« 2006年5月7日 - 2006年5月13日 | トップページ | 2006年5月21日 - 2006年5月27日 »

2006.05.20

ナビスコ予選L第6節 横浜戦プレビュー

明日は、ホーム埼玉スタジアムに横浜F・マリノスをむかえて対戦する。

横浜は、予選リーグ5試合で3勝1分1敗の勝点10。先週レッズとの対戦では、先制しその後何度もチャンスメイクをするも、決定力不足が響き敗れた。

予選リーグを突破するには、勝つことが何よりの条件だ。しかしDFの要である松田や河合が相次いで出場停止。平野も怪我で今まで以上にメンバー構成に苦慮するだろう。しかしW杯最終メンバーから漏れてしまった久保や長身のハーフナー・マイクが控えており、決して見劣りはしない。

一方のレッズはすでに先週の段階で予選リーグを突破を決めた。そんな中、前節のアウェーFC東京戦は相手の力に圧倒され、良いところが見えずにスコアレスドローとなった。

やはり中盤と前線の形が“はまる時”と“そうでない時”の流れが極端なのが今のレッズの課題なのだろうか。明日は闘莉王が出場停止だが、中盤のキーとなる啓太が復帰するのが心強い。

勝敗が順位の流れに影響しない、いわゆる“消化試合”・・・。前節はまさにそれにふさわしい試合をしてしまったようだった。内容的にやられてはいたけど負けなくて良かった・・・と思ってしまうそんな試合。

しかし明日はホーム埼スタでの試合。たとえメンバーが入れ替わったとしても、すんなりと横浜に負けるわけにはいかないし、そんな試合は見たくない。

2週間後の準々決勝を見据えるためにも、選手達もそうだが自分達も最後まで共に闘って勝ちにいきたい。きっちりと勝点3を奪って、次のステップへ進みだそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼スタ前日朝7時

おはようございます。

雨上がりの朝。陽も出てきて、やや蒸し暑くなってきました。

200605200702000_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.19

レッズの相手を捜せ!!

レッズはすでにナビスコカップ予選リーグ突破を決め、決勝トーナメントに駒を進めました。ではその気になる準々決勝の相手はどこだ?という事で、チェックしてみましょう。

レッズが予選突破を決めたとしても、どのブロックに入るか・・・ということですが、現在勝ち点は13。

大会概要によると可能性があるのは「A組1位」か、仮に2位となったとしても他のグループに比べて勝ち点13を上回ることはないので、「2位の成績上位1位」のどちらかになります。

「A組1位」だと相手は「B組1位」。川崎か鹿島のどちらかになりますが、日曜日は直接対決なんですね。川崎は引き分け以上で1位。負ければ鹿島が逆転で1位になります。

「2位の成績上位1位」だと相手は「2位の成績上位2位」となりますが、これはややこしい(笑)。現実的に可能性があるのは、川崎、鹿島、千葉、清水、C大阪、磐田、大宮ぐらいでしょうか・・・。

でも明後日ホーム埼スタでズルズルレッズが負けるのも見たくないので、現時点でのレッズの準々決勝の相手は“川崎”か“鹿島”という事にしておきましょう。

しかしサッカーのこと。90分間戦ってみないと何が起こるかわかりません。すべては日曜日の17時に決まることです。

Poster2006_lfinalCup_nab1_2Cup_nab2005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.18

飛田給遠征あれこれ

午後から仕事を休んでいきましたが、「あれこれ」っていうほど話題はないです~。

なので、今回は“手抜き”を言われそうですが(笑)、写真を並べてみました。

Imgp4633Imgp4636Imgp4639





Imgp4640Imgp4642Imgp4656





まあ~そういうことで・・・(笑)、帰りは味スタから京王線西調布まで歩いて、西調布→分倍河原→府中本町→東川口というルートでかえりましたとさ。雨の中俺お疲れでした!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.17

【ナビスコカップ予選L第5節 FC東京戦】

オフィシャルより

■06.05.17 [ ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第5戦vsFC東京戦 ]
2006年5月17日(水)19:00キックオフ・味の素スタジアム
試合結果
FC東京0-0浦和レッズ
観客数:19,098人


「指揮官の思いとはウラハラに・・・」

「我々は、既に予選突破が決まっていたのだが、今日はどうしても勝ちたかった。というのもグループリーグをトップで通過したいと思っているからだ。」

そう言ったのは、試合後の監督のコメント。少しは手を加えてくるのかと思っていたが、ほぼレギュラーメンバーでの勝ち点3を狙っていたようだ。

ギドは選手達の試合振りには満足していたようだが、決してそうとは思えない。わずか3日前に横浜と激闘した。そこで予選突破を決め、少なからずレギュラーの選手達には“余裕”があったのかもしれない。それがこの試合には悪いほうへ出てしまった。

啓太が欠場だったせいもあるが、ボールが全く捕らえきれていなかった。予選敗退がすでに決まっていたFC東京の開き直った攻撃にズルズルとラインが下がってしまい。DF陣の踏ん張りとGK山岸の好セーブに何度か助けられた。

