« 第27節 福岡戦プレビュー | トップページ | クラブW杯と岩本輝雄 »

2006.10.15

【第27節 福岡戦】

オフィシャルより

■06.10.15 [ Jリーグ第27節vsアビスパ福岡 ]
2006年10月15日(日)15:04キックオフ・駒場スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-1アビスパ福岡
得点者:20分闘莉王、45分ワシントン、89分吉村(福岡)
観客数:17,541人


「埼スタに慣れてしまったカラダ」

後半開始早々、達也のシュートのこぼれ玉をワシントンが決め2点目を奪った。しかしその後は福岡を畳み掛けることができず、しかも終了直後に失点を許してしまい、いまいち後味が良くない終わり方になってしまった。

しかし内容が悪いとはいえ、キッチリと勝点3を奪った事実は変わらない。かつ2位のガンバとの差を広げたのだから、これでいいのだろう。“着実に前へ進む”ということは、こういうことなのかもしれない。

久しぶりの駒場であったが、埼スタとの芝の差は歴然だった。試合を通して何度もシュートチャンスがありながら、荒れた芝に軸足をとられてしまいシュートミスになってしまう場面が何度かあった。もし埼スタだったらどうだったか・・・。

決して駒場を否定するつもりはないし、昔はこういう状況でやっていたのだから何も言えない。ただ芝の荒れ方ひとつで、選手達のミスが多くなってしまうということが気になった。

埼スタの手入れの行き届いた芝でプレーする事に慣れてしまった選手達は、今後駒場に限らずACLなどの舞台で、東アジアなどのスタジアムでの試合を経験することだろう。そこで荒れ放題なピッチでのプレーの難しさを痛感しなければならないと思う。

それを考えると今日の駒場での試合は、今後を見越せばいい経験になったのかもしれないし、そういうことも頭の片隅に入れておかなければならないだろう。

どんな状況下においても勝点3を奪うことの大切さ・・・。その経験を積み上げ、次も前を向いて闘っていこう。

Imgp6097Imgp6109Imgp6111

|

« 第27節 福岡戦プレビュー | トップページ | クラブW杯と岩本輝雄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/12293677

この記事へのトラックバック一覧です: 【第27節 福岡戦】:

« 第27節 福岡戦プレビュー | トップページ | クラブW杯と岩本輝雄 »