« 年度末の都心の真ん中で・・・ | トップページ | 【第6節 名古屋戦】 »

2006.04.01

第6節 名古屋戦プレビュー

明日は、ホーム埼玉スタジアムに名古屋グランパスエイトをむかえ対戦する。

名古屋はここまでリーグ戦は2勝1分2敗、勝ち点7の11位。開幕戦こそ昨年のリーグ2位セレッソに3得点で打ち勝ったものの、その後は4試合でわずかPKによる1得点と決していい状態はいえない。

また今季からフェルフォーセン氏を監督にむかえ、昨年までの南米型から欧州型へスタイルが変わりつつあるが、主力選手の怪我が相次ぎ、現在はFW玉田が孤軍奮闘している。直前に行なわれたナビスコカップでもホームで甲府に大敗し、チームとしてはなかなか波に乗り切れていない状況である。

一方のレッズは前節横浜F・マリノスに勝利し、4連勝となった。水曜日に行なわれたナビスコカップでは主力を大きく欠いたが、2-0でFC東京に勝利し、選手層の厚さを証明できる試合となった。

木曜日に代表戦が行なわれた影響で、選手起用が難しいところもあるが、おそらく変わらないと思われる。しかしナビスコカップで終了直前に、腰の異常を訴えたFWワシントンの状況が気になる。

現在レッズは攻守の切り替えがとても上手く言っていると思う。相手への素早いチェックを何度も繰り返すことで、ボールを奪い前線へ送る。相手にとっては去年のような早いだけのサッカーと異なるので、手を焼いているのは事実だと思う。


首位に立ったことで、より相手からのマークがきつくなるのは容易に想像できる。そういうことで今後は難しい試合が多くなるだろう。先日のナビスコカップでも途中までそのような状態であった。

自分達は、手拍子や声で選手達を鼓舞するしかサポートの手段はない。でもそのような膠着状態のとき、ただボールが回らないからとかミスを繰り返すだけで、安易に自分の選手達に野次を飛ばすことはいいことなのか・・・。

勝たせるためには90分間あきらめないこと。目の前の敵を倒すために彼らと共に闘うこと。余計なことはいらない・・・。ホームでの試合、前を向いてキモチ上げて闘っていこう。

|

« 年度末の都心の真ん中で・・・ | トップページ | 【第6節 名古屋戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/9387279

この記事へのトラックバック一覧です: 第6節 名古屋戦プレビュー:

« 年度末の都心の真ん中で・・・ | トップページ | 【第6節 名古屋戦】 »