« 2006年4月2日 - 2006年4月8日 | トップページ | 2006年4月16日 - 2006年4月22日 »

2006.04.15

【第8節 京都戦】

オフィシャルより

■06.04.15 [ Jリーグ第8節vs京都パープルサンガ戦 ]
2006年4月15日(土)15:05キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ3-0京都パープルサンガ
得点者:55分長谷部、72・84分ワシントン
観客数:40,657人


「悪いながらも・・・」

前半は名古屋戦や福岡戦以上に印象が悪かった。

決して力を抜いているわけはなかろうが、京都の調子がいいというよりはレッズの調子というか試合の流れがあまりに悪すぎた。

前線でワシントンがキープしても、積極的にフォローに回ることもなく、また前へ押し上げたくても相手からのウラを警戒してかなかなか上がれない・・・なんともそれがもどかしく、また選手達からは“点を獲ろう”というオーラが出ていなかった。

ハーフタイム。ギドの雷が落ちたかどうかはわからないが、前半とはうって変わってレッズが果敢にサイドを基点にして攻めていく。そして待望の先制点が生まれた。

終ってみれば3-0。悪いながらも勝ち点3を奪えたのも、地力がついてきたせいか・・・。

しかし前半みたいな展開が続くと、相手の出来がもっとよければ失点しかねないところもあった。

試合への入り方はなかなか難しいと聞く。この入り方を克服できれば、もっと選手達もゆとりを持って試合に臨んでいけるのだろう。

そう・・・そのキモチが“慢心”と受け取られないためにも・・・。

Imgp4319Imgp4330Imgp4334

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.14

第8節 京都戦プレビュー

明日はホーム埼玉スタジアムに、京都パープルサンガをむかえ対戦する。

京都は今シーズンリーグ戦7試合を消化し、1勝3分3敗の勝ち点6で15位。特に失点は18で広島と並びリーグワースト2位となっている。

唯一の勝利は福岡相手。特に序盤の横浜戦と川崎戦だけで11失点と、カデゴリーの大きな差にぶつかっているようだ。

今節は得点源となる昨年のJ2得点王、パウリーニョが出場停止。相方のアレモンや控えで千葉から移籍してきた林もいるが、その影響力は大きいと思われる。

一方のレッズは、前節アウェーで福岡相手にロスタイムで決勝点を奪い、苦しい試合をモノにした。名古屋、福岡といういわば力の差が違う相手に苦しめられている。

がっちりゴール前に守られてしまうと、始めはいいが結局得点が決まらず、次第に攻撃のリズムが単調になりミスが生まれそれを衝かれてしまう・・・という悪循環に陥りやすい。そのためには水曜のナビスコ福岡戦でみせたような常にボールと人が動いて、連動性を高めて相手を引き出していきたいところだ。

また常にゴールを狙って行く姿勢を相手にみせつけることで、主導権を握りたいところである。


前々節の埼スタは、スタジアム全体にどことなく普段とは違う空気が・・・特にホームゴール裏周辺に流れていた。

“勝てるだろう”“勝って当たり前”という慢心なキモチがどこからともなく漂っていた。

しかし福岡2連戦で選手達から「勝利への執念」を垣間見る事ができた。内容云々は別にして“勝ちに行く姿勢”はとても大切である。相手は戦力差はあっても当然勝ちに来るはずだ。

90分間、目の前の敵を倒すことだけを考え選手達はプレーする、そして自分達はそんな彼等サポートする。ただそれだけの事だ・・・。

キモチ昂らせて明日も彼らと共に勝ち点3を獲りに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼スタ前日朝7時

おはようございます。

雨上がりの朝。雲の切れ間から、青空がみえてきました。

200604140653000_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.13

レッズマガジン第2号

オフィシャルより

■06.04.12 [ 月刊「浦和レッズマガジン」 ]
(株)アスペクトから本日、12日(水)に発売される「月刊浦和レッズマガジン」は、地元浦和出身・堀之内聖の大特集です。本人のインタビューはもちろん、学生時代の恩師(三室小、三室中、市立浦和高、東京学芸大)からのメッセージや、父から息子へのメッセージ等盛りだくさんで掲載されています。
その他、トップチームからユース&ジュニアユース、レディース等の情報も満載です。


