« 大阪遠征あれこれ(Vol.2) | トップページ | 【第21節 大分戦】 »

2006.08.29

第21節 大分戦プレビュー

【前回対戦 第15節(2006.7.26)】
JリーグHP)(浦和HP)(大分HP

明日は、アウェー九州石油ドームにのりこんで大分トリニータと対戦する。

大分は現在9勝5分6敗、勝点32で第7位。前回レッズと対戦して以降2勝3分と負けておらず、調子の良さがわかる。しかも前節新潟にアウェーで引き分けたものの一時は2点のビハインドをひっくり返しており、その底力は侮れない。

前回対戦時は1-0というスコアであったが、終始大分のペースだった。前節ゴールを決めた高松や松橋、調子を上げている高橋ら攻撃陣の動きに注意したい。

一方のレッズは前節セレッソ大阪に辛勝。堀之内、永井のゴールがあったものの、後半はミスの連発で自ら試合の流れを変えてしまい苦しんだ。堅守を誇るレッズもここ3試合は4失点とピリッとしない内容が続く。

今節はFWワシントンが復帰。彼持ち味の高さとキープ力が上がるだけに、前節以上に試合を優位に進めたいところだ。もちろん周りのフォローも必要だ。相手を引き付けることでスペースを活用できるようにしたい。

明日の大分戦で10日間で4試合の真夏の連戦が終わる。代表選手達はまだまだ連戦が続くが、もうひと頑張りといったところだろうか。特に今回の九州石油ドームは開閉式という事で暑さがピッチにこもってしまう弊害も予想される。

楽に勝てる相手などはいない。90分間全力で相手に向かって闘うことが大切だ。それは自分達も分かっていること。セレッソ戦での苦戦を教訓に、明日も選手達と共にキモチ上げて闘っていきたい。

|

« 大阪遠征あれこれ(Vol.2) | トップページ | 【第21節 大分戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/11679041

この記事へのトラックバック一覧です: 第21節 大分戦プレビュー:

« 大阪遠征あれこれ(Vol.2) | トップページ | 【第21節 大分戦】 »