« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月14日 - 2006年5月20日 »

2006.05.13

ナビスコ予選L第4節 横浜戦プレビュー

明日は日産スタジアムにのりこんで、横浜F・マリノスを対戦する。

F・マリノスは、リーグ戦では5勝3分4敗の第8位。しかしカップ戦ではレッズと共に3戦全勝と調子がいい。ここまでケガ人が多く、チーム全体が波に乗り切れていなかったが、ここにきて戦力が戻りつつある。

代表で久保、中澤を欠くものの他の選手たちも実力を備えているので、大きな戦力の低下はないだろう。そんな中、最近結果を出してきているFWのハーフナー・マイクに気をつけたいところだ。

一方のレッズは、先週の中断前のリーグ戦で鹿島に完勝。8勝2分2敗の2位で中断に入った。この試合は、小野の活躍が目立っているが、それ以上にチーム全体がボールに対して素早く対応し、常に主導権を握ったことが勝因だったと思う。

さし当たって明日は代表で小野、三都主、長谷部、坪井の主力4人を欠くが、控えの選手達の力が試されるいいチャンスだと思う。相馬が出場停止ということもあり、とりわけ中盤の構成が重要になってくるだろう。

おそらくボランチの啓太を中心に永井、平川、酒井の起用が予想されるが、決してレギュラー陣と見劣ることはない。

ナビスコカップ予選リーグも残り3試合。その中でも同じ勝ち点9で並ぶF・マリノスとの直接対決は2試合あり、いずれも重要な試合になるだろう。

リーグ戦が中断し少しモチベーションが下がるところがあるかもしれないが、無駄な試合なんて1試合もない。常に目の前の敵を倒すことに集中するだけだ。明日もキモチ上げて昂らせて選手達と共に闘っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.12

生まれ変わる『ACL』

明日は代表はW杯前の国内での最後のスウェーデン戦ですが、今宵はこの別の話題。

アジアCLが2009年に新リーグへ(スポーツナビ)

アジアにおけるプロリーグの発展を目的に設立されたAFC(アジアサッカー連盟)プロリーグ特別委員会の記者発表が12日、東京都内のJFAハウスで行われ、2009年をめどに現在のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)を強豪国のチームのみで行う新リーグへと発展させる計画であることが発表された。
 その狙いについて、会見に出席したAFCのモハメド・ビン・ハマム会長は「ヨーロッパのチームがアジアでビジネスをしているのに、アジアのチームはアジア市場を生かしていない」と述べ、アジアサッカーの商業的価値を高めていくためにはACLの改革が必要であるという見解を示した。
 欧州チャンピオンズリーグをモデルとして2002年にスタートした現在のACLでは、アジアの国別ランキングで上位14位までの国と地域からそれぞれ2チームが参加して行われている。だが、今年の3月22日に行われたガンバ大阪対ダ・ナン戦(15-0)のように実力差が大きい試合があり、大会の質が問われていた。今回の改革は、こうしたチーム間の実力差をなくし、試合の質を上げ、商業的にも価値が高い大会にしようというAFCの意向が反映された形だ。
 2009年以降は約10カ国のチームで行う予定で、すでに日本、韓国、中国、オーストラリア、イラン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、カタールの8カ国の参加が見込まれている。また、1カ国からの参加チーム数も、国内リーグの実力に応じて1~4チームとなる見込み。今後は、残る2カ国をどこにするのかを決める査定が行われる。

2009年ということは、3年後ですか~。でも最大4チームが出られるようなので、国内リーグのモチベーションは上がりそうですね。

質を上げるためにハードを整備するのはいい事だと思います。あとはJリーグとの代表との日程調整でしょうね。3年後は次の南アフリカW杯の準備で、いろんな意味で協会とまたバタバタするでしょうからね~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.11

「交流戦」がはじまった訳だが・・・

プロ野球の交流戦が今週から始まりました。

去年は新たな試みで、オイラ自身結構ワクワクしていた感じなんだけど、なぜか今年は、まだそんなでもないんですよね~。

う~ん・・・なぜだろう。よくわからん・・・。

2006logo_80

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.10

ミッドウィーク“ナビスコ&J2”

代表戦翌日の微妙な余韻の中で、今宵は変則日程のナビスコカップ予選Dグループの2試合と、J2の延期分1試合が行なわれました。

ナビスコカップ予選Dグループ(J's GOAL
甲府0-1(前半0-0)C大阪  名古屋1-2(前半1-0)大宮

J2第13節延期分(J's GOAL
東京V0-2(前半0-1)横浜FC

ナビスコカップ予選リーグは、いよいよ来週が決着の1週間になりますね。

一方J2は第2クールに入って、少しずつながら各クラブの戦力差が開いてくるように感じました。

どちらの闘いにしても、目指す先はまだまだ長いです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.09

キリンカップサッカー第1戦

日本1-2(前半0-1)ブルガリア(スポーツナビ)

リアルタイムで中継を観ることが出来ず、結局スポーツニュースのダイジェストをチラ見。

結果はまぁ・・・そのぉ・・・しょうがないですね・・・。

結局点が入らない事に指揮官が焦り、日曜日に試合をした浦和勢と鹿島勢を引っ張り出す始末。

代表をあまり注視しないオイラが言うのもナンなので、土曜日のスコットランド戦まで楽しみに待ちましょうかね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.08

まだまだ“代表<Jリーグ”

明日からキリンカップが開幕。いよいよ代表も最終段階に突入しました。

代表選考まであと1週間ということで、報道がやや過熱気味になっているのがウザいですね(笑)。

リーグ戦は昨日で一段落しましたが、Jをそしてレッズを愛する者にとっては、来週のナビスコカップの方が気になります(笑)。

ちなみに今週の10日(水)は、延期になってたJ2の東京V-横浜FC戦や変則日程のナビスコカップDグループの試合が行なわれます。まだまだ代表モードに切り替えるのは早すぎますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.07

【第12節 鹿島戦】

オフィシャルより

■06.05.07 [ Jリーグ第12節vs鹿島アントラーズ戦 ]
2006年5月7日(日)15:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ4-0鹿島アントラーズ
得点者:3分・46分小野伸二、17分、88分ワシントン
観衆数:56,982人


「闘うキモチ、勝ちたいキモチ」

後半開始直後、小野のふわりと軽く蹴り上げられたループシュートがゴールに収まった時、この試合の勝負は決まった。

千葉戦とはうって変わって攻撃的にいったレッズ。ボールをつなげようとする意識はとても高かったように思えた。一方で欠場や出場停止だった堀之内や啓太がスタメンに復帰し、鹿島の波状攻撃を食い止めた。やはり二人の欠場の穴は、とてつもなく大きかった事を実感した。

鹿島のミスにも助けられた感もあったが、4-0は完勝と言っていい。千葉戦での消極的な動きは消え、まさに力を出し切りしかもキモチを前面に出して勝ち取った勝ち点3だった。

ひとまずリーグ戦はこれで中断に入る。2位とはいえ首位とは勝ち点1差。昨年の成績を考えると上出来だと思う。

しかしまだナビスコカップもあるので、気を緩めることはできない。次への闘いに向けて、またキモチ入れ替えて臨んでいきたい。

Imgp4567Imgp4574Imgp4575

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月14日 - 2006年5月20日 »