« 【第27節 柏戦】 | トップページ | 千葉ロッテ頂点に立つ!! »

2005.10.16

達也のその後

オフィシャルより

■05.10.16 [ 田中達也選手の診断結果について ]
昨日のJリーグ第27節vs柏レイソル戦(駒場スタジアム)の後半に負傷いたしました田中達也選手の診断結果が判明致しましたので、下記の通りお知らせ致します。
1.診断名:右足関節脱臼骨折
2.全治:約5~6ヶ月
3.その他:患部の腫れ具合をみて今週中にも手術を行なう予定です。

こればかりはあとは“仁賀チームドクター”や“野崎トレーナー”にお願いするしかありません。あとは達也自身の頑張りです。でもこれは決して急ぐという意味ではなく、じっくりあせらず自分の体と相談しながら、治療・リハビリに専念してほしいです。

そんな中、再びオフィシャルより・・・

■05.10.16 [ 田中達也からのメッセージ ]
浦和レッズ、そして田中達也を応援してくださるファン・サポーターの皆様へ

「昨日、柏レイソルとの試合中に土屋選手との接触で怪我をしてしまい皆様にご心配をおかけしています。怪我をした直後はショックと痛みで冷静さを欠いていましたが、時間が経つにつれ平常心を取り戻しつつあります。これからは気持ちを切り替えて一日でも早くピッチへ戻れるようリハビリに務めていきたいと思っています。しばらくの間、皆様の前でプレー出来なくなってしまいましたが、今シーズンは、まだ終わった訳ではないですし、今まで通り熱い声援をよろしくお願い致します。そして、柏レイソルと土屋選手への誹謗中傷はおやめくださいますよう合わせてお願い致します。我々、プロサッカー選手は常に全力でプレーし、皆様に最高のプレーをお見せすることに務めています。その上でのアクシデントは付き物だと私も十分理解しています。土屋選手にも昨夜、怪我については気にしないようにと伝えていますので、どうぞご理解下さい。それが、今一番の気がかりとなっています。最後に、必ずピッチに戻りますので、また、応援よろしくお願い致します」

浦和レッズ 田中 達也


というメッセージがありました。

達也に“プロ根性”というのを感じました・・・。ただただ頭が下がる思いです。とにかく今はひたすらピッチに彼が帰ってくるのを待ち続けたいですね。

|

« 【第27節 柏戦】 | トップページ | 千葉ロッテ頂点に立つ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/6432741

この記事へのトラックバック一覧です: 達也のその後:

» 田中達也の怪我 [FC.VIRIDIS BLOG]
 15日のレイソル戦において、レイソルDFの土屋征夫の後方からのスライディングを受けた田中達也が全治5〜6ヶ月と診断されました。これでW杯も絶望的ではないのかと一部では報道されていますね。中継の時や新聞記事などを見たときにも思ったのですが、明らかにおかしい方向に足が向いてたんですよね。足が180度回転してる感じです。診断結果としては、「右足関節脱臼骨折」という名前らしいです。レッズのオフィシャルサイトに掲載されていた「緋骨骨折」とは同じなのかはわかりませんが・・・。かつてここまで騒がれた怪我の事件っ... [続きを読む]

受信: 2005.10.17 17:21

« 【第27節 柏戦】 | トップページ | 千葉ロッテ頂点に立つ!! »