« 2005年10月9日 - 2005年10月15日 | トップページ | 2005年10月23日 - 2005年10月29日 »

2005.10.22

【第28節 大宮戦】

オフィシャルより

■05.10.22 [ Jリーグ第28節vs大宮アルディージャ戦 ]
2005年10月22日(土)15:05キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
大宮アルディージャ1-3浦和レッズ
得点者:3分アレックス(浦和)、7分桜井(大宮)、53分闘莉王(浦和)、69分マリッチ(浦和)


「1つ1つ・・・」

試合全体を見る限り、どちらかといえば勢いは大宮にあったように思う。端々に聞こえるように決して大宮の攻撃は悪くはない。しかし1つ1つでの局面ではレッズが上回っていた。

特に1点目のアレックスのFKと2点目の闘莉王のヘディングはとても良かった。最近セットプレーからなかなか点が取れなかっただけに、相手を窮地に落とすには十分すぎる得点だった。

また右サイドに移った永井や1トップだったマリッチの功績も光る。マリッチの得点も圧巻だったが、守備に関して言うと、彼も永井も達也ほど相手を追い込む力はない。しかし相手にボールが渡ると一目散に戻り、攻撃の流れを遅らせる。それだけでも守備陣にかかる負担は違ってくる。

先制点をとったものの直後に追いつかれ苦しい展開であった。特に桜井が狙う縦への動きを封じるのに苦労していたが、よく踏ん張ったと思う。

試合後「達也コール」が埼スタに響き渡った。無念の離脱をした彼に届けとばかりに叫んだ。

首位ガンバが負け勝ち点差が7に縮まったが、今のレッズは達也の抜けた大きい穴を埋めるべく、前を向いて1つ1つしっかりと勝ち点3を積み上げていくしかない。

IMGP2497IMGP2502IMGP2505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.21

第28節 大宮戦プレビュー

【前回対戦 第15節(2005.7.9)】
JリーグHP)(浦和HP)(大宮HP

明日は、埼玉スタジアムとはいえアウェーゲーム。大宮アルディージャと対戦する。

大宮は現在勝ち点28の16位。現在6連敗中で入替戦の圏内に入ってしまった。自動降格圏のヴェルディとは勝ち点2差。崖っぷちに追い詰められている。

6連敗中ではあるが、決して内容が悪いようには見えない。前節のセレッソ戦では攻めたてるもPKでの1点に敗れ去った。ここ数試合は1点差に泣いている状況でなので、たとえ下位とはいえど決して油断は出来ない。

一方のレッズは、前節柏に7-0と大勝。しかし相手に退場者が出てからの得点であるので、評価としては難しいところだが、ここのところ沈みがちだった攻撃のリズムが良くなってきたように思える。しかしエース田中達也の長期離脱は大きな穴になってしまった。

リーグ戦が残り7試合、そして天皇杯も控えているだけに現有戦力でいくしかないが、選手達が一丸となってこの難局を乗り切らなければならない。もちろんそれはサポーターも同じ心境だ。

相手が大宮でダービーマッチ。そして前回ホームゲームで敗れている相手。それならば絶対負けられない。大宮は崖っぷちだけにそのモチベーションは高いと思う。しかしレッズはそれ以上のキモチを持って闘わなければならないと思う。

達也のために・・・とは言いたくはないけれど、“緩慢なプレーをすること”、そして“緩慢なサポート”をすることは、出たくても出られない達也に申し訳ない。だからこそ明日も全力で選手達と共に闘いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼スタ前日朝7時

おはようございます。

早朝、肌に感じる風はもう秋を感じます。

ちなみに明日はアウェーゲームです。200510210704000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.20

風邪引き注意報

最近、寒暖の差が激しくなっているせいか、風邪をこじらせる人が多くなってきました。おいらの職場でもゴホゴホ・・・と咳き込む方が増えてきたような感じです。

特にまだ寒くないからといって、夜は薄掛けだけで寝てしまうのはよくないようですね。しっかりと上掛けを用意しないと朝方は冷え込みますからね・・・。

そういえば毎週試合をこなしていくごとに、その服装もだんだん秋らしい装いに変わってきたような気がします。つい2~3週間前はまだ半袖短パンでもOKでしたが、今はなにか羽織る物を持っていかないとちょっと難しい気候ですからね。

これからもっともっと冷え込んでくる季節。普段から体調管理に十分気をつけて、週末はスタジアムでレッズを熱くサポートしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.19

地震・・・

今夜、地震がありましたね~。

<地震>茨城県南部で震度5弱 午後8時44分ごろ(毎日新聞)


・・・って実は知らなかったんですよ・・・_| ̄|○

ちょうどその頃は、職場を出て最寄の駅へ歩いている途中でまったくわかりませんでした。

そういえば日曜日にも大きな地震が起きたばっかり。地震は忘れたことにやってくる・・・とは言いますが、ちょっと気になりますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.18

折鶴プロジェクト

達也の怪我以来いろんなサイトやブログ等で、彼のために何かしてやれないか・・・などという声が上がっています。そんな中、病床の達也へ折鶴を送るプロジェクトが進行しているようです。

おいらも時間があれば折ってみたいと思いますが、折鶴なんて折り紙に触れるの自体久しぶりですからね。うまくできるか心配です(笑)。

F.P.C.P.(Folded Paper Crane Project)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.17

千葉ロッテ頂点に立つ!!

