« 2006年3月12日 - 2006年3月18日 | トップページ | 2006年3月26日 - 2006年4月1日 »

2006.03.25

【第5節 横浜戦】

オフィシャルより

■06.03.25 [ Jリーグ第5節vs横浜F・マリノス戦 ]
2006年3月25日(土)15:34キックオフ・日産スタジアム
試合結果
横浜F・マリノス1-3浦和レッズ
得点者:43分山田、48分ワシントン、89分大島(横浜)、89分長谷部
観客数:50,572人


「振り抜いた一撃」

後半ロスタイム。横浜DFを背にボールをキープするワシントンから啓太にボールが渡ったとき、片山主審がチラリと時計に目をやった。ラスト1プレイ・・・。

啓太からの横パスを受けた長谷部が、思いっきり振り抜いたシュートが弾丸のごとくゴールに突き刺さったとき、そこで試合終了を告げる笛が吹かれた。

前半からお互いの長所を消しあう内容。そんな攻めあぐねている中で、終了間際のCKから思いがけない“先制点”。

そして後半開始早々、一度ビッグチャンスを逃したワシントンが再び横浜ゴールを襲い、DF2枚を引き連れての追加点。これでほぼ勝負が決まった。

ダメ押しのゴールを決めた長谷部のプレーとして思い出されるのは、開幕戦のガンバ大阪戦である。

啓太のシュートのこぼれ玉に、GKと1対1の場面でありながら外してしまったあの場面。奇しくも今回も啓太からのラストパス・・・。

しかし今度は違った。今までの悔しさを晴らすかように、思いっきり振りぬいて魅せたゴール・・・。

相手の息の根を止めるに十分に値するゴールだったし、今後得失点差を考えた上でこの1点は何よりも大きいだろう。


これで4連勝。周りからは“得点も多いし強い!!”ともてはやされそうだが、決してそんな事はない。連携不足やつまらないミスなど、まだまだ課題の多いところがある。

結果もさることながら内容も問われる今シーズン。首位ではあるが、油断は禁物。しかもまだ5試合しか終っていない。

今週は“ダブルホーム”での2試合。カップ戦を挟むので選手達の入れ替えも予想されるが、駒場でも埼スタでも同じキモチで、そして同じ想いで彼らと共に90分間闘っていきたい。

IMGP4059IMGP4073IMGP4074

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.03.24

第5節 横浜戦プレビュー

明日は、日産スタジアムに乗り込んで横浜F・マリノスと対戦する。

横浜は現在開幕4連勝で首位に。過去4試合の中でも、特に鹿島にアウェーで完封勝ちしたのは今年のマリノスの強さを象徴しているように思える。

今季FWに元名古屋のマルケスを獲得。目立った活躍はないものの、久保やマグロンのゴールの引き立て役として、その力をいかんなく発揮している。

また昨年まで大分で活躍していたFW吉田を右サイドで起用。左のドゥトラと共に攻撃の軸となる両翼を、縦で勝負できる選手で揃えた。

昨年、ACLに出ながら苦汁のシーズンを送った横浜。それだけに策士岡田監督の今年にかける意気込みがものすごく伝わってくる。

一方のレッズは開幕はガンバと引き分けたものの、そこから3連勝と波に乗ってきた。

前節のセレッソ戦では、前半こそ相手の堅い守備に手を焼いたものの、後半伸二のゴールを皮切りに3ゴールと圧勝。気がつけば得失点差も+8と増えてきた。

おそらく前節と変わらない布陣で臨むと思われるが、やはり1トップのワシントンの活かし方によって勝負は決まってくるのかなと思う。

1トップゆえに相手のマークが厳しくなってくる事は容易に想定される。しかし後ろの選手達がどうフォローするか。そしてどう押し上げていくかで、支配率も変わってくるだろう。早めは早めのフォローとボールの展開。そして何よりもゴールが見えたら、自信を持って打って欲しいというのが、自分としての切なる願いか・・・。


