« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »

2006.06.03

【ナビスコカップ準々決勝第1戦 川崎戦】

オフィシャルより

■06.06.03 [ ヤマザキナビスコカップ準々決勝、第1戦vs川崎フロンターレ ]
2006年6月3日(土)15:05キックオフ・駒場スタジアム
試合結果
浦和レッズ4-3川崎フロンターレ
得点者:9分・49分・68分・73分ワシントン、18分ジュニーニョ(川崎)、32分中村(川崎)、63分マルクス(川崎)
観客数:19,292人


「俺たちの駒場スタジアム」

川崎の攻撃力に圧倒され勝ち越しを許してしまった5分後の後半23分、ボールが永井→平川と右サイドを突き抜けていく。

平川からの折り返したボールに対し、ワシントンが流し込んで同点に追いついた時、駒場のボルテージは一気に上がった。そしてそこから逆転への時間はそう長くはかからなかった・・・。

エースワシントンの4得点。圧巻だったがそれ以上に、他の選手達の彼への献身的なフォローがあったからこその4得点だと思う。

そして何より久々のウィークエンドの駒場。そこで創り出されたスタジアム全体の雰囲気が、多少なりともこの第1戦の勝利に込められていたのだと思う。

後半90分間の闘いは、7日の水曜日に場所を等々力に替えてその幕が再度開かれる。アウェーなるが臆することはない。あの駒場の雰囲気を再び創り出していけばいい事だ。

“アウェーゴール”ルールがいろんな所で言われているが関係ない。勝ったら決まりで負けたら終わり、わかりやすいことだ。引き分けなど細かいことは考えなくていい。水曜日に持っていくキモチはただ1つ・・・。

目の前の敵を倒すこと、そして勝つことだけだ・・・。

Imgp4724Imgp4731Imgp4739

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.06.02

ナビスコ準々決勝第1戦 川崎戦プレビュー

いよいよナビスコカップも決勝トーナメントに突入。明日はホーム駒場スタジアムに川崎フロンターレをむかえる。

川崎はリーグ戦でもナビスコカップ予選リーグでも首位。特に今季も定評のある得点力が際立っている。また守備も昨年に比べ強化しており、リーグ戦ではレッズに次いで2番目に低い数字で、試合を重ねるごとに選手達や指揮官が自信をつけているように感じる。また昨年はレッズ相手に3戦とも勝てなかっただけにモチベーションは高い。

一方のレッズもリーグ戦では川崎に次いで2位と昨年に比べいいスタートを切った。ナビスコカップ予選リーグも5勝1分と主力が相次いで離脱する中、危なげなく首位で通過した。

準々決勝はW杯で代表に選ばれた小野・三都主・坪井が離脱。しかしその代わりとなる選手達の調子はいいようだ。特に先日の横浜戦で今季初ゴールを挙げた相馬や怪我で戦列を離れていたポンテ、そしてレッズのキーマンとなる啓太に期待したい。

川崎はスピードがあるチームだけにDFはその対応に苦しむと思う。また今季からアウェーゴールが試合の流れを左右することから、無用な失点は避けたいところ。それだけに選手達の守備への意識の高さが今まで以上に要求される事だろう。

短期間のH&Aでの闘い。初戦はホームだけにそして駒場だけにとても重要だ。特に川崎は今季あまりプレッシャーを感じる試合はあまりないように感じる。それだけにホームで相手を上回る雰囲気を作り上げ相手を圧倒させることも大事だと思う。

まずは勝つこと勝たせること。キモチを上げて奮い立たせ選手達と共に闘っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駒場前日朝7時

おはようございます。

スタジアムを囲む緑が、日に日に濃くなってくるのを肌で感じられる気持ちのいい朝です。

200606020649000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.01

新ルール「アウェーゴール」を考える

さて、今週末からナビスコカップ準々決勝が始まるわけですが、今年決勝トーナメントから、H&A2戦合計で同じ勝ち数でかつ得失点差が同じ場合、アウェーゴール数のルールを採用する事になりました。

下は今年のナビスコカップの準々決勝と準決勝の大会実施概要です。

・90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。各回戦の勝者は2試合の勝利数が多いチームとする。勝利数が同じ場合は、次の順によって決定する。

   1.2試合の得失点差
   2.2試合におけるアウェイゴール数
   3.第2戦終了時に30分間(前後半各15分)の延長戦
   4.PK方式


ということで、「1」の条件を踏まえつつということになると、どういう状況が想定されるでしょうか?

