« 強者どもが夢の後 | トップページ | 浦和から“肉祭り”へ »

2005.12.16

仰木彬氏死去

イチロー、野茂育てた名将 仰木氏死去(スポーツニッポン)

名将、死す。今シーズン、統合球団オリックス・バファローズの監督を務め、球団のシニア・アドバイザーに就任していた仰木彬(おおぎ・あきら)氏=元本紙評論家=が15日午後4時10分、福岡市内の病院で呼吸不全のため死去した。70歳だった。がんを克服し、球界史上最年長監督として復帰した仰木氏だが、勇退後再び体調が悪化。清原、中村紀らがオリックスのユニホームを着る日を待たずに野球一筋の生涯を閉じた。葬儀日程は未定だが、家族・親族の意向で密葬で執り行われる。


昨日の忘年会の帰りに知った突然の訃報で、ほろ酔い気分が一気に吹っ飛んでしまいました。

仰木さんといえば、自分としては近鉄の監督時代、特に88年~89年の頃が一番印象に残っていました。

その頃自分は敵であった西武のファン。前まで弱かった近鉄を一気に優勝を争うチームに鍛え上げてきたのをみて、中学生ながら脅威に感じていました。

88年は伝説の10.19ダブルヘッダー。そして89年はダブルヘッダーでのブライアントのHR4連発。いずれもその時の記憶が鮮明に残っています。

いずれも主役は選手達でも、それを引き立てたのは仰木さんだったと思います。

今シーズンのオリックスでの采配も、今を思うと相当の覚悟でシーズンに臨んだのでしょう。

何よりも心から御冥福をお祈りいたします。そしてお疲れさまでした。

|

« 強者どもが夢の後 | トップページ | 浦和から“肉祭り”へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/7655423

この記事へのトラックバック一覧です: 仰木彬氏死去:

« 強者どもが夢の後 | トップページ | 浦和から“肉祭り”へ »