« 2006年3月19日 - 2006年3月25日 | トップページ | 2006年4月2日 - 2006年4月8日 »

2006.04.01

第6節 名古屋戦プレビュー

明日は、ホーム埼玉スタジアムに名古屋グランパスエイトをむかえ対戦する。

名古屋はここまでリーグ戦は2勝1分2敗、勝ち点7の11位。開幕戦こそ昨年のリーグ2位セレッソに3得点で打ち勝ったものの、その後は4試合でわずかPKによる1得点と決していい状態はいえない。

また今季からフェルフォーセン氏を監督にむかえ、昨年までの南米型から欧州型へスタイルが変わりつつあるが、主力選手の怪我が相次ぎ、現在はFW玉田が孤軍奮闘している。直前に行なわれたナビスコカップでもホームで甲府に大敗し、チームとしてはなかなか波に乗り切れていない状況である。

一方のレッズは前節横浜F・マリノスに勝利し、4連勝となった。水曜日に行なわれたナビスコカップでは主力を大きく欠いたが、2-0でFC東京に勝利し、選手層の厚さを証明できる試合となった。

木曜日に代表戦が行なわれた影響で、選手起用が難しいところもあるが、おそらく変わらないと思われる。しかしナビスコカップで終了直前に、腰の異常を訴えたFWワシントンの状況が気になる。

現在レッズは攻守の切り替えがとても上手く言っていると思う。相手への素早いチェックを何度も繰り返すことで、ボールを奪い前線へ送る。相手にとっては去年のような早いだけのサッカーと異なるので、手を焼いているのは事実だと思う。


首位に立ったことで、より相手からのマークがきつくなるのは容易に想像できる。そういうことで今後は難しい試合が多くなるだろう。先日のナビスコカップでも途中までそのような状態であった。

自分達は、手拍子や声で選手達を鼓舞するしかサポートの手段はない。でもそのような膠着状態のとき、ただボールが回らないからとかミスを繰り返すだけで、安易に自分の選手達に野次を飛ばすことはいいことなのか・・・。

勝たせるためには90分間あきらめないこと。目の前の敵を倒すために彼らと共に闘うこと。余計なことはいらない・・・。ホームでの試合、前を向いてキモチ上げて闘っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.31

年度末の都心の真ん中で・・・

今日は年度の末日。まだまだ山のように残る仕事を無理矢理切り上げて、職場をあとにする。

そんな帰り道、ふと都心の真ん中にあるコーヒーショップで、ひとりブレイクする。

ここ最近、慌ただしい日が続いたせいか、コーヒーを前にゆっくり流れる時間を過ごすのは、自分へのご褒美かも・・・。

こんな日々があっても週末には、楽しいレッズな時間がやってくるわけで・・・。

まあ何が言いたいかというと、「俺お疲れ!」ということですよ。

200603312108000_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.30

エクアドル戦

今宵の代表戦は九石ド・・・いやいや“ビックアイ”での試合だったんですね。結構入ってましたね~。

しばらくは点が獲れる雰囲気もなく、かといって獲られる雰囲気も無く・・・。

眠くなりかけたとき佐藤寿人のゴール。いかにも“彼らしい”ゴールでしたね。

まあとりあえず代表はじめ、特にレッズの選手達に怪我が無かったようで何より。

今週のリーグ戦は日曜日。でもお天気が心配ですね・・・。

200603302110000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.29

【ナビスコカップ予選L第1節 FC東京戦】

オフィシャルより

■06.03.29 [ ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第1戦vsFC東京戦 ]
2006年3月29日(水)19:00キックオフ・駒場スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-0FC東京
得点者:62分エスクデロ、89分酒井
観衆数:16,065人


「17歳の春」

後半17分、闘莉王からのロングフィードにワシントンがワンタッチで流して、それに合わせたエスクデロのゴール。直後の彼自身の交代を一度はやめてしまうぐらい、そのゴールの印象は大きいものだった。

今回は都合で後半からの参戦。だからかもしれないが、決して不利な状況でないにもかかわらず、選手達は“攻め急いでいる”ような感じだった。それゆえパスミスなども起こり、駒場が不穏な空気になりつつあった。

そんな中、スタジアムが沸いた彼のゴール。まさに今までの嫌なムードを吹き飛ばすものだった。

17歳の彼が果敢に経験豊富なワシントンやポンテに絡んでいく。ゆえに吸収するものは大きいと思う。まだ若いしもっともっと伸びる気がする。そのためにはこの試合では結果は出したものの、今後も常にアピールしていかなければならないだろう。


カップ戦の初戦としてはいいスタートを切った。戦力も大幅に入れ替えたが、若い選手達と共に勝ち取った勝ち点3と得失点差+2は、何よりもの大きな収穫ではないかと思う。

自分達にとって久々の駒場。埼スタに慣れてしまったせいか、多少の戸惑いがあったのも事実。次はもうひとつのホーム“埼スタ”での試合。今まで駒場で作り上げたキモチを、そのまま埼スタのピッチで闘う選手達にぶつけていけばいい。

