« 2005年12月4日 - 2005年12月10日 | トップページ | 2005年12月18日 - 2005年12月24日 »

2005.12.17

浦和から“肉祭り”へ

てことで、土曜日は久々にサッカーのない週末。

この日のメインは夕方に新宿でレッズな仲間達と“焼肉懇親会”の予定。

特に早く出かけるでもなく、午後は家で天皇杯5回戦「G大阪-柏」をテレビ観戦。あぁやっぱりな・・・という結果になぜか納得してさっそくお出かけ。

はじめは久々の浦和へ。定番のレッドボルテージと須原屋へ行き、浦和の空気をたっぷり吸って充電完了。特にこれといって用事はないんだけど、何となくフラッと行ってしまう・・・それが浦和という街の魅力。

IMGP3132IMGP3133IMGP3134





その後大宮へ移動。用件を済ませてから、新宿へ移動なのですが、ちとフンパツして湘南新宿ラインのグリーン車に乗車。Suicaでタッチをして30分間静かな車内でマッタリと・・・。
IMGP3135IMGP3136IMGP3139





17:40に新宿着。メインとなる今宵の焼肉会場は、歌舞伎町にある「新宿清江苑」。

90分一本勝負の焼肉勝負。何が相手かよくわからなかったが、男女問わずみんなで必死に肉に食らいつく(笑)。とりあえずニク( ゜Д゜)ウマー
IMGP3140





20:00過ぎに“肉祭り”は終るも、飽き足らず有志で2次会へ。普段以上に多い歌舞伎町の人混みにもまれながらカラオケへ・・・。
IMGP3142IMGP3146IMGP3147





22:30にお開き。その後おいらは酔い覚ましと肉を食べた分を消化するために(!?)、四ツ谷まで30分ほどテクテク歩いちゃいました・・・。
IMGP3148IMGP3149IMGP3151





そして四ツ谷からは南北線&埼玉高速鉄道で0時過ぎに東川口着。

俺お疲れ&参加者お疲れ&幹事さんお疲れでした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.16

仰木彬氏死去

イチロー、野茂育てた名将 仰木氏死去(スポーツニッポン)

名将、死す。今シーズン、統合球団オリックス・バファローズの監督を務め、球団のシニア・アドバイザーに就任していた仰木彬(おおぎ・あきら)氏=元本紙評論家=が15日午後4時10分、福岡市内の病院で呼吸不全のため死去した。70歳だった。がんを克服し、球界史上最年長監督として復帰した仰木氏だが、勇退後再び体調が悪化。清原、中村紀らがオリックスのユニホームを着る日を待たずに野球一筋の生涯を閉じた。葬儀日程は未定だが、家族・親族の意向で密葬で執り行われる。


昨日の忘年会の帰りに知った突然の訃報で、ほろ酔い気分が一気に吹っ飛んでしまいました。

仰木さんといえば、自分としては近鉄の監督時代、特に88年~89年の頃が一番印象に残っていました。

その頃自分は敵であった西武のファン。前まで弱かった近鉄を一気に優勝を争うチームに鍛え上げてきたのをみて、中学生ながら脅威に感じていました。

88年は伝説の10.19ダブルヘッダー。そして89年はダブルヘッダーでのブライアントのHR4連発。いずれもその時の記憶が鮮明に残っています。

いずれも主役は選手達でも、それを引き立てたのは仰木さんだったと思います。

今シーズンのオリックスでの采配も、今を思うと相当の覚悟でシーズンに臨んだのでしょう。

何よりも心から御冥福をお祈りいたします。そしてお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.15

強者どもが夢の後

今宵は六本木で職場の忘年会。

これから帰ります。

200512152110000





【追記】
というわけで、結局その後、南北線→千代田線→東武線→タクシー経由で家へついたのが“AM1:30”でした・・・。
1次会は3時間半、2次会は1時間というロングラン公演(笑)・・・。お疲れ俺。

それにしても忘年会シーズンだから・・・という訳でもないのでしょうが、六本木は人が多いですね~。
200512131953000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.14

トヨタカップジャパン2005

あ~・・・やってるんですね~というのが正直な印象です。

仕事がバタバタしていて、ナイトゲームなのになかなかテレビで観られないというのもあるのですが・・・。

今日はサンパウロとアルイデハドの試合。点の取り合いでなかなか面白かったようです。

観に行きたいのもやまやまですが、なんと言ったってFIFA主催の大会。入場料がめちゃくちゃ高くて難しいですね。テレビで我慢しましょう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.13

来季開幕戦とナビスコカップ

今日はこの話から、

J1開幕戦はG大阪-浦和 来年3月4日(共同通信)

