« イランに勝つこと | トップページ | 埼スタ前日朝7時 »

2005.08.18

ネタの尽きた日

みなさんこんばんは。とろさーもんです。いかがお過ごしですか?

えっ!?いつもと違うって?

いつもと違うことをするのはネタがないという証拠(笑)。明日になれば試合前日でプレビューが書けるので、今日のわずか1日がネタ探しに詰まるところです。

まあ困ったときは野球ネタ!?ということで、こちらの話題から。

楽天、今季は「収支トントン」(読売新聞)

今季からプロ野球に参入した東北楽天ゴールデンイーグルスの三木谷浩史オーナー(楽天会長兼社長)が18日、都内のホテルで行われた球団の経営諮問委員会の後に会見し、初年度の球団運営について、「当初は15億円の赤字を見込んでいたが、おおむね収支トントンでいけそうだ」と順調に進んでいることを明らかにした。

 理由は、<1>4―6月期に約33億円を計上するなど売り上げが好調だった<2>成績によって年俸が増える出来高払いのベテラン選手に成績不振者が多く、人件費が少なくて済みそう―の2点が挙げられるという。

 楽天の2005年度第2四半期決算報告によると、グッズなどの売り上げは5月に約3億3700万円を記録するなど好調に推移し、観客動員も、実質収容人員最大1万9000人のフルスタ宮城で土日は1万人を超えるなど健闘している。一方で、一軍で活躍していないベテランが多く、チームは18日現在、32勝77敗1分と、パ・リーグの最下位を独走しているのが実情だ。

 三木谷オーナーは、この“浮いた”資金などを元手に、来季に向けて10億円以上の補強費を用意、外国人選手やフリーエージェント(FA)選手の積極的な獲得のほか、駐米スカウトの新設などを図り、Aクラス入りを目指す。


三木谷さんの“トントン”という幅は、我々庶民にしてみたらきっとはるかなる額なんでしょうなぁ・・・。

今や野球(楽天)もサッカー(神戸)もダブル最下位で落ち込んでいる中、三木谷社長の恋敵であるあの方は政界に殴り込みをかけるようです。

でもこっちもこっちでどうなんでしょう。野球のお偉方に振られてからは、サッカーにもということでサガンやベガルタに顔を突っ込んでたようですが、所詮話題振りまいただけだったようで・・・。何だか目立ちたがり屋と言われてもしょうがないような気がしますね。

|

« イランに勝つこと | トップページ | 埼スタ前日朝7時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/5534246

この記事へのトラックバック一覧です: ネタの尽きた日:

» 駒大苫小牧が決勝進出!!そして楽天は来期方針を決めた! [乾物屋 塩釜仲卸市場 東商店]
高校野球も残す所と一日、いや~駒大苫小牧勝っちゃいましたね~。2年連続の全国制 [続きを読む]

受信: 2005.08.19 17:59

« イランに勝つこと | トップページ | 埼スタ前日朝7時 »