« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月1日 - 2006年1月7日 »

2005.12.31

天皇杯決勝 清水戦プレビュー

【今季対戦】
《リーグ戦第5節(2005.4.13)》
JリーグHP)(浦和HP)(清水HP

《リーグ戦第18節(2005.7.23)》
JリーグHP)(浦和HP)(清水HP

《ナビスコカップ準々決勝第1戦(2005.8.6)》
JリーグHP)(浦和HP)(清水HP

《ナビスコカップ準々決勝第2戦(2005.8.14)》
JリーグHP)(浦和HP)(清水HP


いよいよ明日は天皇杯決勝。賜杯をかけ清水エスパルスと対戦する。

清水とは今季3勝1分。しかしいずれも1点勝負という内容で侮れない。また清水は天皇杯4試合でいずれも無失点と守備が安定している。とくに準決勝では攻撃力を誇るセレッソに完封勝ち。サイドからのクロスで高さある攻撃に注意したい。

一方のレッズは天皇杯決勝という舞台に浦和レッズとしては初めて。準決勝も大宮に延長まで苦しめられるも、地力で突き放した。

今季、あと一歩でジェフに敗れ決勝への道を断たれたナビスコカップ。そして何度となく首の皮を残しつつも2位で終ったリーグ戦。その後の天皇杯に臨む選手達の姿は一段とたくましいものに変わっていった。最後のタイトルを獲るために突き進んでいく選手達・・・。

元日を選手達と迎える事は、サッカーに携わる人間として嬉しいことである。でもそこが俺達の“夢”ではない。準優勝で終ってはただの“新年の祝い事”になってしまう。

頂点を狙う闘い・・・。ここ数年でレッズの選手達はそんな舞台を何度も経験してきた。それは俺達にも言えること。明日はリーグ最終節の新潟戦以上となる今季最大で最後の闘いとなるだろう。そんな一戦を選手達と共に闘えることは誇りであり、心に刻まなければならない・・・。

タイトルを獲るために・・・そして世界へ向かうため。明日もキモチ上げて彼らと共に闘う・・・闘うしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.30

今宵浦和の街で・・・

元日決戦に向けて、レッズを愛する仲間達と「忘年会」ならぬ、「“望”年会」in浦和。

キモチ上げていくぜ!

IMGP3266IMGP3267IMGP3277

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.29

【天皇杯準決勝 大宮戦】

オフィシャルより

■05.12.29 [ 天皇杯、準決勝vs大宮アルディージャ戦 ]
2005年12月29日(木)15:04キックオフ・国立競技場
本日の試合結果
大宮アルディージャ2-4浦和レッズ
得点者:23分マリッチ、26分片岡(大宮)、62分長谷部、89分富田(大宮)、95分山田、102分長谷部
観客数:32,441人

※決勝進出!
2006年1月1日(日・祝)vs清水エスパルス<14:00キックオフ・国立競技場>

JFA公式記録(PDFファイル)】


「プラチナチケット」

浦和レッズとしては、初めて元日決勝の舞台に進むことになった。

戦力的には有利とは言われていたが、いざ試合に入ると、望むような展開どおりに進まない。最後の最後まで大宮の粘りに苦しめられた。

先制してもすぐにセットプレーで追いつかれ、後半リードしても、終了間際にパワープレーで追いつかれる・・・。それだけ一発勝負に戦力云々は関係なかった。

苦しめられた分だけ、延長に入ってからの2ゴールは大きかった。いずれも司令塔ポンテを交代させたからの得点だった。

そういうことを考えると、ベンチを含めたレッズの選手達全員で勝ち取った決勝へのプラチナチケットだったと思う。

ついに昨年阻まれた「壁」を乗り越えた。自分達にとってレッズと一緒に元日を迎えられることは嬉しい。でもそれだけで満足するはずがない。ここまできたらあと1試合、頂点を狙っていきたいし、獲らなくてはいけない。

