« 2005年9月11日 - 2005年9月17日 | トップページ | 2005年9月25日 - 2005年10月1日 »

2005.09.24

【第25節 横浜戦】

オフィシャルより

■05.09.24 [ Jリーグ第25節vs横浜F・マリノス戦 ]
2005年9月24日(土)15:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-0横浜F・マリノス
観客数:49,800人


「波に乗れきれない闘い」

勝てない・・・ここぞという時に勝てないのはレッズらしいと割り切るのもありだが、ただホームで勝てないのはつらい。

引き分けを挟んでも8月20日のFC東京戦からホームでの勝利はない。ギドが広島戦の後、「ここのところホームでいい試合が出来ていない」とコメントするのも、冗談とはいえ笑えない話だ。

横浜はリーグ戦10位とはいえ、去年は年間王者を懸けてを争った相手。強敵であることは間違いなかった。当然試合も両者ともに攻守の切り替えが早く切迫した展開が続いた。決して悪い内容ではなかった。

けれども結果がついてこなかった。勝つための1点が・・・。

首位が引き分けたためにわずかながらに首の皮が残った感じか。でも上のことばかり気にしては、残り9試合も満足に闘えない。今はただ前を向くだけだ。

200509241659000200509241700000200509241700001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第25節 横浜戦プレビュー

【前回対戦 第12節(2005.5.15)】
JリーグHP)(浦和HP)(横浜HP

明日は、ホーム埼玉スタジアムに横浜F・マリノスをむかえる。

マリノスは現在リーグ戦10位。昨年の年間王者の姿が無残にも変わっている。過密日程も影響もあり、なかなかベストメンバーでこれなかったのが要因だと思われる。しかしここ一番での勝負強さは変わらないだろう。DFは松田が出場停止ではあるが、古巣レッズには強い河合そして中澤と面子が揃っている。また攻撃陣もグラウや坂田を擁し、その力は見劣りしない。

レッズは前節広島を下し優勝戦線に踏みとどまった。しかしながら苦しい状況には変わりない。またここにきて主力選手の怪我が気になる。特に闘莉王の離脱は大きいが明日は代わりに入る堀之内に期待したい。

残り10試合。今はひたすら目の前の敵を倒す事で精一杯になるだろう。一つ一つの積み重ねが「結果」を生むことになる。明日はホームでの試合。2週間前の“過ち”を再びおこしてはならない。それは選手達もそうだか、サポートする自分達もそうだ。

キモチを一つに・・・それが明日以降勝ち点3を奪うためのキーワードではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.23

埼スタ前日朝7時

おはようございます。

薄日がさしてきました。気候はもう秋ですね。200509230707000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.22

尾張の所の話ですが・・・

噂されていましたが、結局移籍なんですね。

ルイゾン選手、サントスFCへ完全移籍のお知らせ(名古屋HP)

やっと波に乗ってきたかなぁ・・・と思ってた矢先でしたね。それにしてもわすが1週間の間で監督解任とエース移籍ってある意味すごいかも・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.21

ツネ様

今日はこの話題から・・・

宮本恒靖 写真集24日発売 表紙には上半身裸のカット(毎日新聞)

サッカーJ1ガ大阪のDFで日本代表としても活躍する宮本恒靖(28)の写真集が24日、発売される。プレー写真のほかプライベートショットも多数含まれ、表紙には上半身を脱いだカットを使うなどサッカー選手としては異色の1冊。「ツネ様」とも呼ばれ、女性ファンの多い宮本ならではの作りとなっている。  「宮本恒靖写真集」はA4判ハードカバーで120ページ。定価3500円(送料別500円)で、書店での販売はなく、ガ大阪のホームページ(http://www.gamba-osaka.net/)や、クラブハウスのオフィシャルショップ、ホームゲームの試合会場でのみ購入できる。7月下旬に特典付きの先行予約を受け付けたところ初日に予定の2000部を完売。現在に5000部の予約があるという。  写真は、プロデビューした95年以降のガ大阪や日本代表でのプレー写真をはじめ、東京都内で撮影した普段着での写真も収録。表紙の写真は自ら選んだという。宮本は「10年やってきた記念になる。試合中は厳しい顔ばかりなので素で笑っている写真なども見てもらえれば」と話している。


・・・っていうか、な~んか路線違くないか?と思ってしまう秋の夜長でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.20

広島→関西滞在あれこれ

広島戦の翌日の19日。この日はぶらっと京都へ。宿近くの阪急梅田駅から京都線で河原町へ向かいます。ちなみに写真は同時刻に出発した神戸線特急新開地行き。
IMGP2287





