« 2005年3月6日 - 2005年3月12日 | トップページ | 2005年3月20日 - 2005年3月26日 »

2005.03.19

【ナビスコカップ予選L第1節 神戸戦】

オフィシャルより

■05.03.19 [ ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第1戦vsヴィッセル神戸戦 ]

2005年3月19日(土)13:00キックオフ・神戸ウイングスタジアム
試合終了
ヴィッセル神戸1-2(前半0-2)浦和レッズ
得点者:
37分山田(浦和)、42分エメルソン(浦和)、68分三浦知良(神戸)
観衆数:12,748人

「渇望の末に・・・」

立ち上がりから常にレッズのペース。心配していた内舘、闘莉男、堀之内の3バックも悪くなかった。今期初出場の堀之内はよかったが、それ以上によかったのは内舘だろう。後半何度か危機的な状況があったが、瀬戸際で防いでいたのが内舘の果敢なプレーだったと思う。

攻撃陣も次から次へとゴールへの手を緩めない。エメ・達也ともにだんだん体の動きがよくなってきたと思う。達也は1本ゴールさえ決めれば調子は上がってくるだろう。エメはPKのこぼれとはいえ今季初ゴール。しかしきっちり決めたいのかボールを持っているのが長かったように思えた。

後半カズに決められてからは防戦一方。中盤でボールを奪えなくなり、常に最終ラインが脅かされた。しかし同点ゴールは許すまいと選手たちが必死になって1点差を守りきった。

試合内容からしては決してよくない。けれどもこの試合はなによりも「勝つこと」が大事だった。リーグ開幕戦では鹿島相手に痛い星を落とし、続く川崎戦でも星を落とす間際でようやくドローに持ち込んだ。
「勝つ試合がみたい・・・。」そんな思いの中、選手そしてサポーターみんなが渇望した勝利。土曜日はそういう言葉が似合う試合だったと思う。

次はナビ予選第2節大宮戦。「さいたまダービー」と今週はマスコミがあおるだろうが関係ない。
「目の前の敵を叩く」。ただそれだけの事なのだから・・・。

IMGP0844

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.18

ナビスコ予選L第1節 神戸戦プレビュー

明日からナビスコ予選リーグが始まる。
今年は各グループ予選1位の4チームと、2位のうちの成績上位2チームが決勝トーナメントへ進める。ということは、6試合しかない予選L。勝つのも大事だが得失点差も考えていかないと2位でも決勝Tは難しくなる。

先週の川崎戦では苦しみながらもようやくドローに持ち込んだ。坪井の代表招集やネネの怪我などで、DFラインは内舘、闘莉男、堀之内初めての布陣となる。
守備の不安は隠せないが、ここまできたらどうにも言っていられない。抑えることが勝ち点への最短距離だと思うので、選手同士声を掛け合い連携を深めてほしいところ。
攻撃もエメ、達也を先発で起用することで、使いながら調子を上げていくしかないだろう。しかし今は岡野、横山など充実したサブも控えている。彼らの出場にも期待したい。

相手の神戸も三浦淳を代表招集で欠くが、やはりセットプレーが鍵になるのではないか。
特にホルヴィ→ホージェル、室井、播戸の飛び込む選手のケアに気をつけたい。

明日は今後の流れからいっても是が非でも勝ちたい試合。選手も同じように俺たちも勝利に飢えている。とにかく勝つこと・・・勝たせることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.17

神戸ウイングでの記憶

さあ今日からまたレッズモードで行きましょ!!

あさっては神戸との試合。会場となる神戸ウイングスタジアムでの対戦は1戦1敗。
前回ウイングでの試合は、当時神戸に移籍してた岡野がキレキレだったのが印象深かった。
カズやオゼアスにピンポイントなクロスをどんどんあげていた記憶がある。

あれから2年経ち、岡野はレッズに帰ってきた。川崎戦での同点劇への狼煙を上げるゴールは相手に大きなダメージを与えた。それだけ彼は調子が上がっていて、出れば流れを変えられる選手になりつつある。

土曜日は川崎戦以上に出場するチャンスがあるだろう。そのときは神戸に対してさらに成長した証を見せ付ける「恩返しゴール」もまた悪くないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.16

科学万博つくば85

万博といったら、旬は愛知だろう (゚Д゚)ゴルァ

そりゃそーなんですが、今日はつくばの話。

皆さん覚えていますか?時は1985年、今からちょうど20年前。茨城県の筑波研究学園都市に国際博覧会が開かれました。その頃の様子を描いた本を先日書店で見かけて早速購入しました。その本は「つくば科学万博クロニクル」。

おいらも当時小学5年生に上がる時の春休みに、地元埼玉県のユースホステル協会が主催する小学生対象の旅行で2泊3日で行きました。
見るものすべてに「科学」が取り入れられていて、まさに未来都市そのものでした。とても印象深かったですね。

そういえば行かれた方はご存知かもしれませんが、2001年のお正月に「ポストカプセル郵便」からはがきが届きましたか?おいらもなぜか3通も出してて、手元に届いたときは感動しました。

つくば科学万博からちょうど20年。いよいよ来週から愛知で国際博覧会が開催されます。
あの頃「コスモ星丸」に夢を抱いた少年少女達は今では日本の第一線で働くようになりました。紹介した本にも書いてありましたが、現在のIT産業を支えているのはこの「科学万博世代」だといいます。そういえばその頃ってたしか「マイコン」ブームでしたよね・・・。とても懐かしいです。

☆おいらは愛知万博へは夏頃にグランパス戦があるので、その時に行ければ「モリゾーとキッコロ」に会って来ようと思います(^^;)

IMGP0781

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.15

マジックキングダムクラブ

今日、職場で東京ディズニーリゾートの「マジックキングダムクラブ」のメンバーシップカードが交付されました。
うちの職場が福利厚生の一環で契約しており、このクラブは加盟支部5000、クラブメンバー300万人という組織になるそうです。

そういえばディズニーリゾートってあんまり行かないんですよね・・・。
今まで行ったのは・・・えー・・・5回ぐらいかな。なんせ去年初めてディズニーシーに行ったぐらいですから(笑)。
やっぱりどうしても「混む!!」という印象が強いんだと思うんですよね。

でも、今じゃ「攻略本」なるものも出版されて、効率よくいろんなアトラクションを回れる手段があるらしいですね。やっぱり行くとなるとちゃんとリサーチしないと、時間をもて遊んじゃいますからね。

今は東に「ディズニーリゾート」、西に「ユニバーサルスタジオジャパン」という2大勢力でしたが、今年は「愛知万博」という強力なのが控えてますから少しは人の流れが分散するんでしょうか~。

IMGP0778

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.14

地元の鉄道のパスネット

今日、帰りに最寄の埼玉高速鉄道(以下SR)東川口駅で5,000円の「パスネット」を購入した。いつもだいたいSRの駅でパスネットを買うことが多い。別に東京メトロや他の大手路線でも買えるのになぜわざわざSRでしか買わないのか。

理由として今回買った絵柄が浦和レッズのものだからというのがひとつ。
そしてもうひとつは「地元の鉄道」が発売しているからということでしょうか。

でも確かパスネットを買っても他の鉄道で使えば、収入はその鉄道に入るらしいという事なので、あまり買う意味がないのかもしれません。その辺詳しいことはよくわからないので今度調べてみます。

要は気持ちの問題なのでしょうか。地元の鉄道を支援したいと思っても、何か実用性があるものとなるとオリジナルのパスネットを買うぐらいですから・・・。

ちなみにSRは浦和レッズの他に大宮アルディージャの図柄のパスネットも販売しています。
どうせだったら「バス共通カード」もレッズの図柄とかいかがですか(笑)・・・>国際興業&東武バスさん

IMGP0776

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.13

ホワイトデーにちなんで

土曜日は、試合終了後スタジアムでゆっくりしたあと、仲間と流れ解散。
仲間内で風邪がはやっていて、かつ寒空の試合だったため無理はせずというわけ。

で今日は本来、明日職場でお返しするホワイトデーの買い出しを男性陣でお金を出して、代表しておいらがいくつかピックアップした店に行こうと思っていましたが、なぜか?買い出しは金曜日に大乗り気の先輩のお供で終了・・・。 
_| ̄|○

今日のこの企画自体やめようと思いましたが、せっかくなので行ってきました(笑)。

で最初に行ったのは、東急東横線自由が丘駅からバスに乗っておよそ10分。駒沢公園に面した深沢ハウスの敷地にある「マリアージュ・ドュ・ファリーヌ」です。

ここは自由が丘「モンサンクレール」のシェフ辻口博啓氏が今年1月にオープンさせたお店です。
隣には今月オープンしたばかりのジャム専門店「コンフィチュール・アッシュ」があります。

「マリアージュ・ドュ・ファリーヌ」は主にパンやケーキを中心に扱っており、「モンサンクレール」とは一味違う感じでした。
今回はパン類しか購入しませんでしたが、比較的小さくてやはり女性受けはいいのではないでしょうか。

IMGP0742

IMGP0745




で次に向かったのは、なぜか都心を抜けて(笑)千葉県習志野市の谷津です。
目的の店は京成電鉄谷津駅からあるいて10分。国道14号線から入ってすぐのところにある「ル・パティシエ ヨコヤマ」です。

店名にもなっているパティシエ横山知之氏は、ニューオータニ幕張に在籍の頃、テレビ東京「TVチャンピオン」でケーキ職人選手権三連覇という偉業を達成。その後、4年前に現在の場所にオープンしたそうです。

この日も訪れたのが14:30頃でしたが行列行列でした・・・。
さすがに自宅までは遠いのでケーキはやめて「谷津ロール」を購入し自宅で食べましたが、スポンジとクリームの感じが絶妙で甘すぎもなく、とてもおいしかったです。

でもどちらもお店も明日はホワイトデーのせいか、お返しを選ぶ人が多かったですね。

IMGP0750

IMGP0765


| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年3月6日 - 2005年3月12日 | トップページ | 2005年3月20日 - 2005年3月26日 »