クラブを取り巻くこのいい流れ。止められないし、止まるわけにはいかない・・・。

Imgp4089Imgp4110Imgp4102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.28

ナビスコ予選L第1節 FC東京戦プレビュー

明日からヤマザキナビスコカップが開幕。久々のホーム駒場スタジアムにFC東京をむかえ対戦する。

FC東京はリーグ戦では2勝1分2敗の勝ち点7。前節の京都戦では試合終了直前に勝ち越し2-1で勝利し、開幕戦以来4試合ぶりの勝利となった。

今シーズンは昨年の原前監督の攻撃的サッカーをより上回るサッカーを目指すため、クラブ初となる外国人監督となるガーロ氏を向かえた。ベースとなるシステムは4-4-2。だが相手のシステムに合わせて、3-5-2で臨むときもあるようだ。

今回は代表でGK土肥、DF茂庭が欠場し、若干の入替が予想されるが、中盤や前線の構成が変わらないので、速攻に気をつけなければならない。また途中からの起用が予想される阿部もスピードと高い決定力があり、昨年の天皇杯でも苦しんだので終盤間際の攻撃に注意したい。

一方のレッズは、リーグ戦4勝1分0敗の勝ち点13。開幕戦はガンバ大阪に引き分けたものの、それ以降は4連勝と調子が上がってきた。得点者もFWだけにとどまらず他のポジションの選手達が挙げるのも、今年のレッズの特徴ではないか。

代表で坪井、小野、三都主、長谷部と今の屋台骨を支える4選手が欠場。しかしバックアップの層が厚いと言われるレッズは、明日はその試金石といわれる試合となる。

システムも従来の3-6-1なのか、変えてくるのかまだわからない。しかし大幅に変えてくる事はあまり考えにくいので、あいているポジションに適材適所となる選手を起用するものと思われる。リザーブ選手にとって、アピールできる絶好の機会だと思うので、起用された選手には個々のプレーもそうだが勝ち点3に向けて頑張って欲しいと思う。


明日からリーグ戦とは異なるリーグカップウィナーを懸けた闘いが始まる。代表の影響で選手も大幅に入れ替わる事が予想される。しかし今のレッズにとってそれは非常に楽しみな事であり、新たな選手達の力をみる最高の場ではないかと思う。メンバーが入れ替わろうと、ピッチで闘う赤いユニフォームに袖をとおした選手達へは、精一杯サポートしていく。

またあの国立の舞台へ戻るために、そしてナビスコカップのタイトルを奪い返すために、キモチを入れ替えて明日も闘っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駒場前日朝7時

おはようございます。

久々の駒場です。空はどんよりと雲っています。明日の天気が心配です。

200603280648000_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.27

GET! NABISCO CUP

明後日の水曜からヤマザキナビスコカップの予選リーグが始まります。

今年のキャッチコピーは、

「チャンピオンとウィナーの違いを知っているか」

昨年逃してしまった、あの国立の舞台へまた戻るために、新たな闘いがスタートします。

poster2006_lfinal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.26

横浜遠征あれこれ

前夜は有志での飲み会。日付が変わった頃に家へついて早々に就寝。でも3時半には起きて身支度して、いつものように(?)、東川口5:01発の一番電車に乗り込む。
IMGP4018IMGP4019





南浦和の乗り換えもそつなくこなし、横浜線への乗換えとなる東神奈川までおよそ1時間10分あまり、ひたすら寝に入る・・・。
IMGP4022IMGP4023





6:22東神奈川駅着。ここで横浜線に乗り換え6:38新横浜駅着。
IMGP4025IMGP4028





駅からの道中、道沿いに植えられている桜はまだ咲いたばかり。見頃は来週ぐらいかな?
IMGP4032IMGP4033IMGP4035





スタジアムに着いた頃は、まだ雲も厚くやや風もあり、むしろ寒いぐらいでした。
IMGP4036IMGP4038IMGP4039





開門を待つ間、横浜といえば「崎陽軒シウマイ」という事で、友人が購入したのをごちそうになることに。とってもウマー!!
IMGP4040





12:30に開門。お昼は仲間に購入をお願いしていた、こちらも崎陽軒のシウマイ弁当。これもウマーでした。
IMGP4049IMGP4050





13時からピッチでは、両クラブのジュニアユース同士の試合が行なわれました。結果は1-2でレッズジュニアユースの逆転勝ち!!トップの試合にに弾みがつきました。
IMGP4042IMGP4052IMGP4055





という事でトップも1-3で勝利!!
IMGP4063IMGP4062





試合後は、あまりの人の多さに恐れをなして、新幹線で東京へ。それでもホームには多くのレッズサポが・・・。新幹線利用率多し(笑)。
IMGP4077IMGP4079IMGP4080





東京駅からは京浜東北線で王子へ。そして地下鉄に乗り換えて20時前には東川口駅到着。

というわけでレッズの勝利に乾杯!!そして俺お疲れ。
IMGP4085

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月19日 - 2006年3月25日 | トップページ | 2006年4月2日 - 2006年4月8日 »