というわけで、買ってきました~。

発売日にゴールを決めてしまうとは、なんという出来すぎた展開(笑)。

代表の坪井や闘莉王の影で、なかなか目立つ事はないですが、そのプレーは十二分に脳裏に焼きついています。

やはり彼は“レッズ”の・・・というより“浦和”の堀之内”と言う方が似合いますね~。

これからもDFの要として頑張って欲しいです。

Imgp4289

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.12

【ナビスコカップ予選L第2節 福岡戦】

オフィシャルより

■06.04.12 [ ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第2戦vsアビスパ福岡戦 ]
2006年4月12日(水)19:00キックオフ・駒場スタジアム
試合結果
浦和レッズ3-1アビスパ福岡
得点者:8分アレックス(福岡)、24分堀之内、55分山田、83分闘莉王
観客数:14,695人


「ホームだからこそ。“駒場”だからこそ・・・。」

お互いにメンバーは入れ替えているものの、3日前と同じ相手。手の内を知られた状態での対戦だった。

リーグ戦では満員のアウェーでの闘い。戦力以外のメンタルの部分で最後の最後まで苦しめられた。

今日も自分は後半からの参戦。前半はゼロックスカップ以来の先制を許すものの、選手達はまったく動じなかったようだ。むしろ目が覚めた感じで、セットプレーから同点に追いついて前半を終えた。

後半は早々に山田がループシュートで逆転ゴールをすると、終始レッズペース。久々にボールも人も良く動き、最後まで危なげない展開だった。

アウェーで苦しめられた分、ホームでは伸び伸びとプレーしているように思えた彼等。それに加え埼スタとはまた違う独特の“駒場”の雰囲気が、選手達を勝利へと後押ししたのかもしれない。

ホームで闘うという事は、自分達のチームを鼓舞して選手達と共に闘い、相手チームを圧倒する事・・・。

相手の力量は関係ない。もう週末には次の相手がやってくる。

キモチ切り替えて上向いて、また彼等と共に闘っていきたい。

Imgp4271Imgp4278Imgp4283

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.04.11

ナビスコ予選L第2節 福岡戦プレビュー

明日はホーム駒場スタジアムにアビスパ福岡をむかえ対戦する。

福岡とはリーグ戦で2日前に博多の森で対戦し、1-0で勝利している。またナビスコカップでは前節横浜F・マリノスを相手に0-1と敗れている。

福岡は怪我人が多く、また出場停止選手も重なり、ベストメンバーが組めない状態。そんな中システム変更を強いられている状況だ。しかし明日は停止明けのDFアレックスやグラウシオの復帰が予想され、前回の対戦とは異なるシステムで臨んでくる可能性がある。

また前回惜しいシュートを放った平島や、1トップで途中まで攻撃の起点となった林の動きに注意したいところだ。

一方のレッズは小野が足首の捻挫で1週間の離脱が決まった。また疲労を考慮して都築、三都主、ポンテ、ワシントンの欠場が予想されている。となると中盤の構成が大きく変わることになるだろう。

しかし戦力の分厚いレッズ。こここそがその見せ所だと思う。先週のFC東京戦では先発起用されたエスクデロが初ゴールを決め、その存在感を十分にアピールすることとなった。明日は相馬、平川らサイドの選手や赤星、黒部の攻撃陣にも期待したいところだ。


2日前と同じ相手との対戦。双方やりづらいとは思うが仕方のないこと。お互いにメンバーが入れ替わるので、おそらく前回とはまた違った内容になるだろう。

しかし明日はホーム駒場での試合。2日前の勝利はいったん忘れてまたサポートに集中し、選手達を後押ししていかないといけない。相手は好調なレッズを相手にどんな戦術を仕掛けてくるかわからない。だからこそホームの雰囲気作りが大事となる。出てくる杭をもう一度叩いて、勝ち点3を奪いにいきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

駒場前日朝7時

おはようございます。

空はどんよりと雲っており、冷んやりとした朝です。

桜はもう葉桜になりつつあります。

200604110649000_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.10

福岡遠征あれこれ

福岡宿泊は久々。以前は日帰りだったけど、今回は日曜に試合という事で前日入りの行程となりました。

毎度の事で東川口発7:16の埼玉高速鉄道で王子駅へ。で王子からは7:46発の京浜東北線で浜松町へ。途中有楽町のあたりで新幹線と併走。
Imgp4139Imgp4143Imgp4144





