« 2006年1月1日 - 2006年1月7日 | トップページ | 2006年1月15日 - 2006年1月21日 »

2006.01.14

伸二浦和復帰!!

まずは、伸二の公式HPより

移籍に関して

それをうけて、レッズのオフィシャル。

■06.01.13 [ 小野伸二選手と仮契約締結のお知らせ ]
この度、浦和レッズはフェイエノールト(オランダ)のMF 小野伸二選手(26歳)と浦和レッズへの復帰について合意し、仮契約を結びました。今月末に実施するメディカルチェック終了後に正式契約となります。

小野 伸二
Shinji ONO                      
1979年9月27日生まれ  26歳
175cm  74kg 
出身地 静岡県沼津市
沼津市立今沢サッカースポーツ少年団―沼津市立今沢中学校―静岡市立(前清水市立)清水商業高校―浦和レッズ-フェイエノールト

小野 伸二選手コメント
「僕にとってどこに行っても挑戦という言葉がついてくるし、多くの人が色々なアドバイスをしてくれた。その全てを総合してレッズに決めました。とにかく、今は、レッズの一員としてみんなと顔を合わせて、一日でも早くレッズのユニホームを着てピッチの上に立ちたいです」

というわけで、とりあえず「お帰り!!」ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.01.13

さてさてどうする!?

今日はこの話題。

サウジ戦は9月1日=AFCが発表-アジア杯サッカー(時事通信)

アジア・サッカー連盟(AFC)は13日、公式サイトで、当初3月1日に予定されたアジアカップ予選A組第2戦のサウジアラビア-日本を9月1日に延期すると発表した。
 3日のアジアカップ組織委員会で、ワールドカップ(W杯)出場国が強化試合を行うための措置として延期を決定。日本は急な変更に反対の意向を示していたが、AFCは既にセルビア・モンテネグロとの親善試合を組んでいるサウジアラビアの希望を一方的に受け入れた。
 日本はW杯前の唯一の国際試合日となる3月1日に、欧州勢とアウエーで対戦する方向で調整を進めている。

ここ数日にわたって日程がどうなるか注目されていましたが、結局日本協会が折れたようですね。

でも何だか日本だけ“井の中の蛙”状態だと思ったのはオイラだけでしょうか・・・。

W杯では同じグループであるオーストラリアは、あっさりと日程を変えて強化試合を組むし、脳天気になっていると言われても仕方のないこと。

柔軟な日程変更にも対応できないという事は、一概に日本協会だけの問題とはいえませんが、すでにW杯は始まっている・・・というそんな印象が残ります。





・・・と書いていた途中に“伸二”に関しての情報が某掲示板から・・・

ってか、やっぱりマジにキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━のか??

詳しくは明日に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.12

オフですなぁ・・・

シーズン中は大概ネタに尽きることはないのですが、オフに入ってしまうとピタッと話題に欠けてしまう・・・。

新シーズンまでもう2ヶ月もないのに、そしてレッズフェスタまで3週間もないのに・・・これといってネタがない。

きっと明日になれば何か書けるネタがあるんでしょうが、今日に限っては話題が全然出てこない・・・。_| ̄|○


そんな日はね・・・

   ∧∧
  ( ・ω・)       
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/

さっさと寝るにかぎりますよ・・・zzz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.11

買わずにはいられない

昔はこの手の雑誌はよく買ってました。

しかし最近はネットで同等の情報が得られる訳で、せいぜい立ち読み程度でした。

でもレッズが天皇杯を獲ったことで、久々に買っちゃいましたよ。






サカマガとサカダイを・・・。
IMGP3407





表紙は長谷部。いい顔してますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.10

J2で闘うこと

今日はこんな記事から。

主力流出に激怒!東京Vサポ決起(スポーツニッポン)

東京Vサポーター約70人が9日、東京・稲城市の東京Vのクラブハウス前に集結し、主力選手の大量流出に対し、抗議行動を行った。J2降格が決定した11月26日柏戦後でも拍手を送った穏健派サポーターだが、ついに我慢の限界を超えた。

 朝から緊張した空気が漂っていた。あるサポーターは「(小林)大悟の移籍の話が一番ショック。もう黙っていられなかった」と言った。「戸田も相馬も主力が出て行く。もうACLは辞退してほしい」という声もあった。今月に入り相馬→浦和、戸田→広島の移籍が決定。小林大と小林慶の大宮入り、山田のC大阪入りも決定的。クラブ崩壊の危機を感じたサポーターは前日8日夕方、専用のブログを通じて集結を約束。異例の“直談判”に踏み切ったのだ。

