« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »

2006.04.29

【第10節 大宮戦】

オフィシャルより

■06.04.29 [ Jリーグ第10節vs大宮アルディージャ戦 ]
2006年4月29日(土)15:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-0大宮アルディージャ
得点者:ワシントン(32分)、永井(89分)
観衆数:54,774人


「“ダービー”を意識するために・・・」

結果としては2-0と危なげないように見えるが、点を獲る過程までは相変わらず厳しかった。

伸二はナビスコ福岡戦同様ボランチに入ったものの、積極的に顔を出しシュートを放つ。しかしその他のFWワシントンを始めとする攻撃陣は、大宮の枚数をかけたディフェンスになかなかフィニッシュまで届かない。先制点も相手DFのミスから奪えたようなものだ。

中盤もパスミスが多く、特に簡単なミスで相手にボールが渡ってしまう場面が何度かあった。

後半啓太が2枚目の警告で退場になってから、大宮はより一層のパワープレーにでる。しかし相手も拙攻でむしろ助けられた。

前半途中の啓太のラフ気味のプレーに、両チームの選手達がつかみ合いの様相を呈した。ダービーとして考えると盛り上がっていいのかもしれないが、あれではある意味で意識過剰過ぎで、お互いプレーに冷静さを欠いてしまっているような気がした。力ずくで相手を倒そうという考えはわかるが、あれでは後味が悪い。

水曜日の試合が続き、選手達にも疲れが出ているのかもしれない。しかしそれは相手にとっても同じことである。特に残りのリーグ戦は千葉、鹿島と強豪が続く。

自分達もそうだが、勝ったことに奢らずキモチを入れ替えて、今後の厳しい戦いに臨みたい。

Imgp4484Imgp4493Imgp4495

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.28

第10節 大宮戦プレビュー

明日はさいたまダービー。ホーム埼玉スタジアムに大宮アルディージャをむかえ対戦する。

大宮はリーグ戦、3勝2分4敗の勝ち点11で第12位。今季クラブ史上大型大量補強で上位進出を目指すものの、なかなか波に乗り切れていない。

そんな中、ヴェルディから移籍した小林大悟に注目が集まっているようだ。またFWマルティネスの不調が長引く中、Jリーグで活躍したグラウを獲得。得点力アップに向けいまだ着々と補強を進めているようだ。

しかし補強とは裏腹に昨シーズンにくらべ、レギュラーの大半が入れ替わってしまい、チーム間のレベルアップが難しい。そんな選手達を束ねる三浦監督の手腕も正念場といえるだろう。

一方のレッズは前節清水に敗戦し、今季初黒星。しかし直後のナビスコカップで、メンバーを5人入れ替えたものの3-1で勝利し、嫌な流れを食い止めた。今節はポンテが出場停止、ナビスコ福岡戦から復帰した伸二や永井、そして右サイドで結果を出した平川に注目したい。

戦力差はありつつも、大宮の選手達の対浦和にかける思いはとても強いらしいので、足元をすくわれないように注意したい。昨年のリーグ戦(ホーム)でも余裕をみせすぎたのか、痛い黒星をつけられた。


明日はさいたまダービー。レッズにとってみればいわば通過点だろうが、相手にしてみたらターニングポイントとなる。同じ市内にクラブを持つ同士の対戦。昨年リーグ戦ホームで敗れているだけに、今季は幸先のいい結果を出したいところだ。

自分達サポーターも特段意識はしないだろうが、当然倒さなければならない相手に違いない。

選手達はナビスコ福岡戦でもうキモチは切り替わっているはずだ。あとはサポーターがどれだけスタジアムの雰囲気を作り上げていくかだろう。

気負いする必要はない。いつものようにキモチ上げてそして昂らせて、明日も選手達と共に闘っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

埼スタ前日朝7時

おはようございます。

雨上がりで空は快晴。気持ちのいい朝です。

200604280652000_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.04.27

福岡“日帰り”遠征あれこれ

4月26日水曜日。平日でしかも福岡とは・・・。泊まりも考えたけど、以前博多の森での試合で、21:30の便に搭乗できた事を信じて、日帰りを決行。

同僚に「日帰りなんだ~」と驚かれつつ半ばあきられつつも、13:00過ぎに職場をあとにする。そそくさと着替えてあまり必要ない荷物をコインロッカーに預け、溜池山王から銀座線で新橋へ。
Imgp4421Imgp4422





