« 駒場前日朝7時 | トップページ | 【第27節 福岡戦】 »

2006.10.14

第27節 福岡戦プレビュー

【前回対戦 第7節(2006.4.9)】
JリーグHP)(浦和HP)(福岡HP

明日は、久々のホーム駒場スタジアムにアビスパ福岡をむかえ対戦する。

福岡は現在、3勝10分13敗の勝点19で第16位。C大阪、京都とほぼ並んで降格圏内でもがき苦しんでいる。しかしここ6試合は2勝2分2敗で特に前節ホームで鹿島に勝利。降格圏脱出に向けモチベーションは上がっていると思われる。

ただ今節は累積や怪我でレギュラークラスの選手が4人も不在で、その連携に不安を隠せない。でも前回対戦した時はロスタイムまで苦しめられただけに、そう簡単に試合は動かないだろう。

一方のレッズは前節千葉に2年ぶりに勝利。早々に相手の退場があり先制点を奪うもの、その後はなかなか得点を積み上げられず苦しい展開だった。しかしそういう状況であっても勝点3を得たことは大きいと思う。

今節はポンテが累積で出場停止、小野や闘莉王も怪我の具合が心配され出場できるか流動的だ。しかしここ数試合は山田暢久の調子が上がっている。トップ下も無難にこなし、結果も出しているだけに期待をしたい。また前節から先発出場しているDFネネも、坪井の穴を十分に埋めており力強い限りだ。

明日は相手が格下とはいえ、降格圏内で苦しんでいるチームとの対戦。たとえ相手もメンバーが揃わなくても、モチベーションが高くなることは間違いないだろう。その想いを上回って圧倒することが大事だ。

久々の駒場での試合。「駒場だからダメだった・・・」というような試合にしてはいけないし、させてはいけない。器が違えど同じホームスタジアム。全力で選手達と共に闘うキモチはここでも一緒だ。

日曜の試合でなにかとプレッシャーがあるかもしれないが、まずは目の前を敵を倒し勝点3を奪うことが大切。前を向いてキモチ上げて明日も闘っていこう。

|

« 駒場前日朝7時 | トップページ | 【第27節 福岡戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/12289333

この記事へのトラックバック一覧です: 第27節 福岡戦プレビュー:

« 駒場前日朝7時 | トップページ | 【第27節 福岡戦】 »