勝てなかったのは正直悔しいが、そういう事を考えると、今宵の引き分け妥当・・・いや負けなかった事が良かったのかもしれない。

予選リーグ最終節は日曜日開催。ということは中3日での試合となる。今節はDF闘莉王が累積での出場停止となる。

レギュラーメンバーでしかもほぼフルタイムで闘った選手達の疲労が気になる。またその場合、代わりとなるメンバー構成もとても気になる。

この消化試合ぎみの中での、“スコアレスドロー”をどのように評価するか・・・。その答えは横浜戦の終了後にすべてわかるだろう。

Imgp4641Imgp4645Imgp4654

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.16

ナビスコ予選L第5節 FC東京戦プレビュー

明日は味の素スタジアムにのりこんで、FC東京と対戦する。

FC東京は、予選リーグ4戦全敗で早々に予選敗退が決まった。前節福岡戦も押し気味に試合を進めていたようだが、カウンター一発で沈んでしまった。

残り2試合のモチベーションが心配であるが、敵将ガーロ監督はメンバーを入れ替えることも示唆しており、構成はわからない。しかし中断前最後のホームでは負けられないところであろうし、またW杯メンバーから漏れた茂庭のスタメン起用が予想されるので気をつけたいところだ。

一方のレッズは前節横浜相手に逆転勝ち、4戦全勝で決勝トーナメント進出を決めた。代表不在やポンテの負傷でメンバー構成が難しかったが、勝てたことは大きかった。

こちらも残り2試合のモチベーションが心配であるが、バックアップメンバーのさらなる奮起に期待したい。起用されるのなら特に黒部や相馬、また若手ではエスクデロや横山のプレーに注目したい。そして何といっても長谷部だろう。

早々に予選突破を決め、自分達サポーターもやや落ち着いてしまったところがあるのではないか。しかしまだまだ“レッズの試合”は続く。

こういう機会だからこそ選手起用が楽しみな面もあるが、まずは誰がピッチに立とうが、勝つことそして勝たせることが大事だと思う。

90分間サポートするために、緩んだキモチを上げなおして、また選手達と共に闘っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.15

横浜遠征あれこれ【第2弾】

3月に続いて今季2度目の横浜遠征でした。

前回は武蔵野線→京浜東北線→横浜線で向かいましたが、今回はルートを変えて、東川口5:37発の埼玉高速鉄道で出発。
Imgp4584Imgp4583





6:22に溜池山王着。ここで銀座線に乗り換えます。
Imgp4587Imgp4590Imgp4591





6:35渋谷到着。ここから東急東横線に乗り換え。6:46発の急行で菊名へ向かいます。
Imgp4592Imgp4593





7:11菊名着、3回目の乗り換え。横浜線に乗り換えて7:21に新横浜着。駅からは歩いてスタジアムへ向かいます。
Imgp4594Imgp4595





スタジアムへ向かう途中にレッズバス発見!!この日の朝方は雨が振ったり止んだりの中途半端な天気でした。
Imgp4597Imgp4598Imgp4599





開場後は、このカードではおなじみになった両クラブのジュニアユース同士の対戦。試合も2-0で勝って、トップの試合に勢いをつけさせてくれました~。
Imgp4601Imgp4602





試合終了後は、日曜ということもあり早々に引き上げることに・・・。
Imgp4620Imgp4615





帰りは行きと同様、新横浜→菊名→渋谷→溜池山王→東川口という途中定期券を使った“経済ルート”で戻ります。
Imgp4624Imgp4626Imgp4627





20:24東川口着。帰りのコンビ二でビールを勝って、こっそりとそしてニンマリと1人で祝勝会(笑)。
Imgp4628Imgp4630





今回は特段おいしいモノがある訳でもなく、普通の“横浜往復道中記”ということで・・・。

まぁ俺お疲れでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.14

【ナビスコカップ予選L第4節 横浜戦】

オフィシャルより

■06.05.14 [ ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第4戦vs横浜F・マリノス戦 ]
2006年5月14日(日)16:00キックオフ・日産スタジアム
試合結果
横浜F・マリノス1-2浦和レッズ
得点者:5分那須(横浜)、13分永井(浦和)、58分ワシントン(浦和)
観客数:34,310人
※予選リーグ突破、準々決勝進出決定。


「勝負を決めるワンプレー」

後半の13分、スローインされたボールが永井の足元に収まりドリブルを開始する。そしてチラリと中を見るやいなやファーサイドへ流れるようなパス。それをワシントンが難しい体勢だったが確実に押し込んだ・・・。

この日、レッズのシュートは前半1本と後半3本のわずか4本。前半早々に失点し、それ以降反撃に転じてペナルティエリア近くまでボールをキープするも、相手に阻まれシュートを打てない・・・そんな厳しい試合展開だった。

またポンテが負傷退場というアクシデントもあり、なかなか中盤でボールが収まらず、相手に押し込まれる時間帯が多かった。このような苦しい内容だったゆえに、この試合を獲ったのはとても大きい。

これで決勝トーナメントの進出が決まった。しかしまだ予選リーグは2試合ある。もちろん「消化試合」といわれる試合はない。常に相手を倒すために全力で闘うことが、選手やサポーターの90分間の義務だと思う。

勝ち点3を獲るために、そしてグループ1位で次のステージへ進むために、闘いはまだ終わらない。

Imgp4612Imgp4618Imgp4619

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年5月7日 - 2006年5月13日 | トップページ | 2006年5月21日 - 2006年5月27日 »