Jリーグの鈴木昌チェアマンは13日、来季の1部(J1)が来年3月4日にG大阪-浦和(万博記念競技場)の今季1、2位チームによる対戦で開幕することを明らかにした。残り8試合は翌5日に実施され、2部(J2)は4日に6試合を実施してスタートする。20日の理事会で正式に決まる。
 J1は5月6日まで12節を消化し、6月9日開幕のワールドカップ(W杯)に向けた約2カ月間の中断に入る。7月中旬にオールスター(カシマスタジアム)を開催して、その翌週からJ1を再開。J2はW杯期間中もリーグ戦を続けて12月2日か3日にJ1、J2同時に最終節を行う。
 リーグ戦王者と天皇杯全日本選手権覇者が対戦するゼロックス・スーパーカップ(国立競技場)は例年通り、開幕1週間前に開催。日中韓のリーグ王者などが争うA3チャンピオンズカップは来年8月に日本で開催される予定。


ということで、今日実行委員会が開催されたようで、初っ端からガンバということで決まっちゃったようです。でもアウェー開幕なら最終戦はホームなので、それはそれでいい事なので別に良しとしましょう。

でも1試合だけやって、あとは翌日って・・・それだけはよくわかりません(笑)。

で、それに続いて来年のナビスコカップの話。

J1:ナビスコ杯予選は変則方式で(毎日新聞)

サッカー・J1は13日、実行委員会を開き、来季のナビスコ杯の予選リーグの一部を、変則方式で行うことで合意した。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場するガ大阪を除く17チームを、通常通り4チームごとの3組と、5チームによる変則1組の計4組に分ける。各組の1位と、2位のうち勝ち点上位3チームが決勝トーナメントに進む。
 変則組の各チームは、2チームを相手にホームアンドアウエーで計4試合を行い、残り1チームとはホーム戦のみ、もう1チームとはアウエー戦のみを行う。例年はACL出場2チームをシードし、残り16チームを4組に分けて行うが、来季はACLに出場するJ1チームがガ大阪のみとなったための措置。


こちらはレッズがどのグループに入るかはまだわかりませんね。でも5チームの変則組に入るとややこしいですね・・・。

いずれも20日の理事会で承認されれば正式にリリースされることでしょう。確か例年この時期は、試合開催時期の発表のみで、正式な試合日時は年明け1月末に発表されるのが通例です。

1月&2月はオフとはいいながら発表される日程と「時刻表」を“にらめっこ”するのがまた楽しみなのであります(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.12

J1/J2入れ替え戦第2戦

【第2戦結果:柏2-6甲府】
柏HP)(甲府HP

柏が入れ替え戦“2戦2敗”という結果で、J2降格という事態になりました。

おいらはその日愛媛でのレッズ戦が終って、松山市内への移動中に「開始早々甲府先制」の報を受けました。その後の連絡は甲府の活躍ばかり・・・。終ってみればバレー1人に6失点の惨敗。「落ちるべくして落ちた」と言われてもしょうがない内容だったと思います。

来年のJ2はJ1から3チーム(神戸、東京V、柏)が降格。それに加え新たに愛媛FCが参入して13チーム4回戦制で48試合となります。今まで以上の長丁場の戦いになります。

自分達が経験した頃のJ2に比べ各チームの戦力は軒並みアップしています。甘く見てかかると第2~3クール辺りにすごく苦しむかもしれません・・・。

ともかく早く来年のチーム方針を明らかにしていかないと1年で即復帰は難しいと思います。

遅れましたが甲府の関係者のみなさん、J1昇格おめでとうございます~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.11

松山遠征あれこれ

今回は試合を挟んでの“先のり後帰り”。つまり2泊3日の松山遠征となりました。

出発は金曜日。この日は仕事を休んで、千葉県内で用事を済ませてから、横須賀線で品川経由で18時過ぎには羽田空港へ到着。
IMGP2924IMGP2925





搭乗する便はANA599便松山行き。搭乗ゲートは“107”と聞き慣れない数字と思ったら・・・・。
IMGP2928IMGP2932













はい、そのとおりバスで移動・・・。
IMGP2935





バスに揺られること数分間、飛行機前に到着し搭乗します。
IMGP2940IMGP2942





無事搭乗するも、羽田を離陸したのが遅れた関係で、松山空港到着が10分程遅れました。その後、後発のJAL便に搭乗していた仲間と合流し、行ってしまったリムジンバスを見送って、タクシーで松山市内のホテルにチェックイン。
IMGP2944IMGP2945IMGP2946





ホテルにチェックインしてから、市内の繁華街に繰り出し、地元では有名な「居酒屋あかり」で、お疲れさまと翌日の必勝を期して軽く乾杯!!
IMGP2949IMGP2950IMGP2952