そして決勝戦ということは18番との最後の試合・・・。共に闘って万感の思いで彼を送り出したい。

IMGP3236IMGP3250IMGP3259

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.28

天皇杯準決勝 大宮戦プレビュー

【今季対戦】
《ナビスコカップ予選L第2節(2005.3.26)》
JリーグHP)(浦和HP)(大宮HP

《ナビスコカップ予選L第5節(2005.6.4)》
JリーグHP)(浦和HP)(大宮HP

《リーグ戦第15節(2005.7.9)》
JリーグHP)(浦和HP)(大宮HP

《リーグ戦第28節(2005.10.22)》
JリーグHP)(浦和HP)(大宮HP


明日は天皇杯準決勝。元日の決勝進出をかけ、大宮アルディージャと対戦する。

今季大宮とは4回対戦。レッズの3勝1敗と相性はいい。しかしいずれも苦しんだ上での勝利という印象がある。

大宮は外国籍選手が既に帰国。純日本人の体制で天皇杯に臨んでいる。しかしスピードのある桜井や、鹿島戦で決勝ゴールを挙げた森田など厄介な選手が多い。しかも大宮はまず守備ありきのチームなので、そう簡単に点を奪う事は難しいであろう。

一方のレッズは、準々決勝川崎戦は相手の退場もあり、無難に2-0と勝利した。しかし前半は川崎に押し込まれる事も多く、相手に助けられた感もあった。

闘莉王は出場停止が解かれるものの、家庭の事情で再来日はしていない。となると、DFラインは川崎戦同様、坪井・堀之内・細貝の起用が予想される。

また右サイドには、怪我で戦列を離れていた永井の復帰が予想される。好調な岡野の起用も捨てがたいが、1対1の勝負となると永井のプレーは一段と光るものがある。


レッズにとって、昨年越えられなかった「壁」がまた立ちはだかる・・・。あの時は先制したものの直後に追いつかれ逆転された。

“勢い”と“油断”は紙一重・・・。戦力的にはレッズが有利だろうが、一発勝負のトーナメント戦こそ、何が起こるかわからないし、そこに落とし穴が潜んでいる可能性もある。

選手達や俺達のキモチは、“タイトルを獲ること”。決して元日の決勝進出だけが夢ではない。その先を見据えないと、初夢だけで終わってしまう・・・。

年末の押し迫った頃まで、大好きなレッズの試合を観る事ができる喜び。そして最後のタイトル奪取へ向け闘う選手達をサポートできる喜び。そして今シーズン限りでレッズを去る“彼”と共に闘える喜び・・・。

あと2つ・・・。またキモチ上げて、そして奮い立たせて、明日も闘っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.27

年末のひとコマ

遅ればせながら、15日に職場の忘年会での景品でもらった「五本指靴下」。

さっそく履いてみた・・・。

う~ん・・・ちと小さいか?履きなれてないだけに妙な感じ(笑)。
IMGP3184





お次は年賀状。もう27日ですよ・・・。これをアップしたら、せっせと書きたいと思います。いつ寝られるか・・・。
IMGP3183






そんなおいらの年の瀬・・・。今年もあと4日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.26

マコ様キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!

オフィシャルより

■05.12.26 [ 日本代表 ]
1月下旬から2月上旬にかけて行われる、日本代表トレーニングキャンプ・アメリカ遠征のメンバーに浦和レッズから三都主アレサンドロ、坪井慶介、長谷部誠の3選手が選出されました。

JFAオフィシャル

いつかは選ばれるだろうとは思っていましたが、さっそくですか・・・。まあ海外組がいないのと、J2に降格したチームに所属する代表選手の抜けた分で選ばれたのだと思います。

けれど、選ばれたからにはしっかりアピールして、ドイツ本選のメンバーに残るぐらいの高い気持ちを持って頑張って欲しいですね。でもくれぐれも怪我には気をつけて・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.12.25

有馬記念で勝負するも・・・

結果は・・・・まぁそういうことで(笑)。

おいらは“デルタブルース”から「3連単マルチ軸1頭流し」で人気馬数頭へ。でも軸馬となるデルタはかすりもせず・・・。

まぁ、どちらにしても“ハーツクライ”は全く買っていませんでしたが・・・。

その後、中山・中京・阪神の最終レースを買うも撃沈・・・。

_| ̄|○


金杯は頑張ります・・・はい・・・(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月1日 - 2006年1月7日 »