« さて週末は・・・ | トップページ | 【第25節 京都戦】 »

2006.09.29

第25節 京都戦プレビュー

【前回対戦 第8節(2006.4.15)】
JリーグHP)(浦和HP)(京都HP

明日は西京極陸上競技場にのりこみ、京都パープルサンガと対戦する。

京都は現在、4勝6分14敗の勝点18で第16位。下位2チームとの勝点差が「2」に迫っており、最低でも自動降格だけは避けたいところ。23節にホームでFC東京には勝ったものの、過去5試合では1得点8失点と得点力不足と失点の多さが目立つ。

昨年のJ2得点王であるパウリーニョや田原を中心としたFW陣は飛び出しがうまいだけに、中盤からのパスの出どころをしっかりと抑えることが重要だ。また以前レッズに在籍していた石井や三上もスタメンの可能性がある。過去レッズ在籍していた選手にやられる事があるので、そのあたりも注意したいところだ。

また残留争いにいるチームは、残り試合が少なくなってくると見えない力が発揮するときがある。彼らのホームだけに、まずは『油断』だけには気をつけたい。

一方のレッズは前節は清水に辛勝。前半のワシントンが決めた得点を守りきった。守備はいいのだが攻撃力がまだ本調子になっていないようだ。特に達也の得点が見られないのが淋しい限りだ。しかし相方のワシントンを上手く生かしているだけに貴重な存在といっても過言ではない。

今節はワシントンの欠場が濃厚だ。となると達也や永井、そして怪我から復帰したポンテや小野に期待がかかる。「ワシントンがいないから点が入らない」というのは理由にならない。しかも首位ガンバを捕まえるためには、より得点が必要だけに、まずは「点を獲る」という意識を高く持って試合に臨んで欲しい。


残り10試合。いよいよラストが見えてきた。しかしここ数試合のレッズは、どこか不完全燃焼のような気がしてならない。勝つには勝つのだが、なかなかキモチがスカっとしない・・・。

それはなぜか・・・。おそらく勝つ事だけに集中してしまって、点を獲ることよりも獲られてしまうことにキモチがいってしまっているのではないか・・・。もちろん勝つ事、勝点3を獲る事は何よりもかえ難い。でもとんどん点を獲らないと最後にガンバとの直接対決を残しているだけに勝点以上に大きな差となってしまう。

まずは勝つ事。そしてより多く点を獲って勝つ事。それが明日の試合のポイントではないかと思う。

そんな彼らを後押しするために、明日も精一杯キモチ上げて共に闘っていきたい。

|

« さて週末は・・・ | トップページ | 【第25節 京都戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/12091431

この記事へのトラックバック一覧です: 第25節 京都戦プレビュー:

« さて週末は・・・ | トップページ | 【第25節 京都戦】 »