« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »

2006.04.22

【第9節 清水戦】

オフィシャルより

■06.04.22 [ Jリーグ第9節vs清水エスパルス戦 ]
2006年4月22日(土)19:04キックオフ・静岡スタジアムエコパ
試合結果
清水エスパルス2-1浦和レッズ
得点者:23分マルキーニョス(清水)、25分チョ(清水)、42分ワシントン


「失せた熱きキモチと自滅」

1点を追う後半の怒涛の攻め。決定機を何度も作るも最後が決まらない・・・。

そして主審の一貫しない絶妙なジャッジメントに選手達のイライラが募り、カードが乱れ飛ぶ・・・・。

そんな試合に熱いキモチがそがれてしまい、悪い流れの中、自滅ともいえる敗戦。

しかしこういう流れになってしまったのも、前半の立て続けの2失点がすべてだったし、それに至る過程となる清水のスピードに乗った分厚い攻撃に、レッズは圧倒されてしまっていた。

ここ数試合立ち上がりが悪かっただけに、そこを付かれてまさに敗れるべきして敗れた試合だった。


今季初黒星。しかし試合の内容が内容だっただけに全く悲観することはない。

まだリーグ戦9試合目が終ったばかりだし、まずはキモチを切り替えることがとても大事である。それは自分達サポーターにも言える事。

W杯の中断までリーグ戦はあと3試合。そして水曜日にはナビスコカップも控えている。もう次の試合は刻一刻と迫っている。後ろを振り返る必要はない。ただひたすら前を向いて闘っていくだけだ・・・。

Imgp4389Imgp4401Imgp4403

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.04.21

第9節 清水戦プレビュー

明日は静岡スタジアムエコパにのりこんで、清水エスパルスと対戦する。

清水は4勝4敗の勝ち点12で順位は7位。開幕3連勝と波に乗りかけたが、その後失速。前節はアウェーで鹿島相手に戦ったが、相手が1人少ない数的有利もかかわらず敗れてしまった。

今シーズンチェ・テウクがチームを離れ、その代わりにエース10番を引き継いだ新人藤本や兵働、枝村といった若い選手達が中盤を引っ張っている。

中盤の底にベテラン伊東が控えており、そのお陰で3人が縦横無尽に動き回りボールを奪い、前線のマルキーニョスやチョ・ジェジンといった強力FWに繋げていく・・・というのが今年の清水の攻撃パターンだろう。

一方のレッズは前節京都に3-0と快勝だったが、それは後半だけの話。前半は今季1番というぐらい選手達のプレーが雑でミスも多く、出来が悪かったと思う。

しかし後半から修正し、サイドのアレックスや平川。また途中出場の岡野らを起点に攻撃を展開していき得点を積み重ねた。

守備は8試合で4失点とリーグ最少だが、決して盤石は状況とは言えない。相手の一瞬のプレーの閃き、そして自らの一瞬の判断で勝負が左右されることもある。たまたまそれがレッズに風が向いているということかもしれない。またしいて言うなら“時には運も必要”と言ったところか。それでも攻守共にまだまだ課題が多いと思う。


レッズはここまで6勝2分。しかしながらここまでどの試合にも“完璧な勝利”というものはない。それだけにサポートする自分達にとっても、90分間決して手綱を緩めるわけにはいかない。

相手は首位に土を付けようと必死になって闘いを挑んでくるだろう。ここ数試合の苦しい内容こそがそれを物語っている。

勝負は水物。まずは目の前の敵を倒すことに集中し、選手達と共に闘ってアウェーの地で勝ち点3を奪いにいこう。キモチ上げてまずは勝つこと・・・そして勝たせることが今は大事なのだから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.20

イオン浦和美園SCプレオープン

明日21日にイオン浦和美園SCがプレオープンします。

ちなみにグランドオープンは26日(水)とのこと。今朝地元向けにでっかいチラシが入っていました。

これで浦和美園駅の周辺もようやく賑やかになってくれますかね~。でもサッカーと被るとかなりの渋滞が予想されるかな・・・。

あの周辺もバス停が整備されて、明日から国際興業バスダイヤが改正されるそうです。特に東川口駅や岩槻駅、越谷駅からのアクセスも可能になるとの事。

まあこれで以前に比べては、イオンのオープンに限らず埼スタへのアクセスも少なからず良くなったのでしょうかね。

オイラは来週の平日の夜にこっそり行ってこようかと思います~。

Imgp4356Imgp4357

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.19

小野&伸二

今宵はこの話題から・・・。

広島小野監督が辞任!後任セレーゾ氏浮上(日刊スポーツ)

 広島の次期監督の有力候補として前鹿島監督のトニーニョ・セレーゾ氏(50)が浮上していることが18日、明らかになった。同日、広島は小野監督の辞任と望月GKコーチの監督就任を発表。織田秀和強化部長(44)は「望月体制はリーグ戦、カップ戦の4試合限定。その後、チームを立て直すことのできる新監督をW杯中断期間までに招聘(しょうへい)する」と明言した。
 近い関係者が「守備の強化と選手育成に定評のあるセレーゾ氏はチーム再建にうってつけの人材」と明かした。また、広島はブラジル国内リーグと強いパイプを持っており、同氏も広島に対し「いいチーム。ベットやジニーニョも素晴らしい」と好印象。次期監督について織田強化部長は「誰かは言えないが、国内外を含め、日本のサッカーに理解があり、広島のために尽力できる人物と交渉していく」と話している。(以下割愛)

