« Jリーグアウォーズ2006 | トップページ | アレックス移籍決定か? »

2006.12.19

オジェック新監督誕生

オフィシャルより

■06.12.19 [ 新監督にホルガー・オジェック氏 ]
浦和レッズは来シーズンの監督として、ホルガー・オジェック氏と仮契約を致しましたのでお知らせ致します。
契約期間は2007年2月1日より1年間です。                

ホルガー・オジェック
Holger Osieck
1948年8月31日生まれ(58歳)ドイツ、デュイスブルグ市生まれ

◆ホルガー・オジェック氏コメント
サポーターの皆さんが長い間待ち望んだ優勝おめでとうございます。私は1997年に浦和を去ってからもレッズの動向を気にかけ調べてきました。おめでとうございます。
このたび、監督就任を引き受けることになりました。アジアや世界で活躍をするチームにするという同じ目標をクラブと持てたと感じています。私自身は、国内では絶対にトップクラスを走り続けるという位置を維持し、それをかなえたうえで、世界的なクラブに発展することを目標として掲げます。
世界のビッグクラブは、優勝に満足することなく、常に次の目標に向かっています。レッズのJリーグ優勝という偉業はだれもが知っています。今の位置に留まるのではなく、常に前進していきたいと思っています。浦和の皆さんと再会できる日を楽しみにしています。

◆藤口光紀代表コメント
オジェック氏に監督就任をお願いしたのは次の要素があったからです。まず、レッズがアジアや世界ではばたくには、世界的な見聞のある監督が必要でした。オジェック氏はカナダ代表監督やFIFA等で国際的経験を積んでいます。第二に、浦和の雰囲気、浦和の香りを知っていることです。オジェック氏は10年前のレッズでの監督経験があり、浦和のことも気に入ってもらっています。そして最後に、エンゲルスコーチをはじめ、今のコーチングスタッフをうまく活かしてもらえるということで、オジェック氏と考えを共有できました。
来年はJリーグ連覇はもちろんのこと、アジアでの飛躍を狙います。私たちはまだ天皇杯で闘っている最中ですが、これからもファン・サポーターの皆さんと共に闘い、共に前進していきたいと思います。




というわけで、ついに発表になりました。昔からのサポーターにとっては懐かしい方であるし、最近からのサポーターにとっては、楽しみな方でもあります。

ドイツ路線を継承できたのはいいことですし、アジアへ目先を変えるためには内情を知っている人物にアプローチできたのはよかったことだと思います。

オジェック監督が浦和を離れてもう10年。あっという間でした。

あの頃、自分達も選手達も常に勝利に飢えていました。1つ勝つことの喜びがあんなにうれしい事だとは知りませんでした。そしてオジェック監督もギド同様に常に喜怒哀楽が激しい人でした。

レッズの新たな挑戦が彼の元でまた始まります。しかしその前にギドに最後の有終の美を飾らせるためにも、元日まで頑張っていきたいですね。

|

« Jリーグアウォーズ2006 | トップページ | アレックス移籍決定か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/13135197

この記事へのトラックバック一覧です: オジェック新監督誕生:

« Jリーグアウォーズ2006 | トップページ | アレックス移籍決定か? »