« 今宵、浦和の街にて | トップページ | 【天皇杯決勝 G大阪戦】 »

2006.12.31

天皇杯決勝 ガンバ大阪戦プレビュー

【今季対戦】
〔ゼロックススーパーカップ(2006.2.25)(JリーグHP)(浦和HP)(G大阪HP)〕
〔Jリーグ第1節(2006.3.4)(JリーグHP)(浦和HP)(G大阪HP)〕
〔Jリーグ第34節(2006.12.2)(JリーグHP)(浦和HP)(G大阪HP)〕

明日は天皇杯決勝。賜杯をかけ、国立競技場でガンバ大阪と対戦する。

ガンバは5回戦を延長戦のすえ広島を振り切り、準々決勝は横浜F・マリノスを破った。準決勝はFW播戸を出場停止で欠くも、札幌相手に2-1で完勝し、Jリーグになって以来始めての天皇杯決勝進出を果たした。

リーグ戦の最終節同様ベストメンバーで来ることが予想される。その得点力もそうだが、遠藤が復帰したガンバは脅威だけに十分に注意したいところだ。また今季でチームを離れるDF宮本のためにチームが一丸となっているのが怖いところだ。

一方のレッズは準決勝の鹿島戦は、前半伸二の芸術的なゴールで先制するも後半追いつかれた。しかし終了間際、伸二からポンテへのパス交換から、彼の振り抜いたシュートが相手DFに当たり、コースが変わりゴールへ吸い込まれた。

満身創痍で十分に組めないメンバー構成。ガンバに比べると力は劣ると思う。しかしそんな中、今の選手達で構成する最大限のベストメンバーでレッズは闘っている。それだけにこのメンバーで賜杯を獲ることは、来シーズンを見据える上でも重要だろう。


「共に戦い、共に頂点へ ALL COME TOGETHER!」

これは、レッズがシーズン終盤にリーグ制覇へ向けて掲げたスローガンだった。その言葉を再び噛み締めて、ギドと共に闘う最後の「TOGETHER」を『天皇杯連覇』そして『2冠』という最高の形で新年を迎えるために、明日もまた選手達と共に闘っていきたい。

|

« 今宵、浦和の街にて | トップページ | 【天皇杯決勝 G大阪戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/13282755

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯決勝 ガンバ大阪戦プレビュー:

« 今宵、浦和の街にて | トップページ | 【天皇杯決勝 G大阪戦】 »