« 2005年4月24日 - 2005年4月30日 | トップページ | 2005年5月8日 - 2005年5月14日 »

2005.05.07

第11節 千葉戦プレビュー

明日はホーム埼玉スタジアムにジェフユナイテッド市原・千葉を迎える。

11日間で4試合というハードスケジュールも明日が最後。選手達の疲労はかなりピークに達しているであろう。

ジェフは今シーズン村井・茶野のレギュラー格の2人が移籍し、戦力の低下が懸念された。開幕から3試合連続引き分けという勝ちきれない状況が続いていたが、新外国人ハースがチームに馴染んできてからは連勝。波に乗ってきたかに思われたが、ここ最近は勝ち負けを繰り返す状況である。

しかしチームの柱である阿部のFKは最大の武器となっている。FKによる失点を防ぐためには、ペナルティーエリア付近でのファールはなんとしても避けたいところである。また阿部以外にもハースや大型FW巻、そしてなんと言っても指揮官オシムの洞察力に注意したところだ。

レッズは前節神戸に勝ち、今シーズンリーグ戦初の連勝となった。特に連続完封勝ちは大きい。しかし連勝とはいえ、決して盤石な戦いだったとはいえない。特に名古屋戦はマルケス不在での完勝ということもあり、ジェフ戦は今までの真価が問われる一戦になるだろう。

明日は勝てば上位の背中がうっすら見えてくるのだろうか・・・。4連戦の最後となる試合、ホームだけにきっちり勝ちたいところだ。
あの名古屋戦のような圧倒的ホームの雰囲気を出していくためには、サポートする人間ひとりひとりのキモチ気持ちが大事だと思う。何も特別気負うことはない。勝つキモチさせ出していけば、雰囲気は自然とできるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.06

久々の出勤

先週の木曜日、エコパに行くために午後から休んでからずっーと昨日まで休みでした。実に7日半・・・。机がないか心配しましたがありました。
GWもお仕事のみなさま申し訳ありません・・・。

でもいつも出勤時に乗る列車がすいているところをみると、実際に動き出すのは来週からでしょうか。

おいらの周りには、ここ最近の連戦疲れで体調を崩し始めている人が出始めてきました。とにかくカラダが資本。十分休養と栄養をとって頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.05

神戸遠征(第2回)あれこれ

なんで「第2回」って副題つけたのかは3月に一回行ったから。ただそれだけ。
というわけで今回の神戸遠征。GW真っ只中でしたが、お送りします。

今回は0泊2日の行程。
スタートは前夜3日の東川口駅19:55発の埼玉高速鉄道で王子経由京浜東北線で東京駅で向かいます。
P5180087





東京駅には20:45に到着。ちなみにおいらが乗るバスは21:00発の「青春ドリーム神戸号」
P5020089P5020088





この時間は10分おきに夜行バスが出発するんですね。久しく夜行バスに乗っていなかったので、こんなに便数が増えているのにビックリ。そんなことを思っているうちにバスが到着。いそいそと乗って定刻どおりに発車しました。
P5020091





ちなみにこのバス。「青春」とうたっているだけ、通常のドリーム号とは違い料金が安いんです。料金は神戸まで片道5,000円。通常の夜行バスは8,500円ぐらいでしょうか。座席は通常は3列シートなのが、このバスは4列シート。要は狭いんですね。普通の方々より多少体積のあるおいらはややきつめ。しかも寝るのにも一苦労で、何度となく目を覚ましたことか・・・。
P5020094





バスは特に渋滞にはまることもなく、予定より15分ほど早くJR三ノ宮駅に到着。ひとまず汗を流したかったので、2年前の神戸遠征でも使った「神戸サウナ&スパ」へ。ちなみにここは温泉です。
P5030097





温泉に入って軽く汗を流したあと、7時頃三ノ宮駅へ逆戻り。東海道本線の普通列車に乗って、兵庫駅へ向かいます。
P5030098





兵庫駅からは1日2本しか走っていない「和田岬線」に乗ることに。まぁこれがレッズ戦以外のもうひとつの目的だといっても過言ではないですが・・・。
P5030101P5030108





わずか数分で和田岬駅到着です。
P5030111P5030112P5030114





駅から5分でウイングスタジアム着。ついたのは7:30頃でしたかね。開門までかなり時間があったのでひとまず周囲を散策。
P5030129P5030118P5030120





今年2度目のウイングスタジアム。天気がいいのがなによりです。この日はポケモンショーか何かやっていたようで、キャラクター勢揃い。
P5030131P5030136P5030137





こんなデカ旗もでてました。でもせっかくのピカチューがよれよれ・・・。
P5030133





試合終了後は市営地下鉄に乗るのはやめ、JR兵庫駅まで歩くことにしました。こうやってみると住宅街の中にスタジアムがあるのがわかります。
P5030153P5030154





ゆっくり歩いて30分ほどで兵庫駅に到着。ここから快速列車にのって新大阪駅へ向かいます。ちなみに最初の写真は大阪駅です。19:15頃新大阪駅へ到着。
P5030157P5030159





新幹線に乗り換え19:59発のぞみ262号で東京駅へ。
P5030162P5030165P5030166





東京駅からは京浜東北線、地下鉄南北線、埼玉高速鉄道と乗り継いで23:30頃東川口へ帰還。お疲れでした俺。

☆今回は(も?)特においしそうな食べ物の写真がなくてスミマセン。なんせ0泊2日だったもんで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.04

