« 第21節 大分戦プレビュー | トップページ | 大分遠征あれこれ »

2006.08.30

【第21節 大分戦】

オフィシャルより

■06.08.30 [ Jリーグ第21節vs大分トリニータ戦 ]
2006年8月30日(水)19:04キックオフ・九州石油ドーム
試合結果
大分トリニータ2-1浦和レッズ
得点者:9分高松(大分)、59分高橋(大分)、76分ワシントン
観衆数:27,843人


「最後まであきらめないキモチ」

惨敗だった。前半シュート0本ではどうしようもない。

レッズの選手達の疲れが一気に噴出し、ミスを連発してたのもそうだが、大分のしっかりとした守備網に成すすべがなかった。

特に2失点ともセルフジャッジだったのが悔やまれる。ギドは2失点目に絡んで啓太の負傷について言及していたが、主審の笛を待っていてはいけない。最後まであきらめないで相手を止めなければならないのに、それを怠ってしまいスペースをつかれてしまった。

攻撃陣も後半ようやく動き出すものの、連動性が少なく押し上げも乏しかった。もっともっと中盤の選手達が前線に絡んでほしかったが、それは今に始まったことではない。

代表日程も含めて、この夏場の連戦をこなした選手達には“お疲れさま”と言いたい。だがそれ以上に代表選手を使いこなすのは難しいと感じた。特に今日は疲労のピークだったように思われる。だからこそ控えの選手達を使って欲しい・・・と感じるのは自分だけか。

ひとまずこれでリーグ戦はしばしの休みに入る。今日の負けをしっかりと受け入れ、次にキモチを入れ替えていきたい。

Imgp5618Imgp5621Imgp5623

|

« 第21節 大分戦プレビュー | トップページ | 大分遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/11687710

この記事へのトラックバック一覧です: 【第21節 大分戦】:

« 第21節 大分戦プレビュー | トップページ | 大分遠征あれこれ »