« Jリーグ30 | トップページ | キング監督補佐 »

2006.01.18

ユニホームリニューアル

今日はこの話題から・・・。

浦和の新ユニホーム背中に「シンジ」「ケイタ」「タツヤ」(埼玉新聞)
 

Jリーグは17日、J1、J2合同実行委員会を行い、浦和が今季使用するユニホームの背中に、Jリーグのクラブとして初めて選手名を入れることを了承した。MF小野伸二、MF鈴木啓太、FW田中達也の3選手は登録名と異なり、名字ではなく名前を使用する。「シンジ」「ケイタ」「タツヤ」のローマ字表記とする。25日の理事会で正式に承認される。

 浦和の犬飼基昭社長はまた、ユニホームのスポンサーやデザインも明らかにした。胸のスポンサーは昨季から引き続き「vodafone」になるが、背中には2季ぶりに「FUSO」が復活。背中に入っていた「MITSUBISHI MOTORS」はパンツに回り、パンツにプリントされていた「SEGA」がなくなる。犬飼社長は「(セガには)長年お世話になったが、ことしはご遠慮していただいた」と説明した。

 デザインはクラブのエンブレムが左胸から中央上へ移り、右袖には天皇杯優勝チームが歴代着けている日本協会のシンボルマークである3本足の八咫烏(やたがらす)が入る。また、ホーム用ユニホームの色が昨季よりも鮮やかな赤に変わることも分かった。

 新ユニホームは26日に行われる小野の加入会見で披露される。


名前入りのユニとはちょっと驚きました。背中に「FUSO」なので、背番号の下に名前が表記されるのでしょうか。

昨年ボーダフォンが胸スポンサーとなり、デザインが一新してからわずか1年で変わってしまうと、レプリカを買うほうはある意味大変です(笑)。

でもそれだけユニはある意味「チームの顔」ですし、少しでもインパクトのあるものにしたいという、社長をはじめとしたフロント首脳陣の、今年に懸ける並々ならぬ意欲を感じます~。

オイラはやっぱりレッズといえば、“胸にスリーダイヤ”のイメージが高いですね。

|

« Jリーグ30 | トップページ | キング監督補佐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/8225917

この記事へのトラックバック一覧です: ユニホームリニューアル:

« Jリーグ30 | トップページ | キング監督補佐 »