« エメルソン移籍決定【追記あり】 | トップページ | 【第16節 柏戦】 »

2005.07.12

第16節 柏戦プレビュー

いよいよ折り返し点がみえてきた第16節。先週に引き続き「アウェー」国立競技場に乗り込んで柏レイソルと対戦する。

レイソルは現在17位。去年同様苦しい戦いが続いている。特に顕著なのは「得点力不足」。代表FW玉田を要するも彼を生かす選手がおらず、後方から押し上げが少ないように思える。

しかし前節G大阪戦では、2点ビハインドから同点に追いつき、あわやという展開だった。これは2点失っている事から、リスクを捨てて攻撃的にいったのが功を奏した結果である。しかしこれもあくまで追いつくためのサッカー。ここまでレイソルはリーグ戦12得点。代表FWがいてもそれを生かせず結果が出ないのは、監督にとって何とも苦渋であろう。

一方レッズは前節大宮に破れ連勝が止まった。敗因は明らかでモチベーションの差が大きかった。大勝したヴェルディ戦のようにとまでは言わないが、中盤からしっかり押し上げて常に相手より一歩先をゆくサッカーを見せてほしい。決して相手を舐めていないとは思うが、成績が下のチームが相手だからこそ、じっくりと慌てない磐石なサッカーに期待したい。

昨日・今日のエメルソン移籍騒動でやや周りが騒がしいが、クラブから森GMを通じてきっちりと説明があったので、選手もサポーターもこれで明日の試合に集中して臨めるだろう。一度遠くなった鹿のシッポを再び捕らえるためには連敗だけはできない。

国立の試合はゲンがいいが、ひとまずここは大量点は望まない。まずは「勝ち点3」を奪いにいこう。

|

« エメルソン移籍決定【追記あり】 | トップページ | 【第16節 柏戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/4940673

この記事へのトラックバック一覧です: 第16節 柏戦プレビュー:

« エメルソン移籍決定【追記あり】 | トップページ | 【第16節 柏戦】 »