明日は厳しい闘いが予想されるだろう。相手は強豪。でもだからこそ倒しがいがある。

苦しい時間があるかもしれない・・・。でもそれは自分たちも同じ。

90分間、声上げてキモチ上げて、彼らと共に闘って行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.23

WBC後遺症

WBCでの日本代表の劇的な優勝から早2日。もう今週末はパ・リーグの開幕なんですね。

一気に盛り上がったWBCの熱を、どう日本のプロ野球に反映させるか・・・。

サッカーのようにシーズン中に“代表戦”というものがないですね・・・。

選手達もWBCを全力で闘ったことによる「燃え尽き」が心配なところです。

今、世間の注目が集まっているだけに、各球団は“ここから”が大事だと思います。

2006fnl_13R5qSkhem

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.22

昨日の試合後

暮れる夕陽に染まる「レッズバー」の近くで、人々の行き交う様子を見ながら、埼スタをバックに勝利の余韻に浸ってました。

まあこんな過ごし方もありかな・・・と。

IMGP4013IMGP4015IMGP4016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.21

【第4節 C大阪戦】

オフィシャルより

■06.03.21 [ Jリーグ第4節vsセレッソ大阪戦 ]
2006年3月21日(火・祝)15:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ3-0セレッソ大阪
得点者:47分小野、57分ワシントン、79分闘莉王
観客数:43,815人


「打開したミドルシュート」

前半は幾度となくゴール前までチャンスメイクをするが、フィニッシュが決まらない。

相手が必死に守っているのがわかる。ゴール前にがっちりと鍵をかけ、最後の防波堤が何枚も何枚も増えていく。

そんなもどかしさが続いた前半の45分間・・・。

後半にミドルレンジからのシュートが1本あれば・・・と思っていた矢先、伸二が魅せてくれた。

こぼれ玉をダイレクトで放ったシュートは、フェイエでのデビュー戦で魅せたゴールに似たループ気味のミドルシュート。

あの先制点から、流れは一気にレッズに流れ込んできた。畳み掛けるようにワシントン、そして闘莉王のゴールで3得点での圧勝。守備陣もセレッソのシュートを4本に抑えるなど完全に相手を封殺した。


次節は首位横浜との闘い。この試合でこそ、今年のレッズの強さをはかる試金石となるであろう。

相手を特段意識する事はない。また首位だからといえ恐れる事はない。

今は自分達を信じることだけ。次もキモチ上げてサポートしていこう。

IMGP3993IMGP3997IMGP4005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.20

第4節 C大阪戦プレビュー

明日はホーム埼玉スタジアムにセレッソ大阪を迎え対戦する。

セレッソは現在開幕3連敗。昨年同様開幕ダッシュに失敗した。今季はメンバーは変わり、試行錯誤の段階だろうが、相変わらず監督周辺はかなりキナ臭い模様である。

昨年セレッソ躍進の鍵となったのはボランチの下村とファビーニョの存在。しかし昨シーズン限りでファビーニョが退団し、舵取りがいなくなってしまうと迷走がさらに泥沼化していった。

しかし前節より新外国人ピンゴが右サイドからボランチに起用されると徐々にではあるが、周りとの動きが良くなってきているようだ。また前線の西澤、森島、古橋は結果こそ出ていないが、それぞれスピードとパワーを兼ね備えており常に気をつけたいところである。

一方のレッズは、前節相手方に退場者が出たとはいえ、決めるところはきっちりと決め、4-1と圧勝した。

しかしながら毎試合続く終了間際の失点は、観ていてあまり気分の良くないものだし、監督がもっとも嫌う失点パターンではなかろうか。

“気の緩み”と言われてもしょうがないだろうが、現実に起こっている事なので、選手間でしっかりとマークなどの確認をして試合に臨んでほしいものである。

昨年の対セレッソ戦は2戦2敗。駒場では緩慢な動きであっさりとゴールを許し、長居では相手の攻撃力に圧倒されてしまった・・・。セレッソは現在最下位だが、決して甘く見てはいけないし簡単には勝てない。

