« 2005年9月4日 - 2005年9月10日 | トップページ | 2005年9月18日 - 2005年9月24日 »

2005.09.17

第24節 広島戦プレビュー

【前回対戦 第17節(2005.7.18)】
JリーグHP)(浦和HP)(広島HP

明日はアウェー広島ビッグアーチに乗り込んで、サンフレッチェ広島と対戦する。共に逆転優勝目指すには落とせない1戦である。

広島は前節、首位ガンバ大阪相手に2点を先制するも、その後4点を失い敗戦した。しかし守備力には定評があり、その堅い守備陣から点を奪うのはそう簡単ではない。しかもそこからボールを奪い前線の佐藤、ガウボンへのつなぎが早いので速攻にも注意したい。また広島は両サイドを高く上げて攻撃を仕掛けてくるのでそのケアにも気をつけたいところだ。

レッズは前節、降格争いの渦中にあった大分を相手にホームで完敗した。決して相手を甘く見ていたとは思っていないが、試合への意気込みが大分の方が強く、それが試合に出てしまった。

選手の中にはここのところの連戦で疲労が抜けきれない選手が多くなってきた。幸い明日は出場停止明けの闘莉王が帰ってくる。1週間で切り替えが出来たかどうかはわからないが、まだ可能性がある限り上を向いて前を向いて闘って欲しい。

今節は首位ガンバが敗れた。よって明日は勝った方が、再び息を吹き返すチャンスが巡ってくる。“絶対勝ちたい”というキモチがより強いほうに明日は“勝ち点3”が転がってくるだろう。

俺たちは負けない・・・そして選手達と共に勝ち点3を奪って上を狙う。キモチはそれだけだ・・・。


【追伸】
FC東京ルーカス選手の負傷にお見舞い申し上げます。
他チームサポながら、1日も早い回復そして復帰を心からお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.16

さあ広島へ!!

といっても出発は日曜の朝。でもとても早い・・・。

広島は遠距離アウェーの中でも結構行っているような気がする。

これが何回目だろう・・・。もう自分では10回以上は行っているはず。

ところで俺達は何のために広島へ行くんだ?

「優勝するため」・・・それはもちろんだ。

「選手達と一緒に闘うため」・・・それもそうだ。

でもやっぱり・・・

「レッズが好きだから、そしてレッズの勝ち試合を見たいから」・・・たぶんそうなんじゃないか?

先週大分に負けたショックは大きかった。でもみんな切り替えて明後日の試合をすごい楽しみにしている。

そんな“レッズな週末”を満喫するため明後日広島へ旅立つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.15

西谷、札幌移籍

オフィシャルより

■05.09.15 [ 西谷正也選手、コンサドーレ札幌に期限付き移籍のお知らせ ]
MF西谷正也選手が、コンサドーレ札幌に期限付き移籍することとなりました。
期間は、2005年9月16日から2006年1月31日までです。
◆西谷 正也 (にしたに まさや)
1978年9月16日生まれ(26歳)MF   
170cm/69kg 
生光学園中学校(徳島県)-北陽高校(大阪府)-セレッソ大阪-ヴィッセル神戸(セレッソ大阪から期限付き移籍)-ベガルタ仙台―浦和レッズ
西谷選手コメント:
「半年間という短い間でしたが、レッズでプレーできて良かったです。あまり試合に出場できなかった事は、残念でしたが、これからはコンサドーレ札幌がJ1に昇格出来るよう、全力を尽くしてプレーします。来年、またレッズに帰ってきますので、J2の結果も気にして待っていて下さい。ありがとうございました。」


左サイドの選手ということで、三都主の存在が大きくなかなか活躍の機会がありませんでしたが、印象には残る選手でした。

昨日の札幌戦を見る限り、昇格を目指すにはまだまだ戦力が不十分です。札幌から声がかかるということは、それだけ期待をかけられている証拠です。とにかく昇格のために頑張ってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.14

ヒートアップ“J2”

今日は8月に雷雨で延期になっていた山形-札幌戦をテレビ観戦。

共に勝てば3位という状況で、ホーム山形が1点を先取し勝利。入替戦枠の3位に浮上した。

しかし3位山形と4位甲府は勝ち点「47」で並び、5位札幌が1差の「46」であとを追う。ちなみに自動昇格枠2位の福岡とは7差あるがまだわからない。(J2順位表

J2は残り13試合。あと2試合で第3クールが終わり、いよいよ最終クールに入る。

5年前“J2”という世界一過酷なリーグを選手達と共に闘ってきた自分らサポーターにとって、今頃は一番苦しかった時期だったと思う。

J1昇格という夢に向けて、J2もまだまだ目が離せない。

IMGP2223IMGP2225IMGP2226

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.13

ラモス氏、柏へ

今日はこの話題。

ラモス瑠偉氏 コーチ就任のお知らせ(柏オフィシャルより)

とりあえずビックリしました。でもこのオフィシャルの写真をみると“コーチ”よりか“選手”と言っても過言じゃないなこりゃ・・・。

現在リーグ戦15位で降格圏内と隣り合わせになっていますが、ラモス氏招聘が吉と出るか凶と出るか、これからの柏の反撃に要注意です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.12

誤審問題その後

あの誤審問題がまだ続いているようです。

吉田主審に休養の可能性示唆 鈴木チェアマン(毎日新聞)

ワールドカップ(W杯)アジア予選プレーオフのウズベキスタン―バーレーン戦(3日・タシケント)で吉田寿光主審が誤審した問題で、Jリーグの鈴木昌チェアマンは12日、「精神的な動揺もあるだろう。(リーグの)審判委が決めることだが、本人が大丈夫な段階でJ2(Jリーグ2部)から吹かすことも考えられる」と、休養を与える可能性を示唆した。  吉田氏はプロ審判員のスペシャルレフェリーだが、鈴木チェアマンは「Jでは立派な笛を吹いている。引き続きやってもらわないと困る」とも語り、契約見直しなどの考えがない姿勢も示した。アジア連盟は吉田氏に対し、処分決定まで国際審判員の資格を停止することにしている。


国際的に「NO」の判断が下されると、精神的にキツくなるのはよくわかります。あとはJリーグというか日本サッカー協会がどれだけフォローできるかでしょうね。

また今Jリーグでは選手と審判の関係について問題視されている所があります。お互い試合をスムーズに進行できるように努力しているようですが、それが逆にプライドを傷つけあうように見えてしまう所があります。

文句や怒号を吐く選手、それに対しカードをちらつかせする審判。そういう対立した環境を少しずつ改善していくのも、これからのサッカー協会やJリーグに課せられた課題だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.11

1日経って考えてみた

今夜は選挙速報の裏で川崎-鹿島をテレビ観戦。鹿島が敗れこれで標的がG大阪に絞られた。

昨日のブログでは大分に負けてややネガティブに書いてみたけれど、何だかんだ言ってもやっぱりおいらはレッズが大好きだ。

格上のクラブには善戦しても、格下にはコロッと負けてしまう。そのお陰で残留降格争いがますますヒートアップしてきた。だからこそレッズはやめられない(笑)

自分としては、ひとまずここで張り詰めていた気分を入れ替えて、リーグ戦残り11試合に臨みたい。リーグ戦以外にもナビスコカップ準決勝アウェーもあるし天皇杯もある。

気負いせずに選手達と共にこれからも闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月4日 - 2005年9月10日 | トップページ | 2005年9月18日 - 2005年9月24日 »