« 今宵は国立にて | トップページ | 【第19節 新潟戦】 »

2006.08.22

第19節 新潟戦プレビュー

【前回対戦 第13節(2006.7.19)】
JリーグHP)(浦和HP)(新潟HP

明日はホーム埼玉スタジアムに、アルビレックス新潟をむかえ対戦する。新潟とはW杯再開直後にアウェーで敗れてからわずか1ヶ月後の対戦となる。

新潟は現在第9位。中断後はレッズに勝つもその後4連敗。前節ようやくホームで川崎に勝ち連敗を止めた。

しかし今節はDFの三田が出場停止、中盤のシルビーニョが怪我と戦力が整わない。しかし前回の対戦でゴールを決められたエジミウソンや急成長中の矢野が控えているだけに油断はできない。

一方のレッズは、前節アウェーで鹿島相手に2点のビハインドからようやく追いついて引き分けに持ち込んだ。

FWワシントンが復帰し攻撃のオプションが増えたが、“連携”という点を考えるとまだまだ発展途上だ。しかし彼の決定力は高いので、達也や他の中盤の選手との絡みがうまくいけばもっと期待してもいいだろう。

特に伸二が2試合連続ゴール中で調子を上げている。中盤からの飛び出しやフォローも重要なので、彼の動きにも注目したい。


前回、新潟との対戦はスタジアムの雰囲気に飲み込まれた感じだった。決して相手も動きが格段にいいとはいえないのだが、ホームの後押しがそれを呼び起こしたのだと思う。

あれからわずか1ヵ月後の再戦。当然その借りを返す想いは選手達と同様に高い。前節鹿島の貴重な勝点1を生かすためにも、この試合は重要だ。

ホームに戻って自分達もキモチ切り替えて、想い高くして闘っていきたい。

|

« 今宵は国立にて | トップページ | 【第19節 新潟戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/11567624

この記事へのトラックバック一覧です: 第19節 新潟戦プレビュー:

« 今宵は国立にて | トップページ | 【第19節 新潟戦】 »