乗ったのは特急列車。40分余りで河原町へ到着。
IMGP2288





河原町駅から鴨川に架かる四条大橋沿いの先斗町通(ぽんとちょうどおり)を“上がって”三条大橋方向へ上がって行きます。
IMGP2289





通りの途中から鴨川をパチリ。
IMGP2290





その後「市バス」なんぞ乗ってみますが、結構観光客や修学旅行生で混雑してましたし、道路も大渋滞でした・・・。
IMGP2291





結局何も買うことなく、梅田へ戻ってきましたが、そこの阪急百貨店の地下街でこんなお店が・・・。ソフトクリーム食べ放題って・・・・。
IMGP2293





20日には2泊した宿をチェックアウト。梅田駅から地下鉄に乗って新大阪へ。
IMGP2294





新大阪で時間をつぶした後、13:10発「のぞみ80号」に乗車。ちなみに昼食は駅で購入した「特選大阪弁当」でした。
IMGP2295IMGP2296IMGP2298





というわけで、そんなこんなで17時過ぎに自宅着。俺お疲れ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.19

広島遠征あれこれ

安いだけ選んでしまった(笑)、羽田7:10発「ANA671便」に搭乗するため。朝4時45分自宅出発。

東川口5:01発→南浦和1分乗り換えで5:10発京浜東北線に乗車。
浜松町6:00発快速モノレールで20分あまりで羽田空港第二ターミナル着。連休の中日にもかかわらず人多すぎ・・・。

今日は64番搭乗口です。
IMGP2228





今回は左側窓側の席をリザーブ。その訳は離陸から15分後に・・・。





富士山キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
3月の神戸遠征の時に見た時に比べて今回はほぼ真下。火口がバッチリでした。
IMGP2231IMGP2232





一通り写真を撮って仕事おしまい(笑)。朝食は羽田ではおなじみのカツサンドです。
IMGP2233





1時間あまりで広島空港に到着。後からわかりましたが、この便の半分ぐらいはレッズサポでした・・・。

広島空港から一路リムジンバスでJR広島駅へ。ここからバスで40分って広島までの飛行時間といい勝負ですね(笑)。
IMGP2240IMGP2242





広島駅からは路面電車に乗車。新しい車両と昔からの車両が混在してて、みているだけで楽しいですね。
IMGP2243





中心部の広島そごうで買出しした後、アストラムライン県庁前駅から一路ビッグアーチへ。ちなみに昼食は広島といえば「あなごめし」。
IMGP2254






40分あまりで最寄の広域公園前駅着。ここからシャトルバスに乗って数分でビッグアーチに到着。ここは山の上にそびえたつスタジアムです。でも実は周りは高層マンションも立つ立派な住宅街です。
IMGP2246IMGP2248IMGP2250





後半途中から強い雨が降ってきて、内容共々厳しい試合でしたがなんとか勝利!!
IMGP2264IMGP2269IMGP2273





帰りはアストラムライン広域公園前駅から乗車。途中大町駅でJR可部線に乗り換えて広島駅へ向かいます。
IMGP2276





写真はありませんが、広島駅でレッズの選手・・・ではなく中日ドラゴンズの選手達と遭遇。どうやらこの日の試合後広島から甲子園への移動途中だったようです。

広島駅からは「ひかりレールスター476号」で新大阪へ向かいます・・・って家へは帰らないのかって?
IMGP2279IMGP2281IMGP2283





実はおいらは今週は遅ればせながらの夏休み。火曜日まで関西に滞在しますので、続きは後ほど更新します。
IMGP2284






| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.09.18

【第24節 広島戦】

オフィシャルより

■05.09.18 [ Jリーグ第24節vsサンフレッチェ広島戦 ]
2005年9月18日(日)15:04キックオフ・広島ビックアーチ
試合結果
サンフレッチェ広島3-4(前半1-2)浦和レッズ
得点者:32分永井(浦和)、44分ポンテ(浦和)、62分オウンゴール、70分ネネ(浦和)、43分・49分・72分佐藤(広島)
観客数:26,083人


「“赤き魂”がよみがえるとき」

後半途中から降り出した雨が容赦なくピッチの選手達やサポートする自分達にたたきつける。しかし声援は止まなかった・・・いや止めなかった。

試合開始早々から、大分戦とはうって変わって攻撃的にいくレッズ。守備陣をテコ入れした広島に襲いかかった。

この試合、先制しても追いつかれ、勝ち越してもすぐ追いつかれという難しい流れではあった。しかし「勝ちたいキモチ」の“より”高かったレッズが試合を制して踏みとどまった。

約3,000人ものレッズが好きな“熱い奴ら”が集ったビックアーチ。そしてスタジアムに行けない“熱い奴ら”と共に勝ちたい・・・勝たせたい・・・その思いが詰まった勝ち点3だと思う。

しかしこの厳しいゆえの勝利は、次もそしてその次も、そして最後まで積み重ねていかなければ意味がない。

一度消えかけた“赤き魂”がよみがえるとき・・・それは次のホームで俺達が答えを出さなければならないだろう。

IMGP2262IMGP2272IMGP2274

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月11日 - 2005年9月17日 | トップページ | 2005年9月25日 - 2005年10月1日 »