文章ではわかりづらいですが例えば・・・、
第1戦でホームのクラブ“A”が0-1でアウェーのクラブ“B”に敗れたとします。しかし第2戦では、今度はアウェーのクラブ“A”が2-1でホームのクラブ“B”に勝ちました。

1勝1敗で、かつ2試合の得失点差はなしということで、アウェーゴール数を比較すると、“A”が“B”より1ゴール多いので、クラブ“A”がこのステージの勝利ということになります。

もちろんこのほかに色々想定されるパターンはありますが、割愛という事で。

欧州サッカーをご覧になられる方はこういうルールはよく御存知でしょうが、日本ではなかなかなじみがありません。それだけホームゲームの重要性というのが、初めてJリーグの舞台で問われる事になります。

土曜日、レッズはホーム駒場で準々決勝の初戦を迎えます。勝つに越した事はありませんが、まず相手川崎を無失点に押さえる事が重要だと思います。ホームでの1失点がとても大きい事を自分達も知らなくてはいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.31

日本-ドイツ戦

えぇえぇAM3時に起きると書いておきながら、結局5時30分まで眠りこけてしまったとろさーもんです。

この試合について、“結果”より“内容重視”として考えるならば、いい意味で良かったのではないでしょうか。

やはりスコア2-0というのは一番危険ですね~。2点獲られた後のスタジアムの雰囲気は、中継を見る限り異様でしたから、本当はドイツにしてみれば日本は調整相手に持って来いだと思ったのでしょう。しかし逆にやられてしまった感がアリアリと感じ取れました。

日本はやはり守備、特にサイドからの攻撃に対してはまだまだ不安ですね。同組の3チームはそこを徹底的に突いてくるでしょうから、きちんと修正をして本番に臨んで欲しいです。

テレビを見てると、テストマッチにもかかわらず「絶対に負けられない戦い」とか試合が終っても「勝てた試合だった」という超ポジティブな意見が、実況や解説者などコメンテーターの皆さんから出ていたようですね・・・。

あくまで本番に向けてのテストマッチ。今からこんなテンションじゃW杯本番が心配ですわ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.30

達也復活ゴール!!

今日は埼スタの第2Gで教育リーグが行なわれ、離脱していた達也がゴールを決めたそうです。

■06.05.30 [ 教育リーグ ] (レッズオフィシャル)
本日行われました、教育リーグの結果をお知らせします。

5月30日(火)15:00キックオフ(埼スタ第2G)
浦和レッズ1-3(前半1-0)東京ヴェルディ1969
メンバー
GK:加藤
DF:坂本、近藤、南
MF:大山(64分→新井)、千島、中村、赤星、西澤
FW:横山(64分→小池)、田中(32分→エスクデロ)

<得点>24分田中、55分56分78分ヴェルディ


ようやく復帰への足がかりがみえてきましたね。でも見に行った仲間によれば動きはまだまだとの事。

まあまだリーグ戦再開まで1カ月半あるし、あせらずじっくりと段階を踏んでほしいものです。


で、いよいよ明日の朝、代表は開催国ドイツとの親善試合。坪井と三都主が先発のようですね~。

しかしオフィシャルによると試合開始は日本時間3時半のようですが、肝心のテレビ朝日の中継開始は4時半・・・。これって1時間ディレイ中継なのかしら???

まあ起きれたら3時半にPCの前にスタンバってましょうかね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.29

プレイヤーと装身具

W杯開幕まであと2週間をきって、それなりに盛り上がってきましたね~。

というわけで今宵はこの話題から・・・。

試合中の装身具着用に対する対応について(Jリーグ)

 2006年2月1日(水)に、日本サッカー協会より、競技規則第4条 「競技者の用具(装身具の着用)」に関して「装身具着用については、国内の全ての競技会において2006年シーズンより『競技規則』第4条を遵守し、競技者の安全のために、一切の装身具の着用を禁止し、装身具を覆うテープの使用も不可とする。」通達がありました。
 本通達を受け、昨シーズンまでJリーグでは、結婚指輪など物理的に、また宗教上の理由でどうしても外すことができないものについてはテーピングなどで覆うことが認められていましたが、今シーズンよりテーピングで覆うことは認められず、競技者は全ての装身具を外すことが義務付けられていました。
 通達後もJリーグではルール講習会や通達文書などを通じ、各クラブに対し競技規則遵守の徹底を要請してきましたが、装身具を着用して試合に臨もうとする選手が後を絶たないため、2006年6月1日(木)より、試合中に装身具を着用している選手については、下記の通り現状の国際サッカー連盟(FIFA)およびアジアサッカー連盟(AFC)と同様に『反スポーツ的行為』として警告処分とすることとしました。


というか、この規則って2月に定められたのに、全然徹底されていなかったんですね~。

よく試合前に、審判がスパイクとかユニフォームとかチェックしていますよね。でもあまり装飾は見ていなかったんでしょうか・・・。

まあこうやって規則が厳しくなるんですから、選手の皆様には遵守してもらうしかないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.28

第73回日本ダービー

今日の日本ダービーの結果はこちら。メイショウサムソン号、2冠達成しました。

ちなみにオイラは2着になった6番のアドマイヤメインを軸に馬単と3連単を買いました。

結果は馬単は当たったものの、3連単重視だったので“当たり損”でした・・・(笑)。

まあこんなもんです。でもここ最近オイラの予想の出来が悪かったので、当たっただけでも喜ばないといけませんね~。

Imgp4701Imgp4708Imgp4711

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »