹿島、千葉が勝ちぬけね・・・ふ~ん・・・。

・・・やっぱ悔しいねぇ・・・。


で、その直後に磐田の山本監督が辞任した事を知りました。Jリーグでおそらく初めての“執行役員監督”ですし、就任時から「5億円大型補強」で話題に上り、その成り行きを見ていましたが、あまり効果はありませんでしたね~。

そういえば湘南の上田監督も辞任ですし、ここにきて急に各クラブの人事が慌しくなってきたような気がします。

いよいよワールドカップも開幕。でも日本ではJ2も真っ最中ですし、なでしこリーグもあるので、機会があれば観に行きたいですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.07

【ナビスコカップ準々決勝第2戦 川崎戦】

オフィシャルより

■06.06.07 [ ヤマザキナビスコカップ準々決勝、第2戦vs川崎フロンターレ ]
2006年6月7日(水)19:00キックオフ・等々力陸上競技場
試合結果
浦和レッズ1-2川崎フロンターレ
得点者:12分我那覇(川崎)、31分ワシントン(PK)、53分ジュニーニョ(川崎)
観客数:16,342人


「実力ゆえの敗戦」

明らかに土曜日とは動きが違っていた。駒場で自由に動き回っていた選手達の動きが鈍い。やはりこれもアウェーの影響なのか・・・。

早い時間に失点を許してからは、常に劣勢な展開が続く。PKで追いつくものの得点の匂いがまったく感じられなかった。

後半早々に左右から攻撃を仕掛け、何度もチャンスがあったものの決定機に決められず、逆に簡単なミスから失点を許してしまった。

相手の攻撃を恐れすぎて、なかなか押し上げられなかったのはしょうがないことなのか・・・。いくらエースが前線で踏ん張っていても後方からのフォローが少ないとどうしようもない。今季はそのような場面が幾度となく見られる。

代表勢がいないとは言うものの、層が厚いだけに勝たなくては全く意味がない。現に予選リーグはその戦力で戦ってきたのだから、今日は全くもって完敗であった。

幸い川崎とはまだリーグ戦での対戦を2回残している。借りを返すチャンスがまだ残っている。

ひとまずこれで約1ヶ月の中断に入る。選手達は疲れた体を癒し、ドイツ合宿で戦力を建て直す。自分達サポータも中断期間中は英気を養って、キモチを切り替えてリーグ戦にベクトルを向けていこう。

Imgp4765Imgp4767Imgp4769

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.06

ナビスコ準々決勝第2戦 川崎戦プレビュー

明日は準々決勝第2戦、アウェー等々力陸上競技場に乗り込んで、川崎フロンターレと対戦する。

第1戦は4-3と壮絶な打ち合いの試合。3失点と川崎の分厚くそして早い攻撃に圧倒されてしまった。それからわずか4日後の対戦となる。

川崎は中盤から前線へのボールの受け渡しが早い。ボランチの中村や谷口からのパスコースは豊富だ。特に初戦でやられた左のマルコンからの攻撃、そして2列目からスルスルと出てくるマルクスに注意したい。

一方のレッズはエースワシントンが4得点と圧倒したが、やはり周りのサポートが必須だ。3得点がサイドからの攻撃が起点となっているだけに徹底的に仕掛けるのもいいだろう。しかしチャンスがあればどんどんシュートを放つことも大事だと思う。まずは先取点を奪うことが重要だ。

レッズは初戦を獲ってアドバンテージがあるものの、そういう余裕はあまりない。引き分けでも勝ち進むことができるが、変なことは考える必要はない。とにかく勝つことそして勝たせることだけを考えればいい。

残り90分間、またキモチ上げて選手達と共に闘って次のステージに進んでいこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.05

啓太の決意

鈴木啓太オフィシャルサイト

応援してくださっている皆さまへ

サッカー選手にとって海外クラブからのオファーは、自分の実力を認めてくれた証拠にもなる大変光栄な事。

本来なら喜んで行くべきところであるが、しかし啓太はそれを断ってまでレッズを選択してくれた。

彼の力はサポーターみんなが認めている。彼が不在だった試合はどれだけ苦しかったことか・・・。

啓太の夢はまだまだ果てしなく続く。まずはレッズで“夢”を実現させるために共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.04

日本-マルタ戦

う~ん・・・昨日のレッズの試合を観たあとだと、あまりにも物足りない試合・・・。

先日のドイツ戦から比べると勢いがないというか、動きが重かったように感じました。でもマルタって何気に地力はありましたよね。

まぁ代表は明日は1日オフということもあり、きっと疲れがピークだったんでしょうね・・・とフォローしておきます(笑)。

日本-マルタ 試合詳細】(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月28日 - 2006年6月3日 | トップページ | 2006年6月11日 - 2006年6月17日 »