« 弥生三月繁忙期 | トップページ | 【第1節 G大阪戦】 »

2006.03.03

第1節 G大阪戦プレビュー

いよいよ2006年のJリーグ開幕。明日のオープニングゲームは大阪・万博記念競技場にのりこみ、昨年のリーグチャンピオンガンバ大阪と対戦する。

先週、ゼロックススーパーカップで対戦し3-1で勝利したものの、ガンバは核となる代表選手を先発から外し、本来の姿を見せることはなかった。

しかし明日はそうはいかない。宮本、遠藤、加地と豊富なタレントを擁し、中盤とサイドの攻撃力は昨年よりも上がっていると思われる。FWマグノアウベスは縦への動きが得意なだけに注意したいところだ。

一方のレッズは、先週は新加入ワシントンをトップに据えた3-6-1のシステムで臨んだ。小野、ポンテをはじめとした攻撃力は格段に上がったが、以前から指摘されている中盤の底の守備が、まだあやふやなように思われる。

しかし最初からうまくいくわけがない。とにかく明日は勢いをつけるためにも、アウェーの地で勝ち点3が欲しいところだ。

今シーズンも34試合。途中ドイツW杯で中断するも、12月まで長く熱いリーグ戦が始まる。今年は豊かな戦力補強から、周りからは優勝候補の声が高い。サポートする側も期待したいところであるが、まずは自分たちの足元をしっかり据えていかなければならないと思う。

去年、勝ち点1に泣いた思いを胸に1試合1試合、そして最後のロスタイムまであきらめずに選手達と共に闘っていきたい。

PRIDE OF URAWAのキモチを高く持って・・・。

|

« 弥生三月繁忙期 | トップページ | 【第1節 G大阪戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/8921970

この記事へのトラックバック一覧です: 第1節 G大阪戦プレビュー:

« 弥生三月繁忙期 | トップページ | 【第1節 G大阪戦】 »