« 今宵赤坂の街で・・・ | トップページ | 第3節 広島戦プレビュー »

2006.03.16

WBC 韓国戦

残念でしたね・・・。まあまだ可能性はありますが。

日本、韓国に1-2と敗戦…準決勝進出は厳しい状況に=WBC(スポーツナビ)

日本、世界一の道は遠く……。ワールドベースボールクラシック(WBC)の2次リーグプール1、日本vs.韓国が16日(日本時間)、米国エンゼル・スタジアムで行われ、日本は1-2と敗れた。0-0で迎えた8回、四球、中前打をきっかけに1死二、三塁とされると、藤川がイ・ジョンボムに2点タイムリー二塁打を浴びた。(一部割愛)

選手達が悔しい表情を見せていたのはよくわかりますが、それ以上に周りの反応(つまり球界全体の反応)がまるでお通夜状態だったのにはビックリしました。そういうことになるということは、“韓国に負けるわけがない・・・”と周りが思っていたからこその反応だと思います。

サッカーとは違い、野球は個人の1プレーや1打席が大きく影響されやすいです。さきほど観たあるスポーツニュースでも解説者が「あの場面で○○選手がこうしてれば・・・」とコメントしていたように、実は個人にかかる負担もかなり大きいことがわかります。

あと思ったのは、試合が終ってからの記者による選手のコメント取りというのは、別に国際大会だからって、ピッタリマークする日本のスタイルとほとんど変わらないんですね。でもあの選手達の悔しがり方からすると、むりやり彼らにコメントを求めるのは酷なような気がするんですが・・・。

|

« 今宵赤坂の街で・・・ | トップページ | 第3節 広島戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/9125082

この記事へのトラックバック一覧です: WBC 韓国戦:

« 今宵赤坂の街で・・・ | トップページ | 第3節 広島戦プレビュー »