« 達也復活ゴール!! | トップページ | 新ルール「アウェーゴール」を考える »

2006.05.31

日本-ドイツ戦

えぇえぇAM3時に起きると書いておきながら、結局5時30分まで眠りこけてしまったとろさーもんです。

この試合について、“結果”より“内容重視”として考えるならば、いい意味で良かったのではないでしょうか。

やはりスコア2-0というのは一番危険ですね~。2点獲られた後のスタジアムの雰囲気は、中継を見る限り異様でしたから、本当はドイツにしてみれば日本は調整相手に持って来いだと思ったのでしょう。しかし逆にやられてしまった感がアリアリと感じ取れました。

日本はやはり守備、特にサイドからの攻撃に対してはまだまだ不安ですね。同組の3チームはそこを徹底的に突いてくるでしょうから、きちんと修正をして本番に臨んで欲しいです。

テレビを見てると、テストマッチにもかかわらず「絶対に負けられない戦い」とか試合が終っても「勝てた試合だった」という超ポジティブな意見が、実況や解説者などコメンテーターの皆さんから出ていたようですね・・・。

あくまで本番に向けてのテストマッチ。今からこんなテンションじゃW杯本番が心配ですわ・・・。

|

« 達也復活ゴール!! | トップページ | 新ルール「アウェーゴール」を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/10337946

この記事へのトラックバック一覧です: 日本-ドイツ戦:

» Google []
Google news and reviews [続きを読む]

受信: 2006.06.01 07:10

« 達也復活ゴール!! | トップページ | 新ルール「アウェーゴール」を考える »