新橋近辺で昼食をとって、最近お気に入りのジューサーバーでイチゴジュースを飲んでいざ羽田空港へ。
Imgp4423Imgp4424





新橋からは、京急線の乗換え口となる品川へ移動。
Imgp4425Imgp4427





品川から京急で羽田空港へ移動。
Imgp4428Imgp4429





席はかぶりつき!!でも途中から寝てしまった・・・。
Imgp4430





14:40過ぎに羽田空港に到着。荷物もさしてないのでそそくさと手荷物検査場へ。
Imgp4432Imgp4433





15:30発ANA257便で一路福岡へ。
Imgp4434





空路福岡までの眼下は、終始厚い雲に覆われていました。そんな中、機内でエルゴラを読みふけていました。
Imgp4437Imgp4438





定刻より11分遅れの17:26に雨の福岡空港へ到着。空港からはスタジアムへの直行バスで向かいます。
Imgp4439Imgp4440_1Imgp4441





17:50には博多の森球技場に到着。さっそく前回行けなかったメニュー豊富なアビスパの屋台村に潜入。写真はカルビ串です。焼き立てだったのでウマーウマーでした。
Imgp4442Imgp4444Imgp4443





試合は3-1の勝利。でもすべて向こう側のゴールだったのであまりよくわからなかった・・・。

で、試合終了後は選手の挨拶を待たぬままスタジアムを後に、ダッシュで福岡空港へ。
Imgp4454Imgp4458





ある程度余裕をもって福岡空港へ到着。無事21:30発のANA990便に搭乗できました。
Imgp4460Imgp4461_1





機内は同じ仲間達が結構多かったですね~。スタジアムでもらったパンフを読んでいたら、スチュワーデスから「浦和レッズの勝利、おめでとうございます」と声をかけられてしまいました。
Imgp4462Imgp4464





定刻より7分早い。22:53に羽田空港に到着。モノレールに乗って浜松町へ。
Imgp4466Imgp4468Imgp4467





浜松町から23:40発の京浜東北線で南浦和へ。
Imgp4469Imgp4470





0:22に南浦和着。そこから0:45発の深夜バスで東川口へ。出発間際は結構混雑していましたが、途中経由地の東浦和駅を過ぎるとかなり空いてきていました。
Imgp4471Imgp4472Imgp4473





で、1:25に東川口駅着。ということで福岡滞在わずか4時間の日帰り遠征でした。お疲れ俺。
Imgp4475Imgp4476

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.26

【ナビスコカップ予選L第3節 福岡戦】

オフィシャルより

■06.04.26 [ ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第3戦vsアビスパ福岡戦 ]
2006年4月26日(水)19:00キックオフ・博多の森球技場
試合結果
アビスパ福岡1-3浦和レッズ
得点:18分小野、27分永井、38分平川、83分有光(福岡)


「戻ってきた誇り高き選手達」

平日の夜の冷たい雨の中、いつも控えに甘んじている選手達から今日は“勝ちたいキモチ”をプレーで表現してくれた。

先週の土曜日は微妙な空気の中敗れたレッズ。今日は伸二や永井が復帰し、先発メンバーに名を連ねた。やはりレッズは選手層が厚いと改めて感じた。

特に伸二は今までの怪我がウソのようにイキイキとそしてノビノビとプレーしていた。常に攻撃の起点は彼からであった。ボランチにいると思うと長谷部や山田とポジションを入れ替え、チャンスがあればシュートを放つ・・・。

今日は両サイドを広く使って、前へ前へ攻撃を展開していった感じだった。永井も怪我あがりとは思えないほどよく走っていた。得点も決めたのでこれからに期待したい。

後半は徐々に足が止まってしまったこともあり、失点を許すものの予選リーグ3連勝を飾った。


平日でさらに月末で、しかも福岡での試合。今日スタジアムに詰め掛けたサポーターはそんなに多くはない。しかし自分達は来られないみんなのキモチもピッチにぶつけて、選手達と共に闘ったつもりだ。その結果が“勝ち点3”だと思う。