去年の借りを返し、そして無失点で勝つ・・・。そういう前向きで熱いキモチがあれば十分選手達と共に闘っていけるだろう。あとは「油断」という名の見えない敵を破るだけだ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼スタ前日朝7時

おはようございます。

まだまだコートが必要な寒さですが、空は青く高く澄み渡り、風も穏やかでいい天気です。

200603200701000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.19

広島遠征あれこれ

今回は往復新幹線での合計1,800kmに及ぶ遠征。

14:00試合開始ということから逆算すると、また朝早く出発することに・・・。

東川口6:08発の地下鉄で王子へ。王子から京浜東北線に乗り換え東京駅へ向かいます。
IMGP3890IMGP3892IMGP3894





6:56東京駅着。ちょうどこの時間に別のホームには、この日廃止となった「出雲号」が到着。カメラを持った鉄道ファンが多く詰め掛けてました。その横を通って新幹線ホームへ。

7;33発「のぞみ61号」に乗車。一路広島へ。
IMGP3895IMGP3897IMGP3900





この時間東海地方はお天気もよく、おかげで富士山もクッキリ。そんな富士を堪能しつつ、東京駅で買った「鶏づくし弁当」でやや遅い朝食。
IMGP3905IMGP3910





景色に飽きちゃ寝て、起きては本や新聞を読んで・・・を繰り返し、時間は11時前で、すでに東京駅から3時間半。もうすぐ岡山駅というところ桃太郎スタジアム発見!!ここは駅近ですが、もう勘弁です(笑)。
IMGP3912





11:38広島駅着。思ってる以上にレッズサポが乗っていましたね。
IMGP3914IMGP3915





広島といえば市電ですが、あえて市バスで繁華街にあるホテルへ移動。
IMGP3918





荷物を預けて、アストラムライン県庁前駅からいざスタジアムへ!!
IMGP3954IMGP3919IMGP3920





試合開始時の気温は8.4℃。雨も時折強くなってくるし、体感温度が下がってくる感じ・・・。でも勝ったから終ってからはそんなに気にせず。
IMGP3929IMGP3937





終ってからはダラダラとアストラムライン広域公園前駅へ。駅は入場制限がかかってかなり混雑してました。でもほとんどがレッズサポ・・・。
IMGP3945IMGP3948





夕食は広島中心部のパセーラにある、バイキングレストラン「野の葡萄」へ。このお店って丸の内にもあるんですね~。

たらふく食べたものの、雨の中のサポートで疲れが出たせいか、そのままホテルへ戻ってあっという間に夢の中・・・。
IMGP3951





翌朝はチェックアウト時間までまったりと過ごした後、市電で広島駅へ。
IMGP3959





12:00発の「のぞみ20号」で再び東京へ。広島滞在時間はほぼ24時間ということですかね~。
IMGP3960IMGP3963IMGP3965





道中は、広島駅の地下街で買った穴子寿司をほおばりつつ、目に入った風景を撮って時間が過ぎていく・・・。
IMGP3968IMGP3969IMGP3972





IMGP3974IMGP3978IMGP3975





見慣れた景色が見えてくると、もうそこには現実社会が待っている訳で・・・。ということで16:06東京駅着。
IMGP3980IMGP3981





東京駅からは、行きと同様に京浜東北線と地下鉄を乗り継いで17:30前に東川口到着。この時、武蔵野線は風の影響で運転を見合わせていたとのこと。この後2時間近くも止まっていたようです。

強風に耐えつつ無事帰宅。というわけで俺お疲れ。でも明後日はもう試合です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月12日 - 2006年3月18日 | トップページ | 2006年3月26日 - 2006年4月1日 »