« 【1次リーグ クロアチア戦】 | トップページ | 気力と体力の限界 »

2006.06.19

ジーコJAPANの評価とは

日本戦が終わり、やや停滞気味の月曜日の夜。今宵は“トーゴ-スイス戦”を観ながら執筆中であります。

1分1敗の日本代表。ブラジル戦にすべてをかける訳ですが、そんな代表に対して海外有力紙から、かなり酷評されているようです。

「かわいそうなジーコ」 イタリア紙(共同通信)

【ローマ19日共同】サッカー・ワールドカップ(W杯)の日本-クロアチア戦について、19日付のイタリアのスポーツ紙コリエレ・デロ・スポルトは「かわいそうなジーコ」との書き出しで日本チームを酷評した。
 同紙はジーコ監督について「中村(俊輔選手)以外は才能のないチームの監督に当たってしまった。しかも最後の希望は母国との対戦にかかっている」とし、「母国ではペレに一番近かった人間にとって、この運命はひどい」と指摘した。
 ガゼッタ・デロ・スポルトも「攻撃の4人はシュートしようとしない。日本選手はゴール前20メートルで姿を消す」と評した。

日本攻撃陣に辛口評価 ドイツ紙が報道(共同通信)

【ハンブルク19日共同】18日にクロアチアと0-0で引き分けた日本の攻撃陣に対し、19日付のドイツ紙は辛口の評価を下した。
 大衆紙ビルトは後半にFW柳沢が決定機を逃した場面について「元ドイツ監督のフェラー氏なら、ギプスをしてでも得点できた」との元西ドイツ代表リトバルスキー氏のコメントを紹介した。一方でPKを防ぐなど好守が目立ったGK川口には「何度も止めた英雄」と絶賛した。
 1が最も良いとされる6段階評価での選手評価では川口の「2」が最高で高原、加地、福西が「5」だった。
 ドイツのサッカー専門誌キッカーでは5段階評価でやはり川口が最高の「2」をマーク。柳沢、高原のFW2人とPKを与えた宮本が「5」と酷評された。また「中村をはじめ、MFはそろって攻撃力不足。ボールは持っていても、実際に生かせない」と断じた。


まぁ・・・確かに当たってますわなぁ・・・。あちらの皆さんもよく見てますね~。

|

« 【1次リーグ クロアチア戦】 | トップページ | 気力と体力の限界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/10600067

この記事へのトラックバック一覧です: ジーコJAPANの評価とは:

« 【1次リーグ クロアチア戦】 | トップページ | 気力と体力の限界 »