【第10節 神戸戦】

オフィシャルより

■05.05.03 [ Jリーグ第10節vsヴィッセル神戸戦 ]
2005年5月4日(水・祝)16:00キックオフ・神戸ウイングスタジアム
試合結果
ヴィッセル神戸0-1浦和レッズ
得点:29分田中達也(浦和)

「苦しみゆえの爽快感」

中2日での試合、選手達の疲労は少しずつ蓄積されつつあった。
前節名古屋相手にホームで快勝。今日は気持ち的に少しリラックスして試合に入れるかなと思いきや、神戸はそうさせてくれなかった。
前線の選手に対してどこまでも追いかける執拗なマーク。カードが出されてもおかしくないハードチャージ。とにかく相手も必死だった。前半こそ得点したこともあり、レッズのペースであったが、後半神戸が和多田を投入してからはラインがズルズルと下がってしまい。ボールが奪えなくなってしまった。

しかしレッズの選手達はセレッソ戦と同じことは繰り返さないという強い気持ちで相手の波状攻撃に耐えてきた。DFの頑張りもすごいと思ったが、GK都築のファインプレーにはとても頼もしく見えた。
「1-0」と最小点差での勝利。大量得点もいいが、こういうサッカーもたまにはいいと思う。相手の気迫、アウェーの雰囲気、色々勘案するとこういう結果もやむを得ない。とにかく2試合連続無失点勝利はうれしいことだ。

次節は中3日。GWの連戦も最後を迎える。いい形で締めくくるためにもホームでは負けられない。

P5030147P5030150

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.05.03

第10節 神戸戦プレビュー

明日は、アウェー神戸ウイングスタジアムに乗り込んで、ヴィッセル神戸と対戦する。
前節から中2日。ここ数日の暑さも加わり、選手達の疲労もそろそろ見えてくるのではないか。

神戸はここ1ヶ月は1分6敗。しかも5連敗中である。監督を松永氏から以前清水や東京Vで指揮を執ったレオン氏を監督に迎え、またコーチ陣も総入れ替えし、テコ入れを図った。前節から采配を振るったものの、ガンバに3失点。いまだ持って明るい兆しが見出せない。神戸はそれぞれのポジションにベテラン・若手をうまく配置をしているものの、逆にそれがうまくいっていない要因なのだろうか。

一方のレッズは前節名古屋にホームで快勝。久々の2勝目をあげた。その前の磐田戦の後半から、前線の選手による早目のチェックが功を奏し、常にボールを支配できるようになってきた。エメルソン・田中達也の両FWの得点も大きかった。特に達也は攻撃もそうだが、相手にプレッシャーをかけ続けたのが勝利への要因だと思う。

明日も名古屋戦同様、常に前へ行く姿勢。これを大事にすれば結果は必ずついてくるはずである。名古屋戦の勝利だけでは満足するはずがない。まずは「一戦必勝」。明日きっちり勝ってから「反撃」の狼煙を上げたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.02

初めての大原

今日は仕事はお休みをもらいました。
で、せっかくの平日休みなので初めて大原へレッズの練習を見に行くことにしました。

10年近くレッズを見てきましたが、実は大原へ行くのは初めてだったんです・・・。近くは通ったことはあるんですがね。

練習について誰がどうだったとかどんな動きをしていたというのは、もっと詳しいサイトがあると思うので、そちらを参照してもらうことで・・・。

でもこうやって選手の様子を直に見られるのは、試合とは違って自分にとっていい気分転換になりました。また機会があれば行ってみたいですね。

P6010074P6010076P6010079P6010078P6010085

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.01

【第9節 名古屋戦】

オフィシャルより

■05.05.01 [ Jリーグ第9節vs名古屋グランパスエイト戦 ]
2005年5月1日(日)14:05キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和3-0名古屋
得点者:35分田中、38分・64分エメルソン

「ホームゲーム」

相手はリーグ2位の名古屋、かたや17位と調子が悪いレッズ。しかも対戦成績があまりにも悪すぎる。
はたからみると名古屋有利と見るが、うちらはそんなのは関係なかった。

いざ試合が始まると、FW陣の相手への執拗なチェックが目に付いた。相手にしてみたら、あれだけしつこいとどうしようもない。そしてキーとなった中村&クライトンに対しても中盤の啓太、長谷部そして永井がしっかりマークをして、全くといっていいほど仕事をさせなかった。名古屋のシュートがたった3本。それがこの試合におけるレッズが守備にかけた意識の結果であろう。

守備がいいと当然攻撃へのリズムも変わってくる。前節磐田戦で調子を取り戻してきた2トップ+永井が目まぐるしくポジションを変え、次々と名古屋ゴールへ襲い掛かった。決めるべき人が決めた3ゴール。特にエースの2ゴールは圧巻だった。

まずはホーム初勝利。開幕して2ヶ月、ようやくスタートラインに立った感じか。この試合のサポートは昨年のCS第2戦を思い起こさせるものだった。でも本来ホームではそれが当たり前。名古屋GK楢崎のコメントにもあったように、相手の選手間の声が全く聞こえないぐらい圧倒させるのが「ホームゲーム」だと思っている。そんな雰囲気を作り上げていくのも、まずレッズをサポートする自分達1人1人の行動ありきだと思う。

もう4日には次の相手が待っている。でもまずはこの1勝、素直に喜ぼう。

P5310057P5310061

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月24日 - 2005年4月30日 | トップページ | 2005年5月8日 - 2005年5月14日 »