« 天皇杯準決勝 鹿島戦プレビュー | トップページ | 今宵、浦和の街にて »

2006.12.29

【天皇杯準決勝 鹿島戦】

オフィシャルより

■06.12.29 [ 第86回天皇杯、準決勝vs鹿島アントラーズ ]
2006年12月29日(金)15:04キックオフ・国立競技場
試合結果
浦和レッズ2-1鹿島アントラーズ
得点者:40分小野、69分岩政(鹿島)、82分ポンテ

※決勝戦vsガンバ大阪<1月1日(月・祝)14:00キックオフ・国立競技場>


「さあ、舞台は整った」

2大会連続の優勝へ向け、ついに決勝戦へ駒を進めた。

試合は終始鹿島がペースを握り、レッズは相手の一瞬の隙を狙ってゴールを奪うという展開だった。

レギュラー陣が相次いで欠場する中ではあるが、難しいメンバー構成も起用された選手達がしっかりと結果をだして頑張ってくれている。その中での伸二のゴールは圧巻だったといっても過言ではない。

欧州を経験したある意味もうベテランの域に達した“小野伸二”。彼が魅せるプレーは他の選手達に与える影響は大きいと思う。しかも結果を出しているのだからなおさらである。そして共に調子が上向きのポンテと組む2シャドーは、相手にとって脅威である。

また再び元日決勝の舞台へ進むことになった。相手はガンバ大阪。これ以上の相手はいない。そしてレッズ最高の指揮官を送り出す準備は整った。自分達も気負わずシーズン最後の試合へ向けて、最高の舞台に臨んでいきたい。

Imgp6983Imgp6997Imgp7004

|

« 天皇杯準決勝 鹿島戦プレビュー | トップページ | 今宵、浦和の街にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/13251340

この記事へのトラックバック一覧です: 【天皇杯準決勝 鹿島戦】:

« 天皇杯準決勝 鹿島戦プレビュー | トップページ | 今宵、浦和の街にて »