« 駒場前日朝7時 | トップページ | 【ナビスコカップ予選L第1節 FC東京戦】 »

2006.03.28

ナビスコ予選L第1節 FC東京戦プレビュー

明日からヤマザキナビスコカップが開幕。久々のホーム駒場スタジアムにFC東京をむかえ対戦する。

FC東京はリーグ戦では2勝1分2敗の勝ち点7。前節の京都戦では試合終了直前に勝ち越し2-1で勝利し、開幕戦以来4試合ぶりの勝利となった。

今シーズンは昨年の原前監督の攻撃的サッカーをより上回るサッカーを目指すため、クラブ初となる外国人監督となるガーロ氏を向かえた。ベースとなるシステムは4-4-2。だが相手のシステムに合わせて、3-5-2で臨むときもあるようだ。

今回は代表でGK土肥、DF茂庭が欠場し、若干の入替が予想されるが、中盤や前線の構成が変わらないので、速攻に気をつけなければならない。また途中からの起用が予想される阿部もスピードと高い決定力があり、昨年の天皇杯でも苦しんだので終盤間際の攻撃に注意したい。

一方のレッズは、リーグ戦4勝1分0敗の勝ち点13。開幕戦はガンバ大阪に引き分けたものの、それ以降は4連勝と調子が上がってきた。得点者もFWだけにとどまらず他のポジションの選手達が挙げるのも、今年のレッズの特徴ではないか。

代表で坪井、小野、三都主、長谷部と今の屋台骨を支える4選手が欠場。しかしバックアップの層が厚いと言われるレッズは、明日はその試金石といわれる試合となる。

システムも従来の3-6-1なのか、変えてくるのかまだわからない。しかし大幅に変えてくる事はあまり考えにくいので、あいているポジションに適材適所となる選手を起用するものと思われる。リザーブ選手にとって、アピールできる絶好の機会だと思うので、起用された選手には個々のプレーもそうだが勝ち点3に向けて頑張って欲しいと思う。


明日からリーグ戦とは異なるリーグカップウィナーを懸けた闘いが始まる。代表の影響で選手も大幅に入れ替わる事が予想される。しかし今のレッズにとってそれは非常に楽しみな事であり、新たな選手達の力をみる最高の場ではないかと思う。メンバーが入れ替わろうと、ピッチで闘う赤いユニフォームに袖をとおした選手達へは、精一杯サポートしていく。

またあの国立の舞台へ戻るために、そしてナビスコカップのタイトルを奪い返すために、キモチを入れ替えて明日も闘っていこう。

|

« 駒場前日朝7時 | トップページ | 【ナビスコカップ予選L第1節 FC東京戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/9298629

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ予選L第1節 FC東京戦プレビュー :

« 駒場前日朝7時 | トップページ | 【ナビスコカップ予選L第1節 FC東京戦】 »