<ロッテ>31年ぶりパ・リーグ優勝 ソフトBに3勝2敗(毎日新聞)

 プロ野球パ・リーグのプレーオフ第2ステージ最終戦が17日、福岡ヤフードームであり、レギュラーシーズン2位の千葉ロッテマリーンズが、同1位の福岡ソフトバンクホークスを3―2で降し、対戦成績を3勝2敗として、31年ぶり3回目(前身の毎日、大毎を含めると5回目)のリーグ優勝を果たした。ロッテは22日から千葉マリンスタジアムで開幕する日本シリーズで、セ・リーグの覇者・阪神タイガースと日本一をかけて対戦する。


ということで、千葉ロッテが31年ぶりのパ・リーグ制覇を果たしました。おいらが生まれたのは昭和49年なのでそれ以来のリーグチャンピオンとなります。

実はロッテは浦和とは縁深いものがあります。ご存知の方もいるかと思いますが、武蔵浦和にロッテの2軍練習場があります。おいらもレッズにはまる前の10年ぐらい前に2~3回ここに練習を見に行ったことがありました。当時入団したばかりの“黒木投手”に握手をしてもらった覚えがあります。

野球を見る機会はあまりなくなりましたが、このプレーオフは久々に“しびれる”展開を見させてもらいました。やはり一番いい成績のチームが優勝にすべきという意見もありますが、このシステムはパが全国的に注目を浴びるいいケースだと思います。しかしながら敗れたホークスの選手達にも敬意を表したいですね。

相変わらず報道はセ・リーグ一辺倒や巨人偏重が多いですが、パ・リーグも捨てたものじゃないです。今週末からの阪神との日本シリーズが楽しみです。

千葉ロッテマリーンズの選手、スタッフそしてあえてファンではなくサポーターの皆さん、おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.16

達也のその後

オフィシャルより

■05.10.16 [ 田中達也選手の診断結果について ]
昨日のJリーグ第27節vs柏レイソル戦(駒場スタジアム)の後半に負傷いたしました田中達也選手の診断結果が判明致しましたので、下記の通りお知らせ致します。
1.診断名:右足関節脱臼骨折
2.全治:約5~6ヶ月
3.その他:患部の腫れ具合をみて今週中にも手術を行なう予定です。

こればかりはあとは“仁賀チームドクター”や“野崎トレーナー”にお願いするしかありません。あとは達也自身の頑張りです。でもこれは決して急ぐという意味ではなく、じっくりあせらず自分の体と相談しながら、治療・リハビリに専念してほしいです。

そんな中、再びオフィシャルより・・・

■05.10.16 [ 田中達也からのメッセージ ]
浦和レッズ、そして田中達也を応援してくださるファン・サポーターの皆様へ

「昨日、柏レイソルとの試合中に土屋選手との接触で怪我をしてしまい皆様にご心配をおかけしています。怪我をした直後はショックと痛みで冷静さを欠いていましたが、時間が経つにつれ平常心を取り戻しつつあります。これからは気持ちを切り替えて一日でも早くピッチへ戻れるようリハビリに務めていきたいと思っています。しばらくの間、皆様の前でプレー出来なくなってしまいましたが、今シーズンは、まだ終わった訳ではないですし、今まで通り熱い声援をよろしくお願い致します。そして、柏レイソルと土屋選手への誹謗中傷はおやめくださいますよう合わせてお願い致します。我々、プロサッカー選手は常に全力でプレーし、皆様に最高のプレーをお見せすることに務めています。その上でのアクシデントは付き物だと私も十分理解しています。土屋選手にも昨夜、怪我については気にしないようにと伝えていますので、どうぞご理解下さい。それが、今一番の気がかりとなっています。最後に、必ずピッチに戻りますので、また、応援よろしくお願い致します」

浦和レッズ 田中 達也


というメッセージがありました。

達也に“プロ根性”というのを感じました・・・。ただただ頭が下がる思いです。とにかく今はひたすらピッチに彼が帰ってくるのを待ち続けたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年10月9日 - 2005年10月15日 | トップページ | 2005年10月23日 - 2005年10月29日 »