 この日、最初につかまったのはMF小林慶だった。既に大宮への移籍が決定的。この日は荷物整理などのために偶然、クラブハウスを訪れた。当然のように囲まれ、残留を懇願された。しかし、今後に関しては「新聞の通りです」と移籍を認めるしかなかった。

 2番目は今季、古巣に復帰する都並敏史ヘッドコーチ格。現役時代「炎の左サイドバック」と呼ばれた熱い魂の持ち主は約30分もサポーターと議論をかわし「きょうはクラブ側と編成について話があった。サポーターの熱い声は聞きました」と振り返った。

 くしくもこの日、桃山学院大DF重光責葵(4年)の獲得が判明。期限付き移籍していた元日本代表でC大阪のMF広山、仙台のDF富沢の復帰も決定した。主力の大量流失に対し、ようやく来季の補強も見えてきたが…。果たして騒動は沈静するだろうか。


うちはヴェルディから“ワシントン”、“相馬”を獲得したので、何とも複雑な気持ちであるのですが・・・。

ただすでに降格が決まってから早1ヶ月、確かに来季へのビジョンが見えない状況で、選手達には不安もあったはず。しかも今年はW杯イヤー。特に代表に近い選手は、より高いステージでの活躍の場が求められます。

J2で闘うこと・・・。それはクラブを愛する事に他ならないと思う。クラブが・・・選手達が・・・そしてサポーターがどれだけ我がチームを愛するのか。それが問われる闘いだと思います。

それは5年前の2000年シーズン。レッズが初めての“J2”という舞台で選手達と共に闘ってきた中で得た、自分なりの答えです。

1年間闘っていけるだろうか・・・そんな不安と迷いがきっとヴィッセルやヴェルディ、そしてレイソルの関係者、選手、サポーターに渦巻いていると思います。

今年は例年以上に昇格への激戦が予想されるJ2。その困難に立ち向かい、這い上がってきたクラブこそより強くなると思います。


【追記】 「年末年始あれこれ」と「浦和詣で」それぞれアップしました~。お待たせしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.09

野洲サッカーの集大成

今日は高校サッカーの決勝戦でした。

野洲サッカー「日本一」 美技連発、国立の観客魅了(京都新聞)

野洲が、卓越した個人技を生かしたパスサッカーで悲願の初優勝を飾った。9日、東京の国立競技場で決勝を行い、野洲(滋賀)は延長の末に2-1で鹿児島実(鹿児島)に競り勝ち、初めて全国の頂点に立った。滋賀勢の優勝も初の快挙。
 決勝は、2大会連続で延長にもつれる熱戦となった。野洲は前半23分、ペナルティーエリア右外で得たFKをDF荒堀が頭で合わせてゴールを決め、先制。後半34分に追いつかれたが、延長の後半7分に自陣の左から大きく右中盤へサイドチェンジしたボールをMF平原とMF中川がつなぎ、最後は途中出場のFW瀧川がゴールを決め、栄冠をつかんだ。


リアルタイムでは観ていませんが、ハイライトを見た限り、「優勝するために闘う」鹿実と「サッカーを楽しむ」野洲の両校の差が出たのかなぁ~と感じました。でも白熱したいい試合だったと思います。

野洲高校の選手や関係者の皆さん、おめでとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.08

浦和詣で

元日に続き、もう今年2回目の「浦和詣で」。

今回の目的はレッドボルテージで買い物特典の優勝記念のポスターをゲットすること。

11時頃浦和駅到着。特に告知がなかったようですが、おなじみの伊勢丹前にて、元日に獲得した天皇杯やその他4つのカップも展示していました。

IMGP3392





では順番にご紹介~☆

左上から、「JOC杯」「ドイツ杯」。左下から「NHK杯」「共同通信杯」です。
IMGP3379IMGP3383





IMGP3385IMGP3380





そして栄光の「天皇杯」です。
IMGP3388





これだけカップが並ぶと、華やかな中でも荘厳ですね~。

で、お次はレッドボルテージへ。
連休ということもあって、店内はかなり混雑していました。そしてマスコミ各社から優勝祝いのお花も。
IMGP3402IMGP3394





そんな中、店内のモニターは天皇杯決勝を放映中。
IMGP3400





近くのディスプレイには、表彰状と天皇杯優勝記念グッズの紹介が・・・。
IMGP3397IMGP3396IMGP3398





無事特典のポスターをゲット!!ポスターの写真は店内に張ってありました。
こんな感じです~♪
IMGP3401





その後は、URAWAPOINTに立ち寄ってから帰宅。本当は調神社にも行きたかったのですが、今回は断念。また次の機会に行こうと思います~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月1日 - 2006年1月7日 | トップページ | 2006年1月15日 - 2006年1月21日 »