浜松町からは、一目散へ東京モノレールへ乗り換え。
Imgp4146Imgp4147





8:35には羽田空港第2ターミナルに到着。さしたる買い物もないので、早々に手荷物検査場へ。
Imgp4148Imgp4149





9:05発ANA245便で福岡へ向かいます。自分も含め結構レッズサポも搭乗してました。
Imgp4151_1Imgp4152





この日は、厚く雲に覆われていてせっかくの富士山も見えずじまいでした。
Imgp4158Imgp4154





強風の影響で15分遅れ、11:05福岡空港着。
Imgp4166Imgp4167





空港から地下鉄で博多駅へ。コインロッカーへ荷物を預け、JR線のホームへ向かいます。
Imgp4168





それにしても九州は鉄道の宝庫ですよね~。おもわず撮りまくってしまいました・・・。
Imgp4170Imgp4172





博多12:26発の快速電車で向かうは「鳥栖」。そうですサガン鳥栖の「鳥栖」です。
Imgp4171





13:00鳥栖駅着。といってもすぐに駅を出ることもなく、有名な「かしわうどん」を食します。やっぱりウマーです。
Imgp4174Imgp4177Imgp4173





鳥栖スタジアムは駅のすぐそば。立地条件は最高です。自分は3年振りかな?
Imgp4175





この日はJ2第8節の鳥栖-東京Vを観戦。なかなかまったりと観る機会がなかったので、ゆったりと楽しめました。
Imgp4182Imgp4186Imgp4194_1





試合中は、スタジアムで販売していた鳥栖駅の駅弁「かしわめし」とアイスクリームなんぞ食してました。
Imgp4187Imgp4188Imgp4192





試合後はまたJR線で博多へ逆戻り。
Imgp4202Imgp4204Imgp4205





博多駅からバスに乗り、ホテルへチェックイン後、仲間と夕食のため中州へ。

1次会のお店の名前を忘れてしまいましたが、魚を中心とした料理はとてもおいしく、特に焼酎の品揃えが充実していて、九州中のありとあらゆる焼酎が揃っているお店でした。
Imgp4213Imgp4217





2次会は案の定ラーメン(笑)。で、場所は中州の「博多長浜ラーメン本舗」へ。
Imgp4220Imgp4221_1





翌日の試合を考え、22:30には解散してホテルへ戻りました。ホテルのロビーにあるコインPCでメール等々チェック後就寝・・・。
Imgp4222





翌日は6:30起床。朝食をとり、8時過ぎには福岡空港経由でスタジアムへ向かいました。空港ではコインロッカーに大半の荷物を預け、必要最小限の手荷物でスタジアムへ乗り込む事に。

空港から博多の森球技場へは徒歩20分程度。ちょうど浦和駅から駒場スタジアムに行くぐらいでしょうか。
Imgp4226Imgp4228Imgp4229





スタジアムは球技場なのはいいのですが、ゴール裏の傾斜はかなりゆるく、なかなか反対側の試合の流れがよくわかりませんでした。
Imgp4233Imgp4238_1





苦しい試合をモノにして、一路福岡空港へ。途中の居酒屋というか食堂みたいなところで祝杯。ビールのお供に塩焼ラーメンを注文。麺にとんこつスープが混ざり合ってボリュームがあり、なかなかウマーな一品でした。
Imgp4256





福岡空港の土産売店はレッズサポだらけ。とかく言う私もそうでしたが・・・。そんな中、写真はありませんが、オリックスの清原選手と遭遇。彼らはヤフードームで試合だったようです。

19:15発ANA268便で帰京。さすがに試合直後もあって、ずっとグッタリでした。
Imgp4258Imgp4259





21:03羽田空港着。東京モノレールで浜松町へ向かい、京浜東北線に乗り換えて王子へ。そして地下鉄南北線、埼玉高速鉄道と乗り継ぎ、23時前に東川口着でした。
Imgp4262Imgp4263Imgp4265





ということで、俺&同行した皆様方、お疲れでした~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.04.09

【第7節 福岡戦】

オフィシャルより

■06.04.09 [ Jリーグ第7節vsアビスパ福岡戦 ]
2006年4月9日(日)15:04キックオフ・博多の森球技場
試合結果
アビスパ福岡0-1浦和レッズ
得点者:89分闘莉王


「最後まであきらめず・・・」

もう時間はすでにロスタイムに突入・・・。

左からのクロスが反れ、右サイドでそのこぼれ玉に対応した岡野が左足でクロスボールを上げる。

競り勝った闘莉王が、ドンピシャのタイミングでゴールを決め、堅い福岡の守備をこじ開けた。

決して内容は良くなかった。まるでそれは名古屋戦のVTRを観ているような展開・・・。

しかし今回違ったのは、相手がどういう状況であれゴールを決めて勝った事。

今後はこういう難しい試合が続くだろう。しかし90分間、選手達も自分達も決してあきらめなかった事が、この貴重な勝ち点3を呼び込んだものと思っている。

今週はカップ戦を挟み、中2日の試合が続く。今日の勝利の喜びを糧にまたキモチを上げて闘っていこう。

Imgp4238Imgp4245Imgp4249

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月2日 - 2006年4月8日 | トップページ | 2006年4月16日 - 2006年4月22日 »