小野 剛監督 辞任のお知らせ(サンフレッチェ広島オフィシャル)

C大阪、小林監督の解任を発表(日刊スポーツ)

 Jリーグ史上でも稀(まれ)な監督交代劇が起こった。C大阪は18日、成績不振を理由に小林伸二監督(45)の解任を発表。最下位の広島も小野剛監督(43)が辞任した。J1で同じ日に2人の監督が交代する異例の事態になった。C大阪は後任に同育成アドバイザーの塚田雄二氏(48)を昇格させ、広島は望月一頼GKコーチ(44)が暫定的に指揮を執る。また広島は前鹿島監督のトニーニョ・セレーゾ氏(50)が次期監督候補に浮上した。
 早期のチーム立て直しのため、ギリギリの決断だった。西村GMは「あくまでも優勝を目指すため。昨年も(勝ち点)15、16差から浮上した」と、この時点での小林監督解任の理由を説明した。リーグはW杯期間中に中断するが、手遅れにならないための措置を、強調した。
 今季は優勝を目標に掲げてスタートした。昨年も7月の時点で首位(鹿島)と勝ち点16差あったが、16戦無敗の快進撃で一時は首位に立ち、最後まで優勝も争った。その手応えを小林監督も選手たちも感じていた。それでも小林監督は開幕前「選手の自信が過信につながらないか」と心配していた。その心配が見事に的中。開幕から4連敗し、泥沼にはまった。昨季と代わり映えしない戦術は他チームに研究され、それを打開することはできなかった。(以下割愛)

監督交代のお知らせ(セレッソ大阪オフィシャル)


というわけで、「小野」と「伸二」の話題でした。

同じ日に監督交代の発表というのは珍しいですね~。まあ監督は結果を求められるのが仕事だけにしょうがない事かもしれません。それだけに両クラブも昨シーズンは好成績だっただけに、早めの決断だったのでしょう。

リーグ戦はまだ8試合を終えたばかり。この情勢をどう乗り切るか・・・。しかも今週末の第9節はその広島とC大阪が対戦するだけに目が離せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.18

ミッドウィークJ2第10節

今宵はJ2第10節。後半からのテレビ観戦でした。

相変わらずスカパーをザッピングしながら、6試合の中から“柏-山形”戦をロックオン。

山形は前節ようやく初勝利。どうなることかと思いましたが、首位に勝ち連勝です。

一方の柏は開幕負けなしから3連敗とJ2の壁にぶつかっているようです。

これで首位の柏は変わりませんが、2位に横浜FCが浮上してきました。
J2最新順位

しばらくは週2試合のペースで進むJ2。選手の体調を考慮しつつの起用が難しいところでしょう。


☆写りが悪くて申し訳ないです。相変わらずピンボケです・・・。

200604182018001200604182017000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.17

アウェー2連戦

京都戦のMDPを再度読み返してみたら、次はアウェー2連戦(静岡エコパ&福岡)なんですね。

もうちょっと後かと思っていたら、あっという間です・・・。

しかもGW開催の影響で、リーグ戦中断まで今週末から16日間で5試合という強行日程なわけで・・・。

“静岡【中3日】福岡【中2日】埼スタ”という行程ですが、福岡からの戻りがポイントでしょうね。

Imgp4355

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.16

埼スタへチャリの旅

☆まずお知らせを・・・。「福岡遠征あれこれ」は、遅くなりましたがようやくアップできました~。


で話を戻しまして、今月26日(木)に「イオン浦和美園SC」のオープンにともなって、地元東川口からの道路が先日開通したこともあり、土曜日の試合の時にさっそくその道をつかって埼スタへ向かうことにしました~。

というわけで今宵は超地元ネタということで・・・。

4_misonomap





まず東川口方面(通称:けやき通り)から行くと、以前は突き当たりだった国道463号「大門坂下交差点」へ。
Imgp4291Imgp4292Imgp4293





交差点を過ぎて、新しい道には入るとひたすら北上。
Imgp4295Imgp4296





463号バイパスまでは信号は2つ。一つ目の信号が見えてくるとイオンが間近に見えてきます。
Imgp4299Imgp4301Imgp4302





そうこうしているうちに、463号バイパスへ。
Imgp4303Imgp4304





その先は浦和美園駅のロータリーへ向かう道も完成。あとは埼スタへ向かうだけでした。
Imgp4306





ちなみに帰りは、スタジアムから歩行者専用道脇の道路を通り、浦和美園駅前を通過。
Imgp4339Imgp4341





駅前からは463号パイパスの下をくぐり、イオンの裏側を通って帰りましたとさ。
Imgp4342Imgp4343Imgp4344





ちなみに新道のおかげで以前は自宅からスタジアムまで25分ぐらいかかっていたのが、5分ほど短縮できました。でもイオンがオープンすると、どうなるかわかりませんがね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »