« エメル丼 | トップページ | 【第14節 東京V戦】 »

2005.07.05

第14節 東京V戦プレビュー

明日はアウェーとはいえ国立競技場に乗り込んで東京ヴェルディ1969と対戦する。

ヴェルディは前節ガンバ大阪に7失点の大敗を喫した。後半、1点ビハインドという状況で攻撃的にシステムを変更してから、ガンバにやすやすと裏を取られてしまったらしい。しかしヴェルディにはエースワシントンが控えており、彼の卓越した動きを決して見逃してはならない。

レッズは前節新潟に先制されたものの、後半山田・田中と立て続けに得点を挙げ、今シーズン初の逆転勝ちをおさめた。布陣は前節と変わらないであろう。当初はDF陣にやや不安があったものの、新潟戦ではカウンターでの失点以外は危なげないものだったと思う。攻撃陣も苦戦はしたものの、パスに緩急をつけてボールを動かすことで、相手を前へ引き出してシュートコースを作った。つまり自分達で考え、攻撃を組み立てる事がとても大事になる。

前節から中2日。選手の疲労が気になるところだが、移動距離の少ない国立開催は救いである。明日は久々のウィークデーでしかも国立での試合。普段のスタジアムの雰囲気と若干違うかもしれないが、勝ちたいキモチはみな同じ。まずは明日、キモチ入れ直して闘おう。

|

« エメル丼 | トップページ | 【第14節 東京V戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/4840196

この記事へのトラックバック一覧です: 第14節 東京V戦プレビュー:

« エメル丼 | トップページ | 【第14節 東京V戦】 »