« 第24節 清水戦プレビュー | トップページ | 久々のデーゲーム »

2006.09.23

【第24節 清水戦】

オフィシャルより

■06.09.23 [ Jリーグ第24節vs清水エスパルス ]
2006年9月23日(土・祝)15:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-0清水エスパルス
得点者:16分ワシントン
観客数:48,378人

「当たり前のキモチ」

攻撃陣がチャンスをことごとく外しても、しっかり完封で勝点3を奪ったレッズ。この日ばかりはいつも以上に守備陣を褒めるべきであろう。

前半早々にワシントンが先制点を決め、理想的な試合運びであったが、後半は清水のパワーアップした攻撃に一苦労したが、最後まで集中していたと思う。

この試合も満足できるには程遠かったが、ここ数試合の流れからすると、そういう悪い状況は脱しつつあるのかもしれない。

今はひたすら上を追いかける状況。だからこそつまらないところで負けたくないし、必死に食らいついて勝点を積み上げていくしかない。もちろん内容も重要だが、それは選手達のコメントを聞く限り、奮起を促す言葉が並べられているだけに、ただそれを待つしかないだろう。


試合後、清水の長谷川監督が

「残念だったのは、立ち上がりから失点するまでの時間帯のプレー。ここ埼玉スタジアム独特の雰囲気に少しのまれた感があり、落ち着きが無い選手が何人かいて試合開始から相手とがっぷり四つで戦うことが難しい状態だった。」

と語った。自分達は気づいていないのかもしれないが、相手にとっては埼スタの雰囲気を相当プレッシャーに感じているようだ。

だが、それはレッズの選手達を後押ししたい・・・勝たせたい・・・という、『当たり前のキモチ』だけで創り上げられたものだと思う。決して改めて何か施しているわけではない。

残りリーグ戦は10試合。その『当たり前のキモチ』を常に出して、選手達と共に闘って、最後には最高の結果を出したいところだ。

今はただ前を向いて、目の前の敵を倒していくだけだ・・・。

Imgp5880Imgp5883Imgp5889

|

« 第24節 清水戦プレビュー | トップページ | 久々のデーゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/12008081

この記事へのトラックバック一覧です: 【第24節 清水戦】:

« 第24節 清水戦プレビュー | トップページ | 久々のデーゲーム »