翌日は朝早く起きて、ドイツワールドカップの抽選会を見るも、二度寝・・・。肝心の日本の抽選のときは夢の中でした・・・。

で、軽く部屋で朝食後、友人と合流し、一路競技場へ。

競技場は市内から車で約30分のところにある、小高い山の上にあります。ここは来年からJ2に参戦する愛媛FCのホームスタジアムとして今まで使われています。

開門前にそばの高台からパチリ!!
IMGP2955





2時間15分前の10時45分に開門。なんでまた微妙に15分早めたのか今でもナゾです・・・。
IMGP2956IMGP2957





場内は愛媛FCの昇格にあわせてか、スタンド前面は椅子席、後方は従来の芝生席と工夫されていたようです。でも陸上用の競技場だけにスタンドからは見えずらいですね・・・。
IMGP2959IMGP2961





試合後は、渋滞にはまりつつも、入れ替え戦第2戦の途中経過に一喜一憂しながら、市内へ戻りました。ホテルで着替えた後に、仲間が今夜泊まっている道後温泉へ路面電車で移動します。
IMGP2977IMGP2981IMGP2983





道後温泉駅に到着。ここにはいつも土日に運行される「坊っちゃん列車」が展示されていました。
IMGP2984IMGP2986IMGP2987





道後温泉本館の前は人だかり(笑)。もちろんレッズサポもFC東京サポも多数いました。でも早々にここを通り過ぎて、仲間の元へ急ぎます。
IMGP2990





仲間の宿泊しているホテルに到着。宴会にお邪魔させていただきました。まずは「道後ビール」で乾杯!!
IMGP2992IMGP2993IMGP2991





ひとしきり盛り上がってから、道後温泉に泊まる仲間と別れ、また市内へと戻ります。道後温泉駅に続く商店街は遅くまで営業しています。ちなみにこの時は21時頃です。
IMGP2996IMGP2997





再び道後温泉駅から路面電車へ。この車両は板張りで時の流れを感じます。
IMGP2999IMGP3001





翌日の日曜日はゆっくり起床。でもブログの更新とかやることが結構あってあっという間に10:30。チェックアウトしてひとまず市の中心部へ向かいます。

飛行機の時間が14:35と中途半端だったので、観光名所にはいかずひとまず伊予電鉄松山市駅へ歩きました。

まずは愛媛県庁ですね。あとは路面電車と共に・・・。
IMGP3008IMGP3009





その後、官庁街を歩くと、あちらこちらに「愛媛FCJ2昇格」の垂れ幕が張ってありました。左は伊予銀行で右は松山市庁です。
IMGP3010IMGP3011





ゆっくり歩いて30分程度で伊予電鉄松山市駅へ到着。JR松山駅とは少し離れています。
IMGP3029IMGP3031IMGP3033





ここの地下街に、全国のラーメン屋を集めてのミュージアム的なものがあると聞いていざ行ってみると、「まつちからーめんステーション」なるものを発見!!
IMGP3016IMGP3015IMGP3014





ご当地モノはないかと探してみると、その中のこんなお店が伊予松山ラーメンなるものを作ったとか・・・。ということで入ってみることに。
IMGP3012IMGP3013





食べたのは「汁そば」。あまり食べ歩きとかしないので、詳しいことはよくわかりませんが、ともかくおいしかったですね~。

で、再び地下街から地上にあがると偶然「坊っちゃん列車」を発見。ちょうど終点の折り返しでした。
IMGP3017





どんな風に折り返すのか思いきや・・・。







IMGP3019IMGP3020IMGP3021





あ~・・・・手動なのね・・・。で客車も・・・
IMGP3023IMGP3024IMGP3026





松山市駅からは路線バスで松山空港へ。
IMGP3034IMGP3035IMGP3039





空港へ着いたのが、自分が搭乗する飛行機の2時間前に到着・・・。ひとまず1便前の羽田行きANAをお見送り(笑)。
IMGP3050IMGP3052





まあとりあえず名物を食べようということで、レストランへ。お昼は伊予名物の「さつま汁定食」と「道後ビール」。
IMGP3055IMGP3054





その後、早々と手荷物検査場を通過して、搭乗口で小1時間まったりとして、定刻より10分遅れの14:45発ANA592便に搭乗。機内ではあっという間に睡魔に襲われ、気がついたときには肌寒い羽田に到着。時間は16:15。
IMGP3058IMGP3059





そのあとは、東京モノレール、京浜東北線、地下鉄南北線、埼玉高速鉄道と乗り継ぎ、東川口着が18時でした。

お疲れ俺。そして松山へ参戦された皆さんお疲れでした。


☆この遠征の唯一の失敗は道後温泉本館前を2度通りつつも、実は温泉に入っていない事なんですね・・・。まあそんなものです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月4日 - 2005年12月10日 | トップページ | 2005年12月18日 - 2005年12月24日 »