次は中2日でホームでのダービーマッチ大宮戦が控えている。臆することはない。選手達は自分達の悪い流れを自らの力で断ち切ったのだから・・・。

さあ俺達も前を向いて、さらにキモチ込めて、誇り高く闘っていこう。

Imgp4450Imgp4453Imgp4456

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.25

ナビスコ予選L第3節 福岡戦プレビュー

明日はナビスコカップ。博多の森球技場にのりこんで、アビスパ福岡と今季3度目の対戦となる。

福岡は、日曜日のリーグ戦で新潟と対戦し今季初勝利を飾った。エースのグラウシオが得点し、ようやく復調の気配を見せはじめた。

守備は成績の反面大崩れしていることはないので、9日の博多の森での対戦時同様、しっかりとした守備からの早いカウンターに気をつけたいところだ。

一方のレッズは、土曜日のリーグ戦では清水に敗れ今季初黒星。後味が悪かった成果、うまく切り替えられるかがポイントである。

出場停止の選手もいるが、ここに来て怪我で戦列を離脱していた小野や永井の復帰が予想されている。チームのベースは変わらないであろうが、その中で2人がどのような動きを魅せてくれるか。起用されるのならとても楽しみである。またFW陣は黒部やエスクデロにもチャンスがあると思う。どんどんゴールに貧欲に向かっていって欲しい。


福岡とはもう今季3度目の対戦。別に意識する事はないが、やはり9日の最後の最後まで苦しめられたことが思い出される。思えば先日の清水戦は、あのような苦しみに耐えられなくなって敗れたような気がする。

おそらく普段ベンチに甘んじている選手達が、明日は思いっきりピッチでアピールすることであろう。選手の構成が変われど、目指すものには変わりはない。

ナビスコカップとは言えど敗れた直後の試合。それだからこそ、まずは嫌な流れをココで断ち切りたいものだ。

キモチ切り替えて、そしてもう一度キモチ上げ直して、明日も彼らと共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.24

ゴール裏に屋根を・・・

今宵はこんな話題から。

今日のスポニチのサッカーの記事は「伸二」 。その記事の最後にこんな話題が・・・。

≪ゴール裏席に屋根≫埼玉スタジアムのゴール裏席に屋根を増築するプランが進められていることが分かった。犬飼社長によれば既に図面と一緒に埼玉県へ申請済みという。「屋根がつけば、選手を盛り上げるサポーターの声がはね返り、より臨場感が増す」と話す。今季の平均観客動員は4万6402人。2位新潟(3万7811人)を1万人近く引き離す。屋根がつけばさらにサポーターに愛されるホームとなりそうだ。

以前から、“ゴール裏に屋根を”をいう意見は多かったように思えます。しかし金銭面の事もありますし、あくまでまだ計画段階の話を県に話をしただけのようです。

4年前の前回のW杯の頃は「芝生の生育問題」がクローズアップされ、屋根の件はあまり話題にならなかったように記憶しています。

まだまだ今すぐの話ではないですが、また一歩実現への道が開かれたことで、今後が楽しみになりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.23

静岡エコパ遠征あれこれ

この日は友人達と車で遠征。

朝6:00、待ち合わせ場所となる東武線新田駅まで自転車で向かいます。はじめて向かう場所なので、余裕を持って行ったつもりが、埼スタへ行くのと同じぐらいの時間でついてしまった。結構東武線沿線は近いことを実感。
Imgp4358Imgp4359





6:30に新田駅で仲間合流、いざエコパへ出発しますが、案の定首都高で渋滞・・・。
Imgp4360Imgp4361





東名高速&中央道の渋滞を避けて、首都高横羽線で横浜方面へ。
Imgp4362





横浜町田インターから東名に入り、中井PAで休憩。
Imgp4364





11:30に掛川駅そばのコインパーキングに到着。すぐそばのホテルの前にエスパルスの選手パスを発見!!
Imgp4366_1





掛川駅からはタクシーでエコパへ移動。12:30にエコパへ到着。
Imgp4367Imgp4368_1





スタジアムの外に「富士宮やきそば」の売店を発見してさっそく購入。独特の麺の食感があって、とてもウマーでした。
Imgp4369





食後は公園内の芝生でひたすらごろ寝。という事で16:00開門。
Imgp4371Imgp4372





なぜか今回は試合前にアウェー側で即席のパルちゃんショー。これ見ちゃったのが良くなかったのかなぁ・・・。
Imgp4374





試合終了後は、再びタクシーで掛川駅へ移動。22:20には掛川インターから東名高速に入ります。

途中富士川SAで休憩。大勢のレッズサポで大混雑でした。でそんな中、こんなアイスを発見。味はまあ“想定の範囲内”でした(笑)。
Imgp4407_1Imgp4410





その後は首都高に入り、用賀料金所そばの用賀PAで休憩。
Imgp4418





そして都心を抜けて、出発地の新田駅にAM2:20に到着。自転車に乗り換えて、2:40に家へ到着しました。

俺お疲れ&参加者お疲れ&ずっと運転していたNさんお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »