« 2005年5月15日 - 2005年5月21日 | トップページ | 2005年5月29日 - 2005年6月4日 »

2005.05.28

【ナビスコカップ予選L第4節 神戸戦】

オフィシャルより

■05.05.28 [ ヤマザキナビスコカップ予選リーグvsヴィッセル神戸戦 ]
2005年5月28日(土)16:04キックオフ・駒場スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-0ヴィッセル神戸
得点:90分エメルソン(浦和)

「あきらめないこと・・・」

ロスタイムへ突入してあと1分。長谷部からでたスルーパスは神戸の選手の足元をかすめ、右サイドを走る岡野に到達する。そしてすかさずクロスをあげたところにエースエメルソンが頭から飛び込んだ。

ロスタイムでの得点は、第2節川崎戦の闘莉王の同点ゴール以来。でも今回は勝ち点1を覚悟したギリギリのところで、最後のワンプレーで勝ち点3をゲットした。

この試合は神戸の守備に苦しめられたのと同時に、レッズの選手の最後のフィニッシュの精度の悪さがやはり目に付いた。

フィニッシュの精度・・・。これは今に始まったことではない。昨年に比べると最初の動き出しがやや遅れているように思われる。だから相手に動きを読まれ、ボールを奪われて点が決まらない。そんな感じか。

もう相手にマークされているのは周知の事実。強いチームを倒すために相手も一生懸命研究してくるのは同然の事だ。それはタイトルを獲ったクラブの宿命でもある。そういうプレッシャーを跳ね返して、最後まで闘い続けそして勝ち続けることで、自信につながる。あのエメの決勝ゴールこそ、そういうのが言えるのではないか。

最後の最後まであきらめないこと。また1つ選手達に教えられたような感じがする・・・。

IMGP1360IMGP1370IMGP1372

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.27

キリンカップサッカー 日本-UAE

日本0―1(前半0―0)UAE

国立で代表戦を観るのは久しぶり。いつ以来だっけな・・・。まあそんなことは置いといて。
バーレーン戦を控えて同じタイプのUAE相手にどんなサッカーを見せてくれるかと思ったけど・・・、

「ツマンネ・・・」

そんな言葉がでてしまうほどの内容。

代表の戦術&選手起用ウンヌンは良くわからないので割愛しますが、点を獲ろうという意識があったのは大黒と小野の2人だけのように見えた。あとは「?」のプレーそしてミスの連続。

壮行試合にふさわしくない内容。最高のスパーリング相手に最悪の結果をさらけ出してしまった日本代表。
ジーコが「今こそ代表を応援して欲しい」と言ったそうだが、ああいう内容ではキモチを盛り上げるのが難しい。

バーレーン戦まで1週間。思い描くのは期待より不安だらけだ。

IMGP1310IMGP1335IMGP1348

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビスコ予選L第4節 神戸戦プレビュー

明日はヴィッセル神戸を駒場スタジアムに迎える。今期すでに2回神戸と対戦しているが、ホームでは初めてとなる。

神戸はレオン監督に変わり、リーグ戦と合わせて5試合消化して1勝1分3敗。しかしながら3敗のうち2試合は1点差での敗戦であり、つねに勝利と紙一重である。また神戸とは今期2戦2勝だがいずれも1点を争う終始余裕がない苦しい試合であった。

前線は播戸とカズの2トップで、後半からどちらか1枚を和多田に替えてくるのが神戸のやり方らしい。三浦(淳)を代表で欠くが、ここ数試合神戸のシュート数が常に2ケタである。チェックがやや甘くなるペナルティエリア手前付近からのミドルレンジからのシュートやセットプレーからのシュートに注意したい。

レッズはおそらく前節の新潟戦と同じ布陣で臨むのではないか。新潟戦では攻撃陣の上下の動きが良かっただけに、その流れを継続していけばボールは回ると思うし問題はないと思う。ただ相手DFを崩すところまでいくならば、最後のフィニッシュはきっちり決めたい。ボールが動いても点が入らなければ意味がない。

駒場といえば、先月セレッソ相手に無様な試合を見せられた。でもそれは自分達にも責任があると思う。勝てるだろうという余裕な試合は1つもない。

明日は90分間キモチあげてピッチのイレブンと共に闘うこと。まずはそこからだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前日駒場朝7時

ややうす雲がかかっていますが、いい天気です。

200505270706001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.26

“大きな卵”に行ってきた!!

今夜は、東京ドームへ巨人-千葉ロッテ戦を観に行きました。去年の8月以来の東京ドームです。
IMGP1304





あらかじめ有楽町のプレイガイドでチケットを買うときに「通路側でお願い」と販売するお姉さんに伝えたところ、あっさり空いているとのこと。事前に調べずにいざ行ってみると・・・・




ポール際かよ・・・_| ̄|○
IMGP1283










しかも・・・





IMGP1285





レフトスタンドに陣取るマリーンズファンのすぐお隣りでした(笑)。


最近は修学旅行でドーム観戦を兼ねて訪れる学生さん達が多いですね。でも昔は日ハム戦が当たり前だったような・・・。そんな中、マリーンズファンの今までの野球の応援スタイルを覆すやり方に、この日修学旅行でドームに来た子たちの視線は終始試合よりも彼らに注目。そして ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン

で、肝心の試合の内容は両チームの特徴がはっきりと出た試合でした。マリーンズはつなぐ野球に徹していましたが、巨人はランナー出してドカン一発という両極端な試合でした。

結果は10-9の乱打戦をマリーンズが制して巨人を3タテ。確かにマリーンズは強いですわ・・・。
IMGP1301





ちなみに今日はドームでしたが、明日はココへ行ってきます!!
IMGP1305

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UEFAチャンピオンズリーグ決勝

遙か彼方のトルコ・イスタンブールの地で古豪レッズが復活した。

0-3からの大逆転優勝。

これだからサッカーはわからないし面白い。

リバプール優勝おめでとう。

7月の鹿島&清水との親善試合ではなく、12月の真剣勝負の舞台で待ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.25

スタジアム別通算勝敗数

JリーグのHPを見ていたら、「スタジアム別通算勝敗表」なる面白いデータがあった。各クラブごとのデータを見ることができるようで、データはリーグ戦のみでカップ戦は含まれていないそうです。

ちなみにリンクしてあるのはレッズのデータ。
どうかなとみてみたら、驚いたのが1993年から今までの13年の歴史の中で、レッズは50の会場で試合しているんですね。すべての会場でレッズの試合を観た!!という方はおそらくいると思いますよ。

勝率を見ると、やはりJリーグが始まった頃の成績がそのまま反映されているようで、まだまだ全体的に数値が低いですね。その中でも、95年の大宮神話を象徴するように大宮での勝率.737と高いのは改めて驚きです。

駒場や埼スタもそこそこの数値はとっているんですね~。でもホームに強いというのはまず「負けない」という実績を残してこそのデータだと思うので、やはりホームでは恥ずかしい試合はみたくないですね。

ちなみに同じデータの中に「天候別勝敗表」というのもありました。
レッズの奇妙なデータとしては、曇時々晴は勝率が低く得失点差も大きいんですね~。

今度時間があれば同様なカップ戦のデータも調べてみようかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.24

COOL BIZ 【クール・ビズ】

今日はこの話から…

ノーネクタイ率先垂範 細田長官流サプライズ

細田博之官房長官は24日午前の記者会見にノーネクタイ、上着なしの青い長袖シャツ姿で登場した。政府は省エネルギー化を進めるため6月1日から9月末まで全閣僚や官僚が上着を着用せずノーネクタイの軽装で通すことを申し合わせており、細田氏は率先垂範した。
 「細田流」のサプライズ(驚き)に記者団からどよめきが起こると、細田氏は「ちょっと試してみたが、評判が悪ければまた考え直します」と照れ笑い。記者会見の直前に一足早いお披露目を思い立ち、会見場の裏で上着を脱いでネクタイを外したという。
 この日着たシャツは1着1万1000円で、細田氏自ら都内のデパートで購入。ネクタイなしでも襟が崩れないよう襟の裏にホックが付いている。

え~この写真だとせっかくの官房長官の会見が、林間学校に引率する教頭先生の挨拶にしかみえません(笑)

おいらの心境はビックリというかア然…という言葉がピッタリでしょうか。
別にこれは官房長官のセンスを疑ってるわけでは 絶対に絶対に ありませんのであしからず。それにしても1着1万円のシャツなんて、おいらみたいな貧乏人には手が届きません(涙)。5着セットだったら、買うことがありますが…。

まあ人の服装のことは別にして、官公庁は6月からクール・ビズを実践するそうですが、いくら大臣が率先して実行したところで、下の人間は別にね…な~んて思ったら…。

夏の軽装、職員へ指南書=「何を着れば…」に応え-環境省

環境省は24日までに、ノーネクタイ、ノー上着を中心とした夏の軽装「クール・ビズ」を上手に実践してもらうため、職員向け指南書を作成した。職員から「何を着ればいいか分からない」という声に応えたものだが、地味なスーツ姿が板に付いた霞が関の住人にとって、軽装一つでも悩みの種になるようだ。

指南書って…。
何を着れば…ってシャツ以外に何を着ろというんでしょうかね。でも環境省の皆様には…

<軽装奨励>沖縄の「かりゆし」着用を認める 小池環境相(一部抜粋)

小池百合子環境相(沖縄・北方担当相兼務)は24日の閣議後会見で、環境省と沖縄担当の職員には今夏、沖縄の軽装「かりゆし」ウエアを着用しての執務を認めると述べた。

いや~かりゆし着れるっていいじゃないですか。
でも冷静に考えると、かりゆし着て霞が関まで通勤電車に乗るっつつーのは変じゃなくてもビミョーですよね?スーツで普通に出勤して、更衣室でいそいそとかりゆしに着替えるのでしょうか?

ちなみに国会議員も・・・

定着するか“軽装革命” 環境対策重視と国会の権威と(一部抜粋)

衆院、ノー上着ノーネクタイ
 地球温暖化防止対策として、衆院議院運営委員会の川崎二郎委員長は十七日の理事会で、二五度前後の冷房温度を二八度をめどとし、委員会では上着、ネクタイを着用しなくてもいいことを提案した。二十四日の理事会で正式決定される見通し。これまで定着しなかった経緯もあるだけに、国会内のライフスタイル“革命”が進むかどうかは、環境問題への取り組みと、国会の権威のバランスをどうとるかという議員心理に左右されそうだ。
 委員会での軽装は正式決定されれば六月一日から実施され、九月三十日までの四カ月間となる方向だ。ただ、本会議場は品位を重んじる観点から川崎氏は「上着、ネクタイを着用する」とした。左襟につける「議員バッジ」の取り扱いについては川崎氏は「つけなくてもいい」とし、身分証明書を携行すれば国会内に入れるようにする方針だ。

本会議場は着用って上着をいちいちストックしておくのも大変かもしれませんね。
ずーっと置きっぱなしにするわけにはいかないですし、万が一、上着と下が違う柄だったらそれこそ違う意味で目立っちゃったりして・・・。

しかしながら、地球温暖化対策を国レベルで実践するのは大事なこと。あとはそのやり方を間違えなければ・・・ですけどね。

ところで省エネスーツってどこいったんでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.05.23

ハンブルガー戦

今日はこの話題から・・・

浦和-HSV戦が売れない!(5/20 日刊スポーツ)

浦和が空席だらけの埼玉スタジアムでハンブルガーSV(31日)と戦う。約1カ月前から入場券を売り出しているが、6000枚しか売れていない。今年は6月15日にバルセロナ、7月30日にマンチェスターUと、人気クラブとの対戦があり、その影響とみられる。チームは急きょ、同スタジアムでのホーム戦初の5、6階部分を開放せず、4万席のキャパで開催することを決めた。

え~と・・・来週ですよね?

やっぱり開催に無理があったんじゃないのか?・・・と大きなお世話なのに、勝手に主催者の気持ちを察して心配してしまうおいらです。

ちなみにまだチケ買っていません(笑)。でもいちおー行くつもりではありますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.22

まったりとした日曜日

昨日は試合前にレッドカレーを販売している同じ売店で「スタメン」なる新たな麺類を発見しさっそく試食。中身は赤く染めた冷たいうどんにお餅と赤いこんにゃくが添えられていました。お味はこんにゃくに梅の味がほのかに効いてておいしかったです。

試合後はレッズバーに寄りたかったのもそこそこに地元東川口の台湾料理屋で祝勝会。17時から2時間半ひとしきり盛り上がり、仲間と「やっぱり『勝つ』っていいなぁ~」と実感。

IMGP1248IMGP1264IMGP1273





で、今日は久々の映画鑑賞。観たのは「交渉人 真下正義」。

おいらは普段映画なんぞ観ることはほとんどないのですが、元々フジでやってた「踊る大捜査線」がテレビドラマの頃から好きで今に至っております。なのでこれだけは別。

やはり映画を観てるとついつい口が寂しくなりますね。そうなるとこちらも普段はあまり食べないポップコーンなんぞモシャモシャと食べてました・・・。

IMGP1276

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月15日 - 2005年5月21日 | トップページ | 2005年5月29日 - 2005年6月4日 »